福井県常勤医師転職求人

福井県は、平均寿命が男女とも全国4位と全国トップクラスの健康長寿県です。また、法政大学の「47都道府県の幸福度に関する調査」では、優れた子育て環境など多くの面で高い評価を得た結果、全国総合1位を獲得しています。繊維、機械産業のほか、県内には15基の原子力発電所があります。また眼鏡産業は鯖江市で全国の90%を生産しています。医療では医師の地域偏在が大きな課題となっているほか、これからの高齢化への対応が必要とされています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

福井県の高給与求人

  • 福井県の医師の平均年収は約1573万円となっています。全国の平均年収約1,098万円、北陸3県(富山県、石川県、福井県)の平均年収1271万円と比較して、高めになっています。 福井県は、常勤医師の場合、給与ベースが高く、福利厚生面も充実しており、キャリアやスキル、資格のほか、勤務形態や時間なども希望を考慮の上、勤務内容を決めるという病院が目立ちます。 ※「平成27年賃金構造基本統計調査」より

福井県の子育て支援有求人

  • 福井県の、平成27年時点での待機児童数は0人。子育て環境が整っていて、仕事と育児が両立できるエリアといえるでしょう。 福井県の進学環境は、藤島高校(平成28年度入試、国公立大学合格者272名うち医学部医学科32名)、高志高校(同、230名)、武生(同、218名)などの進学校があります。 福井大学の医学部には修学式貸与の地域枠(5名)があり、県内の高校を卒業あるいは見込み者を出願要件にしています。

福井県のシニア採用求人

  • 平成26年度の政府調査では、福井県の医師数は1982人、うち466人が60歳以上の医師です。県全体では約23.5%を占めており、全国平均の約24%と比べやや低めになっています。施設形態別で見ると病院で約12.31%、診療所で約47.31%が60歳以上の医師となっており、定年以降のシニアの方が診療所で活躍されていると考えられます。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別

福井県の転職動向

  • ■産科、小児科の医師の増員が課題

    福井県は人口10万人対医師数を見てみると、全国22位で全国平均を上回っています。 福井県は、ハイリスク妊婦や低出生体重児の出生割合が増加し、周産期医療へのニーズが高まっているものの、県立病院のMFICUおよびNICUがほぼ満床で、受入れへの影響が懸念されており、産科、小児科の医師の増員が切望されています。

    ■県からの海外研修資金援助も

    福井県では、救急医・家庭医・産婦人科医・小児科医の養成(後期研修医)キャリアアップコースのプログラムを整備、また県内の医師の海外研修を支援(補助金上限400万円)するなどの施策で、医師招へいに力を入れています。個々の医療施設でも、ライフワークバランスを自分でコントロールでき、多忙すぎない環境で指定医取得を目指せたり、転科希望の方やレジデントの方も受け入れる万全な体制を整えたり、入職された場合、基本年俸とは別に就職支度金制度というインセンティブを設ける病院も見受けられます。

近隣の都道府県で探す