老人内科常勤医師転職求人

今後の急激な高齢者増により、需要が高まることは確実な領域であり、収入は減らしたくないが、プライベートを重視したい、定年後の働き場所にしたい医師からの注目率が高くなっています。老人全般を診ることができ、ご自身の専門性があれば、歓迎され選択肢も幅広くあります。療養型病院、老人保健施設からの求人が多く、慢性疾患の患者や認知症患者の対応を求められます。全国的にもニーズが高く、地方かたの募集が多いのも特徴です。

老人内科の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

老人内科の年収事情

  • 老人内科の常勤医のニーズは全国的に高く、地方での勤務も可能です。都市部ではアルバイト(非常勤)の募集も出ています。リクルートドクターズキャリアに寄せられた転職(常勤)の募集情報の平均給与は、他の診療科に比べると若干低めですが、東京、埼玉などの南関東地区は高い給与を提示する傾向にあります。 リクルートドクターズキャリアの募集情報によると、老人内科医師の求人年収は、「1,200万円~1,600万円未満」が62%を占めています。「1,600万円~2,000万円未満」は9.6%で、「2,000万円以上」が1%弱という調査結果になっています。 地域別に見ると、関東と関西が1,400万円以上の求人の割合が多く、48.0%となっています。次いで、北海道・東北(39.9%)、中国・四国(39.9%)、関西(38.5%)の順になっています。1,800万円以上の高給与求人がもっとも多いのは関東ですが、中国・四国、甲信越・北陸、北海道・東北など人口密集地以外の地域でも2,000万円以上の求人があります。

老人内科の転職動向

  • ■老人内科の転職動向

    高齢化社会の到来により、幅広い医療機関から求人が増えている診療科です。リクルートドターズキャリアに寄せられる求人募集でとくに多いのが療養型病院、老人保健施設で、慢性疾患の診療や認知症の対応が求められます。また、精神科病院での内科の求人もあり、このような施設では老年医学会専門医などの資格を持つ医師が評価される傾向が強いようです。 療養型病院は外来のない病棟専従で、当直もないケースがほとんどです。第一線から退かれたあと、無理なく持続的に医療活動をする場として老人内科に転職される医師も増えています。

    ■内科+専門をもつ医師が求められている

    老人科では医療施設によって、求められる専門性も異なりますが、前提として内科全般を診ることができる医師が歓迎されます。病院では生活習慣病や認知症への対応、 療養では、ナート、挿管、人工呼吸器管理、PEG造設など、在宅では褥瘡や疼痛管理などもあるため、内科全般とともにぞれぞれに対応できる専門性をもつ、循環器内科、神経内科、呼吸器内科、皮膚科や麻酔科医などの求人があります。

    ■施設によって、勤務条件や報酬は異なる

    求められるスキルだけでなく勤務条件や報酬も医療施設によって異なります。老健では緊急呼び出しの頻度は低く、療養病院では、専門領域以外にも当直・緊急時対応をどこまで担当するかなどの勤務条件によって、報酬が変わってくるようです。在宅診療の場合は、その医療機関が主とするところが、施設か居宅かによって勤務条件が違い、回数が少ないとはいえ、緊急呼び出し対応が必須の場合もあります。また最近ではオンコール体制を別途整備しているところもあるようです。 医療施設の診察頻度の高い症状や協力医療機関についてなど、細かな点も確認することをおすすめします。

老人内科と関連した科目から探す