泌尿器科常勤医師転職求人

泌尿器科では、尿路性器癌、前立腺疾患、尿路結石、水腎症、神経性膀胱、尿失禁、夜尿症など幅広い分野において専門的な治療を行います。尿をすると痛い、出にくい、回数が多い、漏れるなど、症状は多彩。また、性病や性器に関する疾患を扱うことから男性の患者が非常に多いのも特徴の一つです。手術の前には陰毛の剃毛を行うなど、デリケートな作業も多いことから、医師、看護師ともに男性の需要が高い診療科です。総合病院、専門病院、透析クリニックなど幅広い医療機関が、透析管理を行える医師を求めています。シャント手術の技術があればより歓迎されるようです。女性の尿もれ、骨盤臓器脱など高齢化による女性患者の増加で、今後は女性のニーズも高まると見られています。

泌尿器科の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

実録・私のキャリアチェンジ

すべてのキャリア事例を見る

泌尿器科の年収事情

  • 泌尿器科の年代毎の年収をみると、年代を上がるごとに高くなる傾向にあります。30代では「600万円~1,000万円未満」が33%、「1,000万円~1,400万円未満」が44%であるのに対し、50代では「1,400万円~2,000万円」が78%とかなり高い割合を持つ結果となっています。 関東や関西では勤務医の年収が段階的に変化しているのに対し、北海道・東北では年収が1,400万円以上あります。中国・四国で年収2,000万円以上と1,000万円~1,400万円がそれぞれ50%と二極化していますが、関東や関西に比べれば決して低くない年収です。地方の高い年収は、老齢化による透析や前立腺疾患など泌尿器科の必要性が大きくなったためだと考えられます。地方は都市部よりも医師不足が著しいことも理由でしょう。九州・沖縄でも、大学病院の勤務医師の年収が低いことを除けば、年収が高くなる傾向にあります。地方への転職は年収を上げる手段になるといえます。

    もっと見る

泌尿器科の転職動向

  • ■泌尿器科の転職動向

    泌尿器科は、総合病院から診療所まで幅広い施設からの求人募集があります。ただし、その多くは透析管理を行えるスキルも求めたもので、シャント手術の技術もあれば給与も高水準を期待できます。しかし、純粋に泌尿器科の診療を行っているところはわずかです。 泌尿器科を標榜する病院・医療機関は、がん治療や化学療法を行う拠点病院、大学病院などで立地的には限られているので、希望の勤務条件と合わない場合もあります。ただし、透析管理も行うという条件の下、医療機関との話し合いによって泌尿器科診療を新たに開設されたケースもあるようです。

    ■手術中心の求職では症例や実績が問われる

    透析を管理する「管理医師」の需要は高く、泌尿器科の専門医や内シャント造設術、カテーテル治療などの手技を持つ医師は、厚遇されるケースも少なくありません。求職に際しては、血液透析・腹膜透析への対応スキルや当直の可否なども明確にしておきたいところです。 手術まで行う泌尿器科は大学病院や総合病院、専門クリニックなど施設数が限られています。しかし、泌尿器科はひとり医長で科を運営することも可能なので、医師の補充や科の新設などによる求人もあります。尿路結石症の経験症例や腹腔鏡手術、前立腺肥大の内視鏡治療などの専門や実績をもつ医師が歓迎されています。

    ■女性泌尿器科医も求められる

    男性の前立腺がんに加え、女性の尿もれや骨盤臓器脱などの患者は増えています。性差で罹患率の異なる泌尿器系疾患もあり、女性泌尿器科を設けている医療施設もあり、この傾向はさらに継続すると思われます。この領域の医療の担い手として、今後は女性の泌尿器科医のニーズも、さらに高まると見られています。

泌尿器科と関連した科目から探す