整形外科常勤医師転職求人

整形外科の仕事は、骨、軟骨、筋、靭帯、神経などの運動期間を構成する組織の疾病、外傷の治療です。また、その病態の解明と治療法の開発及び診療なども専門領域となります。対象は、脊髄、脊椎、骨盤、上肢、下肢など広範囲に及びます。新生児、小児、学童から成人、高齢者までの幅広い年齢層が対象となり、治療内容も多岐にわたり、患者数も非常に多いことが特徴です。高齢化社会を背景に、整形外科の患者は増え続けています。整形外科は、専門領域も多岐にわたり、手術のあり・なしで大きく業務が異なります。脊椎脊髄や関節の外科手術では、多くの症例の経験が必要となるするなど、高い専門性を有する医師のニーズが高くなっています。

整形外科の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

実録・私のキャリアチェンジ

すべてのキャリア事例を見る

整形外科の年収事情

  • 整形外科の年代毎の年収は、30代では50%が1,000万円未満の結果となっています。40代、50代となるにつれ、「1,400万円~2,000万円未満」が47%、65%、「2,000万円以上」が20%前後と高まりますが、30代では10%程度と、若い整形外科医の年収はそこまで高くないことがうかがえます。 地域別に見ると、北海道・東北と中国・四国で8割以上の整形外科医が1,400万円を超えています。関東や中部では600万円から2,000万円以上まで広がっている一方で、関西や九州・沖縄では1,400万円から2,000万円に集中しています。年収アップを考えるなら、医師不足が深刻な北海道・東北か中国・四国を狙っていくか、人口密集地である関東や中部を狙うと良いでしょう。

    もっと見る

整形外科の転職動向

  • ■整形外科の転職動向

    整形外科は、一般外傷やリハビリテーションのクリニックから、脊椎専門の病院や大規模な総合病院まで、医療施設の形態も、求人の条件もさまざまです。求人が多いのは、専門性(脊椎・肩関節・股関節・肘関節・手・関節リウマチ・膝関節・骨軟部腫瘍など)のある分野で、症例や手術件数を積んだ医師です。求職の際には、自身の専門分野が活かせる症例が集まる医療圏か、在籍医師とのジャンルの棲み分けができるかという視点も必要でしょう。

    ■地域医療を担う整形外科医として

    整形全般を診られる医師を求める地域の総合病院や救急病院、診療所もあります。オペのない施設も少なくありません。薬物療法、理学療法、運動療法、ブロック注射等の保存療法など、ジェネラルな対応力が求められると同時に、スポーツ傷害やリウマチなどの専門を持っている医師は歓迎される傾向にあります。

    ■指導医や脊椎脊髄専門医の求人も

    厚生労働省『必要医師数実態調査』(平成22年)によると整形外科の現員医師数は1万2373.8人で、外科系医師で最も多い診療科になります。求人数も1598.9人と多く、リクルートドクターズキャリアにも全国から求人募集が寄せられています。診療内容は多岐に渡りますが、手術を行うスキルのある医師のニーズは全国的に高い状況です。 一方、都市部の病院や診療所では、おもに高齢者の慢性疾患を対象とした求人が多くなります。指導医や脊椎脊髄専門医の求人もあり、その場合は年収にも期待ができます。

整形外科と関連した科目から探す