愛知県常勤医師転職求人

愛知県の県民総所得は例年トップ3以内。失業率も低く、経済的に活性化したエリアです。関東関西ともにアクセス良好な立地です。工場等で働く外国人住民のための医療通訳派遣の取り組みを全国に先駆けて実施、英語が話せる医師の需要が高まっています。教育面では名だたる国公立高校に加え、産業界が開校した私立の中高一貫校等も、高い進学実績をあげています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

愛知県の高給与求人

  • 愛知県の医師の平均年収は約1454万円となっています。全国の平均年収約1,098万円、東海4県(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)の平均年収1306万円と比較して、たいへん高めになっています。 愛知県は、生活習慣病、がん、心疾患による死亡者数が全国でも少ない一方、高齢夫婦のみや高齢単身世帯数の割合が高いことが特徴です。また、精神疾患に対する医療体制の充実、小児救急体制の構築も目下の重要課題です。 ※「平成27年賃金構造基本統計調査」より

愛知県の子育て支援有求人

  • 愛知県の平成27年時点での待機児童数は165人。医師のワークライフバランスへの配慮が手厚い施設も多く、なかでも女性医師の活用に積極的で、院内保育所を完備、子育て支援法に基づく施設を完備している病院も、多々あります。 教育環境についても、愛知県は非常に恵まれています。例えば、私立中高一貫校の東海高校は、平成27年度は国公立医学部への進学率がきわめて高く、東大や京大にも多くの卒業生を送っています。このほか、県立一宮高校、県立岡崎高校などの名門校が揃っています。また、愛知県は、県内の大学へ進学する高校生が全国一多いことが知られていて、平成26年度は大学に進学した県内の高校生の約70.6%が県内の大学へ進学しています(愛知県統計課)。

愛知県のシニア採用求人

  • 平成26年度の政府調査では、愛知県の60歳以上の医師数の比率は約22.7%。全国平均の約24%と比べ低めになっています。施設形態別で見ると病院が約10.63%、診療所が約41.96%となっており、定年以降のシニアの方が診療所で活躍されていると考えられます。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別より

愛知県の転職動向

  • ■経済的に活性化したエリア、病院の新築・増改築も活発

    経済的に活性化しているエリアだけあって、医療機関の新設・増築・増床・改築が実施・予定されている施設も多く、常勤医師の求人も多くなっています。

    ■愛知県における医療に対する取り組み

    愛知県には、5つの医大病院があります。藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院、名古屋大学医学部附属病院、名古屋市立大学病院、藤田保健衛生大学病院、愛知医科大学附属病院です。これらに加えて、救命救急センター、災害拠点病院、エイズ治療拠点病院のほか、周産期母子医療センターの増設や、がん診療連携拠点病院の指定にも県は積極的に取り組んでいます。 周産期医療については、国の「周産期医療体制整備指針」に基づき、平成23年から5年計画で「愛知県周産期医療体制整備計画」を策定。1)周産期医療と救急医療の連携強化、2)総合周産期母子医療センターの整備、3)周産期医療関連病床(MFICU、NICU、GCUなど)の整備、4)周産期医療従事者の育成、5)正常分娩対応施設の整備などを挙げています。 さらに、県内のがん医療の均てん化の推進、また安心で適切ながん医療体制の整備を目的として、県は「がん診療拠点病院」を指定する制度も策定。専門的な知識と技能を有する医師、コメディカルの配置した医療機関で、1)集学的治療の提供体制及び標準的治療等の提供、2)化学療法の提供体制の確保、3)緩和ケアの提供体制の整備、4)病病連携・病診連携の協力体制の整備、5)セカンドオピニオンの提示体制の確保などの条件を満たす病院について、「がん診療拠点病院」の指定を行うことにしました。

近隣の都道府県で探す