神経内科常勤医師転職求人

近年急速にニーズが高まりつつあり活躍の場は広がっています。急性期病院では専門分野があることが、リハ病院や療養型施設などでは広く一般内科への対応も求められます。仕事の方向性を難病などの治療に置くのか、リハビリに置くのかで、勤務条件は大きく違ってきます。厚生労働省が実施している『必要医師数実態調査』(平成22年)によると常勤の現員医師数は3528人でそのうち常勤の必要医師数は659人となっています(もっとも多いのは一般内科の3491人)。常勤の求人倍率は1.23倍で非常に高いニーズがあることをを示しています。

神経内科の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

実録・私のキャリアチェンジ

すべてのキャリア事例を見る

神経内科の年収事情

  • リクルートドクターズキャリアに寄せられている募集情報によると、神経内科医師の求人年収は、「1,000万円~1,400万円未満」が61.9%と大勢を占めており、「1,400万円~1,600万円未満」が22.4%もあり、「2,000万円以上」も村れることから、高額の条件を多いことがわかります。 地域別では、関東の「1,400万円以上」の求人の割合が34.9%と高く、甲信越・北陸(同32.6%)、東海(同31%)、関西(同28.6%)も高い割合となっています。中国・四国、九州・沖縄、北海道・東北では「1200万円~1400万円」の金額帯がいちばん多く占めていますが、北海道で(2,280万円 ~ 2,340万円)などの高給与求人もあります。

神経内科の転職動向

  • ■神経内科の転職動向

    神経内科医は、大都市圏を中心に全国の脳神経外科系病院やリハビリテーション病院からの求人募集があります。とくに、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症ケア、神経リハビリテーション、てんかん、失語症などの専門分野があると転職に有利に働きます。 最近の傾向としては、リハビリテーションや在宅医療などの分野で求人が増えてきています。背景にあるのは脳血管障害、認知症、生活習慣病などに伴う機能障害を持つ高齢患者の増加です。脳外科系や一般病院の急性期病院への転職・就業を希望する場合は、頭痛外来、不定愁訴外来などを開けるスキルがあると有利です。 神経内科の求人募集は、脳神経外科系病院かリハビリテーション病院がほとんどで、どちらを選ぶかによって求められるスキルも明確です。転職(就業)すると、その病院・医療機関の中でのキャリアの方向転換は難しくなります。また、リハビリテーション病院の場合は外来診療がない場合もあるので、今後のキャリア形成も見据えて、転職を検討する際にはご自身の希望に即した病院を選ぶ必要があります。

    ■求人は活発で広い選択肢がある

    求められるスキルは医療機関によって異なり、急性期病院や脳外科系病院では専門医の資格の有無とともに神経難病など専門的な症例の経験値が問われます。ALS、パーキンソン病、アルツハイマー病、てんかんなどの専門分野があれば、有利に働きます。 療養型病院やリハビリテーション病院、クリニック、老健、在宅医療では、専門医であるほうが望まれますが、リハビリの管理や認知症の診療などと同時に一般内科にも対応できることが重視される傾向にあります。いずれの施設でも求人は活発になっています。

    ■売り手市場のため、勤務条件優先で選ぶことも

    現在はリハビリテーションの需要が大きくなってきており、神経科医そのものが不足しているため、医師が条件を選ぶことが可能な場合が多くなっています。また、リハビリ施設は急性期病院に比べ、当直や緊急呼び出しが少ないため、私生活を優先させた働き方にシフトチェンジしたい医師が転職を希望するケースが見受けられます。

神経内科と関連した科目から探す