小児科・新生児科・小児外科常勤医師転職求人

少子化に伴い施設数は減少していますが、常時、不足感のある診療科で、ニーズも必要性も高い科目です。三次救急まで対応する急性期病院や地域拠点病院などと、外来のみのクリニック型施設の二極化が進行している科目です。患者は新生児から思春期までですが、15歳未満であることから、保護者のケアも必要です。治療法なども患者自身で決められないことも多く、意思疎通を図れない難しさがあります。さらに、小児科の場合、「小児」というカテゴリーで、あらゆる症状に対応しなければならないので、豊富な知識と経験が必要です。緊急入院も珍しくないので仕事はハードですが、小さな子供が少しずつ回復し笑顔になっていく様子を間近で見られるのはやりがいです。

小児科・新生児科・小児外科の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

小児科・新生児科・小児外科の年収事情

  • リクルートドクターズキャリアに寄せられている転職(常勤)の募集情報の平均給与は、「1,100万円台~1,400万円台」とばらつきがありますが、北海道・東北地方が高い水準を示しています。「1,000万円以上」の高い水準の平均年収であるのは、北海道・東北、関西、中国・四国です。なかでも、北海道・東北は「2,000万円以上」の医師が33%おり、特に高い平均年収となっています。一方、中部、九州・沖縄の平均年収は600万円未満から2,000万円以上にかけて広がっており、ばらつきがみられます。小児科医に関しては、依然として医師不足が解消されていない状態です。したがって、小児科医が特に不足している地方では、平均年収が高くなる傾向があると考えられます。

    もっと見る

小児科・新生児科・小児外科の転職動向

  • ■小児科の転職動向

    いまだ小児科医不足は続いており、リクルートドクターズキャリアにも全国から求人募集が寄せられています。特に多いのは救急対応している国公立・民間の総合病院で、ハイリスク分娩を行う病院・医療機関からの求人もあり、その際は高いスキルが求められます。1~2名体制で外来と入院を対応しているケースも多く、負担の多い診療科であるのは事実です。しかし、新規立ち上げや再開の場合は医師の勤務条件を考慮している場合もあります。小児科は、もともと女性医師の比率が比較的高く、出産・育児などで離職するケースも少なくありませんでした。このため、外来中心で小児科を開設したり、女性医師のワークシェアを推し進めたりするなど、復職や継続が可能なよう環境を整備する医療機関も増えています。

    ■アレルギー疾患への診療経験を歓迎

    食物アレルギーの多様化やアトピー性皮膚炎、喘息などの慢性的な病気を持つ小児患者が増えているため、これらアレルギー性疾患について、豊富な診療経験をもつ医師は施設の規模にかかわらず歓迎される傾向にあります。

    ■施設は二極化が進んでいる

    少子化に伴って、小児科を掲げる医療施設も集積化され、急性期病院や地域拠点病院などと、クリニックなど外来のみの医療機関との2極化が進んでいます。これにより、新生児集中治療室 (NICUやGCU )を備えた病院や、救急診療も行っている病院には、難治性の疾患も含めさまざまな症例が集まる傾向にあり、高度なスキルが求められると同時にスキルアップを希望する医師にはやりがい、学びがいのある場になっています。

小児科・新生児科・小児外科と関連した科目から探す