皮膚科常勤医師転職求人

皮膚科は大きく分けると、病院と美容皮膚科の2つがあります。一般皮膚科は、アトピー性皮膚炎など皮膚疾患の外来診療を中心に担当しますが、病院では他科入院患者の褥瘡管理のための回診を担当する場合もあります。一方、美容皮膚科はクリニックによって、各種レーザー、ケミカルピーリングなど、求められるスキルも異なってきます。自由診療を行っているケースも多いため、カウンセリング能力も求められます。

皮膚科の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

皮膚科の年収事情

  • リクルートドクターズキャリアに寄せられた転職(常勤)の募集情報によると、皮膚科では、「1,200万円~1,400万円未満」(33.3%)の求人がもっとも多く、「1,000万円~1,200万円未満」(25.2%)、「1,400万円~1,600万円未満」(21.1%)と続きます。「1,800万円以上」の高給与求人は8.1%あり、関東には「2,000万円~2,600万円」「2,000万円~3,000万円」の求人も見られます。地域別では、関西の水準が高く、「1,400万円以上」の求人の割合が50.0%となっており、東海(同44.4%)、北海道・東北(42.1%)も高い水準を示しています。

    もっと見る

皮膚科の転職動向

  • ■皮膚科の転職動向

    人気の高い診療科です。求人募集は多くはありませんが、リクルートトクターズキャリアには都市部、地方それぞれに求人が寄せられています。皮膚科の求人傾向は大きく分けると、一般病院と美容皮膚科の2つです。一般病院での診療内容は、アトピー性皮膚炎をはじめとした皮膚疾患の治療が主体です。美容皮膚科の求人は、診療所が多く、ケミカルピーリング、各種レーザーの使用、小手術などの技術とカウンセリング能力が求められます。

    ■求人枠への応募は活発

    専門クリニックの場合、緊急性の高い案件が少なく、外来中心で診療できるため、近年は若手医師や女性医師にも人気が高く、求人枠が埋まるのも早い傾向です。総合病院の皮膚科の定員枠は1~2名程度が多く、求人自体があまり多くはありません。また、専門医の取得のために1年以上の研修が定められている主研修施設は、そのほとんどが大学病院のため、専門医取得を目指しての転職には向かない診療科目と言えます。総合病院、専門クリニックいずれの場合も、皮膚科領域の手術、レーザー治療、重症熱傷、特殊な皮膚科治療などの症例数があれば、差別化のポイントになります。

    ■スキルに応じた高額報酬も望める

    美容皮膚科も人気の求人になってきていますが、美容皮膚科独特の技術が必要とされます。自由診療の割合が多いだけに、医師のスキルだけでなくコミュニケーション力や顧客サービスの意識も求められ、能力次第で報酬や勤務条件も厚遇されます。多くのクリニックが、経験豊富な即戦力を求めていますが、転科希望の医師に対する研修制度をもつクリニックも中にはみられます。

皮膚科と関連した科目から探す