人工透析常勤医師転職求人

人工透析は比較的施設経営が安定しやすく、設備や待遇の整った施設も多いようです。慢性維持透析患者は年々増加しており、専門医取得を目指す医師や腎臓内科や泌尿器科、循環器内科を専門にしてきた医師を求める施設は多数あります。病院から透析専門クリニックまで幅広い病院・医療機関からのニーズがあり、アルバイト(非常勤)でも働きやすい分野です。リクルートドクターズキャリアに寄せられた転職(常勤)の募集情報の平均給与は、全国的に平均化されていますが、比較的高い水準を示しているのが北関東となっています。

人工透析の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

人工透析の年収事情

  • リクルートドクターズキャリアに寄せられた転職(常勤)の募集情報によると、人工透析の求人では、「1,200万円~1,400万円未満」がもっとも多く29.3%となっています。2番目に多いのは「1400万円~1600万円未満」(26.5%)、続いて「1,000万円~1,200万円未満」(17.9%)となっています。「1,800万円以上」の高給与求人は9.1%あり、関東(2,000万円 ~ 2,300万円)、東海(2,000万円 ~ 2,400万円)、北海道・東北(2,000万円 ~ 2,300万円)、甲信越・北陸(2,000万円 ~ 2,800万円)など各地域で高給与求人があります。地域別では、関西の水準が高く「1,400万円以上」の求人の割合が53.2%となっており、関東(同51.9%)、東海(同44.7%)も高い水準を示しています。

人工透析の転職動向

  • ■人工透析の転職動向

    人工透析患者は増加傾向で、透析管理ができる医師のニーズも高まっています。特に、シャント手術や血管疾患に対応できる医師の評価は高くなります。総合病院から診療所まで幅広く募集があり、特に人工透析専門クリニックは、首都圏、地方を問わずに常に募集のある状態です。病院・医療機関では常勤医師を求める傾向がありますが、診療所ではアルバイト(非常勤)での募集も多いです。ただし、こちらは日勤、夜勤ともに人気が高く、すぐに充足する傾向があります。認定医を取得していると有利ですが、何よりも経験が求められる分野なので、資格がなくても問題がない場合もあります。

    ■透析管理医師の需要は多く、厚待遇の求人も

    慢性透析患者は年々増加し、30万人を超えています。透析を管理する「管理医師」の需要も高まっていて、腎臓内科や泌尿器科、循環器内科の専門医や透析管理医師の求人は、他の診療科と比べて多くなっています。なかでも自己静脈や人工血管による内シャント造設術、カテーテル治療などの手技を持つ医師は、給与面など厚待遇であるケースも少なくありません。また、血液透析に比べ認知度が低く管理できる医師や病院も限られていますが、腹膜透析のスキルがあれば、一つのアピールポイントになるでしょう。

    ■勤務時間・休日が一定で働きやすい

    施設としては、病院内で実施される「病棟透析」や、人工透析専門のいわゆる「透析クリニック」があります。透析クリニックは定期通院患者が多いので、急患や入院患者がいないことから勤務時間・休診日が一定してところが大半です。その結果、残業や当直・オンコールに対応できない医師でも働きやすい職場が多くあるのが特徴です。

人工透析と関連した科目から探す