長野県常勤医師転職求人

長野県は、古くから地域に密着した「かかりつけ医」の体制が整っており、日本初の全村民の健康台帳、健康手帳が作成された県です。2013年厚生労働省の発表によると、平均寿命は男性、女性ともに日本一です。在院日数が少ない等の要因から医療費が低水準なのも特徴で、県をあげての健康づくり活動が盛んなこと、高齢者の就業率や三世帯同居率が高いこと、高齢者の単独世帯の割合が低い点からもヘルスコンシャスな長生き県として認知されています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

長野県の高給与求人

  • 長野県の医師の平均年収は約1636万円となっています。全国の平均年収約1,098万円、甲信越3県(山梨県、長野県、新潟県)の平均年収1307万円と比較して、たいへん高めになっています。 長野県では医師の募集も多数あり、院内保育所を完備して子育て中の女性医師のライフステージに応じた勤務体制の考慮や、若手医師のキャリアアップのため、各種資格取得の応援体制を整えたり、採用の際も業務内容や就業時間、年収に関する相談を受けつけ、医師のワークライフバランスを推進する病院が多いのも特徴です。また、長野県医師会が県内で女性医師等の働きやすい環境づくりに取り組んでいる病院を一覧で発表するなど、子育て中の医師のための夜間や病児保育などの充実、ワークシェアリングなど柔軟な体制作りを積極的に行っています。 ※「平成27年賃金構造基本統計調査」より

長野県の子育て支援有求人

  • 長野県の平成27年時点での待機児童数は0人。子育て環境が整っていて、仕事と育児が両立できるエリアといえるでしょう。 長野県の進学状況は、松本深志高校が平成27年度入試で国公立大学207名合格(うち医学部医学科21名)、長野高校が国公立大学221名合格などの実績を出しています。 信州大学医学部は地域枠を設けており、平成28年度入試で県内の高校を卒業見込み(現役生)15名、既卒者5名の募集定員としています。

長野県のシニア採用求人

  • 平成26年度の政府調査では、長野県の医師の平均年齢は51.4歳で甲信越で最も高くなっています。60歳以上の医師数の占める比率も約27.2%で全国平均の約24%と比べ高めになっています。施設形態別で見ると病院勤務約14.79%、診療所勤務が約47.43%がシニアの方となっており、定年以降は診療所で活躍されていると考えられます。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別より

長野県の転職動向

  • ■長野県における医療環境情報

    人口10万人対医師数を見てみると長野県は33位で、医師不足がかなり深刻な状況です。特に、産科、小児科、麻酔科医の確保が急務で、近い将来外科医などの不足も懸念されています。 長野県の地域医療再生計画としては、まず三次救急における高度専門医療の充実・強化があげられています。三次医療圏に循環器病センターを整備したり、ドクターカーの活用による治療開始までの時間の短縮や、ドクターヘリを2機に増やして機動的な全県をカバーできる広域体制の構築を目指しています。また、急性期から回復期・維持期までの医療機関相互の連携体制の構築にも力を注いでいます。さらに、がん診療体制の向上、急性期から在宅医療まで連携体制の構築、産科・小児科医療の集約化と重点化なども、医療再生計画の重要課題としてあげています。

    ■長野県の生活環境情報

    長野県は、高速道路(長野自動車道・甲信越自動車道)と新幹線が開通したことで、首都圏方面および関西方面とのアクセスが極めて良好となりました。特に、長野新幹線や信越本線、あるいは甲信越自動車道の沿線である北信地域(長野市など)は、国宝の善光寺や松本城があることもあって首都圏からの観光客が多く訪れます。群馬県・埼玉県と接する東信(上田市、佐久市、軽井沢)も、東京へのアクセスがいい地域です。中信の南部に位置する木曽地域は、岐阜や愛知と接しているため、中京圏とのつながりが深くなっています。長野県には空の玄関口として、松本空港(信州まつもと空港)があり、大阪・札幌・福岡への便が発着しています。 2005年以降、県内の公立小学校は30人学級で授業が行われていて、中学校では高山登山が伝統的な慣習となっているのが特徴です。 市街地では百貨店や大型商業施設、都市銀行、アミューズメント施設などが立ち並んでいて、生活に必要なものはすべて揃っています。一方で、郊外には豊かな自然が残り、伝統ある国宝や重要文化財などの宝庫となっています。

近隣の都道府県で探す