精神科常勤医師転職求人

現在、精神科医は注目度が上がっており、総合病院、精神科病院、クリニックなどさまざま施設からの求人ニーズがあります。以前に比べ指定医の需要が増えており、資格があると条件面でも優遇されます。またクリニックでは専門分野に特化しているところもありますので、主な診療内容を確認することが大切です。代表的な疾患は、総合失調症、うつ病、認知症です。その他では、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などの症状で悩まされる患者も対象。心の病気を扱う診療科であることから、患者としっかりと向き合うことのできる対話力が必要不可欠な職場です。時に、興奮状態となった患者への対応なども求められるケースもあるため、男性医師の重要が高いと言われています。

精神科の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

実録・私のキャリアチェンジ

すべてのキャリア事例を見る

精神科の年収事情

  • 精神科の年代毎の年収は、年代が上がるごとに年収も上がる調査結果になっています。30代では「600万円未満」「600万円~1,000万円未満」が共に11%あるのに対し、40代50代では「600万円未満」はゼロ。反対に「2,000万円以上」が40代で8%、50代で25%の割合を占めており、一つ下の「1,400万円~2,000万円未満」の割合も40代・50代共に50%以上を占めています。 精神科医の年収を地域別で見ると、関東・中国・四国で1,000万未満の精神科医が4割以上いるのに対して、それ以外の地域では1割未満。つまり、9割以上の精神科医が1,000万以上を達成しているということになります。また、関東以外の地域では1,400万円以上の精神科医が6割以上いますが、関東では3割に留まっており、関東の精神科医の年収がかなり低い傾向にあるようです。関東に行けば年収が上がると考えがちですが、精神科医の場合は関東ではなく地方の病院を探した方が良いでしょう。関東の病院で勤務している精神科医の方なら、関東に拘らずに病院を探すことで大幅な年収アップが期待できるかもしれません。

    もっと見る

精神科の転職動向

  • ■精神科の転職動向

    厚生労働省『必要医師数実態調査』(平成22年)によると、精神科の現員医師数は10843.6人で、正規雇用、短時間正規雇用、アルバイト(非常勤)のいずれも多くなっています。首都圏、地方を問わずニーズは全国的に高く、精神科病院、メンタルクリニックなどからの求人募集が増えています。しかし、首都圏のメンタルクリニックで指定医の有無を問わないケースでは、募集が出てもすぐに充足する傾向にあります。

    ■有資格であれば、高収入の可能性も

    精神保健指定医の資格を持っている場合、医療施設によっては「当直無し、週4日勤務」などの働き方での厚遇や、収入面での好条件の求人もあります。総合病院や精神病院では、内科領域への対応も広く求める傾向があり、内科や措置入院、当直、病棟管理などへの対応が希望に合うか、すり合わせが必要です。専門クリニックでは、主な診療内容を確認し、集患の傾向と自身の専門が合うかどうかも知っておきたいところです。

    ■指定医・専門医の取得可能施設はここをチェック

    精神科は他科からの転科も多い診療科です。以前は指定医であるかどうかは、あまり問われませんでしたが、昨今は指定医の需要が増え、条件面でも有利に働きます。資格を未取得であれば、転職後に指定医を取得できる医療機関を選択する方法もあります。指定医(措置入院判断ができる厚労省の資格)と専門医は、それぞれの取得に必要な研修施設の条件も異なります。希望する資格に対し、サポート体制が用意されているかどうかも確認しましょう。

"

精神科と関連した科目から探す