静岡県常勤医師転職求人

静岡県は、東京や名古屋にも新幹線で1時間ほどの地の利がメリットです。全国有数の進学校やサッカーの名門校があり、教育レベルも高いのが特徴です。肺炎による死亡者数が都道府県ランキングで最少で、お茶や果物などの農産物や海産物、温暖な気候に恵まれた環境が影響していると言えるでしょう。人口10万人当たりの医師数が全国平均を大幅に下回っており、県内外の医師が、同県での勤務を希望したくなるような医療現場の環境整備にも県をあげて取り組んでいます。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

静岡県の高給与求人

  • 静岡県の医師の平均年収は約1454万円となっています。全国の平均年収約1,098万円、東海4県(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)の平均年収1306万円と比較して、たいへん高めになっています。 静岡県では、医師が不足している周産期医療において、母体から新生児まで一貫して診療管理可能な体制の整備を図るため、産科医、新生児医療を行う医師及び麻酔科医や、救急専門医の増員が大きな課題になっています。一方、救急対応から家庭医、在宅診療などをこなせる総合医のニーズも高まっています。 ※「平成27年賃金構造基本統計調査」より

静岡県の子育て支援有求人

  • 静岡県の平成27年時点での待機児童数は232人。託児所のある勤務施設を探すのも育児との両立を考える上で必要かもしれません。 静岡県の進学状況は、県内屈指の進学校・静岡高校(平成27年度実績で国公立大学145名の合格者)をはじめ、清水東(同、163名)沼津東(同、156名)など進学校が県内各地にあります。 名古屋市立大学の地域枠推薦入試の出願要件である中部圏の高校卒業あるいは見込み者には、静岡県が含まれています。浜松医科大学では、静岡県医学修学研修資金貸与制度の募集定員を20名としていますが、特に出身地や出身校が要件となる募集はありません(平成29年度)。

静岡県のシニア採用求人

  • 平成26年度の政府調査では、静岡県の医師数は7466人、そのうち60歳以上の医師が約25.5%となっていて、全国平均の約24%と比べ高めです。施設形態別で見ると病院が約11.9%、診療所が約45.6%が60歳以上の医師となっており、定年以降のシニアの方が診療所で活躍されていると考えられます。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別より

静岡県の転職動向

  • ■産科医、麻酔科医、救急専門医の増員が課題に

    静岡県では、医師が不足している周産期医療において、母体から新生児まで一貫して診療管理可能な体制の整備を図るため、産科医、新生児医療を行う医師及び麻酔科医や、救急専門医の増員が大きな課題になっています。一方、救急対応から家庭医、在宅診療などをこなせる総合医のニーズも高まっています。

    ■静岡県における医療に対する取り組み

    静岡県には、大学病院が2つあります。浜松医科大学医学部附属病院と順天堂大学医学部附属静岡病院です。また、JR三島駅の近くの駿東郡長泉町には、県が運営している静岡がんセンターも置かれています。 とはいえ、静岡県の医師数は7466人。医療機関が求めている人員に対して不足しているとされ、人口10万人当たりの医師数で比べると全都道府県中40位という厳しい状況にあります。 中でも医師数が県下最低の西部地域では、救急医療体制の維持にも支障をきたしています。 そのため、一次・初期救急医療などを担う家庭医養成のための家庭医療センターの整備や、魅力ある研修プログラムの構築が進められていて、幅広い地域から医師が集う環境づくりに力を入れています。 また、県全体でも、上記のような医師募集・確保のための対策が講じられています。

近隣の都道府県で探す