腎臓内科常勤医師転職求人

腎臓内科医の求人ニーズは、全国的に非常に高くなっています。募集先も、総合病院から中規模病院、診療所、人工透析クリニックまで多岐にわたりますが、透析管理を前提としている施設や、一般内科の役割を求める施設など医療機関によって、医師に求められる知識や技術や担当分野も異なります。厚生労働省が実施している『必要医師数実態調査』(平成22年)によると、常勤の現員医師数は2155人で、必要医師数は402人(もっとも多いのは一般内科の3491人)となっています。常勤の求人倍率は1.23倍で非常に高いニーズを示しています。

腎臓内科の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

実録・私のキャリアチェンジ

すべてのキャリア事例を見る

腎臓内科の年収事情

  • 腎臓内科医師の求人年収は、リクルートドクターズキャリアの募集情報によると、「1,200万円~1,600万円未満」が54%と大勢を占めており、なかでも「1,200万~1,400万円」が3割近くのボリュームゾーンとなっています。「1,800万円以上」の高額求人は6.1%となっています。 地域別にみると「2,000万円以上」の条件は、関東、関西、東海、北海道・東北でを見ることができます。一方、甲信越・北陸や中国・四国では「1,000万円~1,200万円」の割合が多く、地域により差があります。「1,400万円以上」の割合は関東は39.5%、関西は44.5%を占めていることからも、求人数、平均額ともの人口集中する地域の待遇の良さが見てわかります。

腎臓内科の転職動向

  • ■腎臓内科の転職動向

    人工透析を必要とする患者の増加によって、依然として腎臓内科の医師に対するニーズは全国的に高まっています。リクルートドクターズキャリアに寄せられる求人募集は総合病院から診療所まで多岐に渡りますが、都市部に多いのが人工透析専門クリニックで、アルバイト(非常勤)での求人も比較的多く見られます。 腎臓内科医へのこれらの医療施設では内科的診療のニーズ求められる一方、シャント造設などの外科的スキルがあると高い評価を得られます。リウマチ、膠原病内科など細分化された専門性を生かす場合、求人は大学病院、公的病院、専門病院などで、勤務地も限定されます。 人工透析患者の増加などによって腎臓内科のニーズは高まる一方、現員医師数はわずか2155.2人。求人倍率も1.2%と高い水準です。リクルートドクターズキャリアに寄せられた転職(常勤)の募集情報によると、腎臓内科の平均給与は内科系の診療科の中では高い水準を示しており、転職希望の医師に対する期待がうかがえます。

    ■内シャント造設などのスキルが望まれている

    透析管理を前提とした腎臓内科医の募集は地域を限定せず全国的に多くなっています。また透析施設は安定した経営がしやすいため、一般内科医と比較すると収入は高い水準にあります。シャント造設、カテーテル治療などの外科的スキルがある医師は高い評価を得られます。内科的診療が求められる傾向にありますので、外来診療や病棟管理の有無も含め、内科全体の体制を確認しておきたいところです。

    ■在宅医療やリハビリ病院からの求人も多数

    高齢化により、糖尿病、高血圧性腎硬化症などの生活習慣病による2次性腎疾患も少なくないため、在宅医療やリハビリテーション病院からの腎臓内科医の求人もあります。この場合も、一般内科診療が求められますので、対応可能な範囲と当直やオンコールへの体制を確認しておきましょう。

    ■専門性を活かせる病院の求人は少なく狭き門

    ネフローゼ症候群、急性および慢性糸球体腎炎、急速進行性腎炎、腎不全など腎疾患に総合的に対応している病院からの求人もあるものの、リウマチ、膠原病内科など細分化された専門性を生かせる病院は、大学病院、公的病院、専門病院など透析管理に比べ多くはありません。希望に合うポストが出現する機会を、長期的に見ていく必要があるでしょう。

腎臓内科と関連した科目から探す