放射線科常勤医師転職求人

放射線科を標榜している施設は、まだ多くはありませんが、放射線治療は今後ニーズが高まっていくと見られています。放射線科の仕事は、単純X線写真から最先端画像までの画像診断と画像誘導下で行う局所治療、及び放射線を使った侵襲性の少ないがんの治療です。現段階では、読影や画像診断が主で、CT、MRI、PETなどの読影、画像診断の技術が求められます。最近では、「放射線」に対して過剰に反応する患者も増えており、安全性について、詳細な説明を十分に行うことが必要です。また、看護師や医師とも連携も非常に重要になってくるので、職場の人間関係に重きを置く病院が多いのも特徴の一つでしょう。

放射線科の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

実録・私のキャリアチェンジ

すべてのキャリア事例を見る

放射線科の年収事情

  • 放射線科の年代毎の年収は、早い段階から高い傾向をみせており、30代では「600万円未満」が25%の割合であるものの、残りの75%が1,000万円以上の年収となっています。続いて、40代では92%、50代でも80%以上が1,000万円を超える年収となっているため、経験に応じてある程度の年収が得られることがうかがえます。 地域別の年収では、関東、関西、中国・四国で全体の7割近い医師が「1,400万円~2,000万円未満」の年収を得ている一方、「2,000万円以上」の高額な年収の医師は存在しません。 しかし、北海道・東北では、「2,000万円以上」の年収を得ている医師が7割近くも存在し、残り3割も「1,400万円以上」となっており、放射線科医の年収が他の地域と比べて飛び抜けて高いことが分かります。 また、「600万円未満」の年収、は関東のみとなっており、関東の放射線科医の最低年収が他の地域に比べて低い傾向にあるといえるでしょう。さらに、北海道・東北、中国・四国、九州・沖縄という都心部以外の地域では、年収1,000万円未満の医師が存在しないことから、放射線科医の平均年収が高いことが分かります。

    もっと見る

放射線科の転職動向

  • ■放射線科の転職動向

    放射線科の医師に求められるスキルは、1)放射線治療、2)読影、画像診断の2つです。現在寄せられている放射線科の求人の多くは読影、画像診断です。求人募集の多い施設は一般病院と健診施設ですが、いずれでもCT、MRI、PETなどの読影、画像診断の技術が求められます。特に、画像診断医の需要が中規模以上の急性期病院でニーズが高くなっています。「画像診断管理加算」ができることも背景にはあるようです。 厚生労働省『必要医師数実態調査』(平成22年)によると、放射線科の現員医師数は5101.9人。求人の多くは読影、画像診断などを行う健診施設なので、報酬は他の診療科に比べると全科の平均収入を下回る傾向があります。リクルートドクターズキャリアに寄せられた転職(常勤)の募集情報の平均給与は、千葉県、京都府などが高い水準となっています。

    ■保有する機器で求められるスキルは異なる

    求められるスキルは、病院の規模や保有機器によっても異なりますが、遠隔診断の進歩と普及によって、時間に融通を利かせた働き方や院外での読影も可能になってきたため、育児中の女医に向けた時短プログラムを整備している医療機関もあります。総合病院では、画像診断結果を踏まえ関連各科とのカンファレンスが行われ、連携が図られるため、専門性と同時に、コミュニケーション力も求められます。

    ■放射線治療の最先端技術を磨く

    急性期病院や地域拠点病院では、放射線治療とそのスキルをもつ医師への需要は高まっています。専門医をもち、精度管理や高精度放射線治療装置(リニアック)や小線源治療装置などによる症例をもつ医師は歓迎されるでしょう。また、症例や経験値を積むための求職であれば、IMRTなど保有機器や採用している照射技術を確認しておきましょう。

放射線科と関連した科目から探す