美容外科・美容皮膚科常勤医師転職求人

医師の腕がクリニックの成績に直結し、待遇や収入にダイレクトに反映されます。スキルとコミュニケーション力で患者の求めるクオリティを提供できれば、短期間で一般的な病院勤務医よりも格段に高い収入を得ることも可能で、将来の開業資金作りを目指す医師もいます。厚生労働省が実施している『必要医師数実態調査』(平成22年)によると、常勤の現員医師数は59人で、必要医師数は5人(もっとも多いのは一般内科の3491人)となっています。常勤の求人倍率は1.1倍で狭き門となっています。

美容外科・美容皮膚科の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

美容外科・美容皮膚科の年収事情

  • リクルートドクターズキャリアに寄せられた転職(常勤)の募集情報によると、美容外科・美容皮膚科では1800万円以上の求人が26.4%あり高い求人年収になっています。一番のボリュームゾーンは、「1,400万円~1,600万円未満」(27.5%)で、2番目が「1,200万円~1,400万円未満」(25.29%)です。「1,600万円以上」が全体の6.9.%となっており、「2,000万円」の求人も9.2%となっています。地域別では、関東がもっとも求人が多く、「1,600万円以上」の求人も31.1%。2番目は関西で同66.7%。甲信越・北陸、中四国の求人はすべてが「1,600万円以上」となっていますが、求人数は少なめです。他に、九州も高く「1,600万円以上」が42.9%となっています。北海道は同28.6%で「2,000万円 ~ 5,000万円」の求人実績があります。

美容外科・美容皮膚科の転職動向

  • ■美容外科・美容皮膚科の採用ニーズ・転職動向

    リクルートドクターズキャリアに寄せられる求人募集は、都市部の美容専門クリニックに集中しています。自由診療の割合が多く、それぞれの医師の手腕が勤務条件や報酬にダイレクトに反映される分野です。一方で景気に左右されやすい分野でもあるため、現状では求人は減少傾向となっています。 以前は未経験者や転科希望者の求人もありましたが、最近はもっているスキルや経験だけではなく、コミュニケーション能力も求められる傾向が強まっています。転職が有利となるのは、美容外科の経験のある医師のほか、形成外科、皮膚科、一般外科の出身医師などです。 美容外科・皮膚科の求人募集は減少しており、厚生労働省『必要医師数実態調査』によると、現員医師数は59.3人で、求人数は2人です。自由診療の多い分野なので、報酬は個人の医師の力量によって大きく変わる診療科でもあります。リクルートドクターズキャリアに寄せられた転職(常勤)の募集情報によると美容外科の平均給与は近畿地方が高い水準を示しています。
    参考サイト 日本皮膚科学会 http://www.dermatol.or.jp/ 日本形成外科学会 http://www.jsprs.or.jp/ 日本レーザー医学会 http://www.jslsm.com/

美容外科・美容皮膚科と関連した科目から探す