呼吸器内科常勤医師転職求人

呼吸器を専門に診られる医師は多くはありませんが、呼吸器疾患は特に高齢者に起こりやすく、専門医の需要は今後も高まっていくと考えられます。近年、注目されている睡眠時無呼吸症候群やニコチン依存症(禁煙治療)も担当領域になります。厚生労働省が実施している『必要医師数実態調査』(平成22年)によると常勤の必要医師数は731人で、内科系では一般内科の3491人、循環器内科の1001人、消化器内科の991人に次いで4番目ですが、常勤の求人倍率は1.22倍と非常に高くなっています。

呼吸器内科の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

実録・私のキャリアチェンジ

すべてのキャリア事例を見る

呼吸器内科の年収事情

  • 年代毎の年収を見てみると、30代と50代では各年収帯に分散しているのに対し、40代では78%が1400万円以上となっています。これらのことから、数値上では呼吸器内科の医師の年収は40代で1つのピークを迎えることが予想できます。 呼吸器科の地域別の年収は、地域による施設数による違いの影響もあり、地域によって年収の開きがあり、年収分布にも偏りがみられます。 「2000万円以上」の年収層は、関西の50%、中部の30%のみです。しかし、九州・沖縄は「1,400万円~2,000万円未満」が100%、北海道は「1,000万円~1,400万円未満」が75%、「1,400万円~2,000万円未満」が25%と高い水準です。一方、中国・四国では、「600万円~1000万円未満」が100%を占めています。 関東や中部では、幅広い年収層に分布しています。関東では、「600万円~1000万円未満」が43%と多く、次いで「1,400万円~2,000万円未満」が29%です。

    もっと見る

呼吸器内科の転職動向

  • ■呼吸器内科の転職動向

    内科系で、循環器内科、消化器内科に次いで求人数が多いのが呼吸器内科です。総合病院では指導医、専門医、後期研修医までの求人が多く、地域の一般病院では10年以上の経験のある医師が求められる傾向があります。 とくに療養型病院や在宅医療では呼吸器管理が必要な患者が多いため、これらの医療機関では呼吸器内科の専門医のニーズが高くなっています。一方、急性期病院では診療科の集約が進んでいるため呼吸器内科のニーズは限定的です。最近は、製薬会社からの求人としてがん治療に携わる腫瘍内科医のニーズもあります。 厚生労働省の『必要医師数実態調査』(平成22年)によると、呼吸器内科の必要医師数は801.3人ですが、そのうち55.3人がアルバイト(非常勤)での求人募集となっています。リクルートドクターズキャリアに寄せられている転職(常勤)の募集情報によると、大阪、福岡、東京などの大都市圏での募集が多くなっており、都市部での転職・就業の機会は多いといえるでしょう。

    ■呼吸器内科は施設によって求められるスキルが異なる

    呼吸器内科を診療科目に挙げている医療施設は、小規模なクリニックから大規模な総合病院まで幅広く見られます。小規模な病院や診療所・クリニックでは、一般内科や老人内科、他の内科系と兼任できるジェネラルな診療スキルがあればより仕事の選択肢が広がるでしょう。 一方、大規模な総合病院では、検診結果を受けての精密検査、気管支鏡や胸腔鏡下での肺生検など専門的なスキルが求められます。

    ■需要が高まるなか、専門医のニーズは高い

    総合病院で求められる検査・診断・治療スキルをもつ呼吸器専門医は、転職においても歓迎され、待遇や働き方など、条件面の交渉も有利になることがあるようです。総合病院では、手術が必要な場合は院内の呼吸器外科、放射線科などと連携し、集学的治療が行われるため、求職に際しては関連各科の充実度も注目しておきたいところです。

    ■慢性期医療でも活躍の場が広がる

    慢性期の医療や高齢者医療では呼吸管理が必要とされるケースも多く、呼吸器に強みをもつ内科医を求める傾向は、増すと考えられます。今後は呼吸器リハビリテーションなどの施設設置の動きも注目されます。

呼吸器内科と関連した科目から探す