石川県常勤医師転職求人

石川県は、金沢を中心に伝統文化と豊かな自然に恵まれ、教育レベルも高く、北陸新幹線の開通により、交通の利便性も一層高くなることが見込まれています。県の地域医療推進室では、UターンおよびIターン、子育てが一段落した女性医師の復帰、定年退職した医師の再就職などを推進するプロジェクトを立ち上げています。高度医療の提供、開発、研修を行う特定機能病院も金沢大学附属病院、金沢医科大学病院の2病院を擁する恵まれた環境です。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

石川県の高給与求人

  • 石川県の医師の平均年収は約1204万円となっています。全国の平均年収約1,098万円より高く、北陸3県(富山県、石川県、福井県)の平均年収1271万円と比較して、低くなっています。 石川県には脳神経外科、眼科、皮膚科等の診療科がない地域もあり、小児科医、産科医、麻酔科医、精神科、外科、循環器内科等のニーズも高くなっています。リフレッシュ休暇を含む福利厚生を充実させたり、スキルや貢献度による給与の交渉制度の実施、専門医資格について年棒に加算、役職待遇を用意している病院もあります。 ※「平成27年賃金構造基本統計調査」より

石川県の子育て支援有求人

  • 石川県の平成27年時点での待機児童数は0人。子育て環境が整っていて、仕事と育児が両立できるエリアといえるでしょう。 石川県の進学状況は、いずれも平成28年度入試で、金沢大学附属高校が国公私立大学を含む医学部医学科合格者が54名になっています。このほか、金沢泉丘高校(現役での国公立大学合格者208名)、小松高校(現役・国公立大学合格者226名)などの進学校があります。また金沢大学医学部には石川県緊急医師確保修学式貸与制度による募集定員10名がありますが、出身地や出身校は出願要件になっていません。

石川県のシニア採用求人

  • 平成26年度の政府調査では、石川県の医師数は3303人、平均年齢は49.7歳です。60歳以上の医師数の比率は約25.70%。全国平均の約24%と比べやや高めになっています。施設形態別で見ると病院で約15.17%、診療所で約49.7%の割合で、定年以降のシニアの方が活躍されていると考えられます。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別

石川県の転職動向

  • ■へき地における医療体制の確保が課題

    人口10万人対医師数を見てみると、石川県は全国11位で全国平均を上回っていますが、地域格差が大きいのが実状で、県内には無医地区もあり、医療環境の改善に向けた努力がなされています。 石川県では、へき地における医師の募集・確保を含めた医療体制の支援が喫緊の課題となっています。そこで地域医療を志す若手から中堅の医師を対象に、能登北部地区をはじめとする自治体病院での2年間の勤務を含んだ研修プログラムを実施しています。自治体病院での2年間の勤務を含む4年のプログラムで、残り2年は県立中央病院または高度医療機関で研修することになります。プログラム終了後は、開業して総合医になるもよし、専門医として専門病院へ勤務するもよし。この就業に関しても県が支援します。

    ■老人医療へのニーズが全国的に見ても高いエリア

    老人医療費は石川県の医療費総額の4割近くを占め、全国平均よりも割合が高いため、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病対策など県民に対する予防医学の啓蒙と推進が課題で、予防医学分野に興味がある方や地域医療に取り組みたい医師が求められています。産婦人科では女性医師の占める割合が圧倒的に多く、ライフステージに合わせて女性医師が辞めずに働き続けられる柔軟な勤務体制の整備に注力しています。

近隣の都道府県で探す