新潟県常勤医師転職求人

新潟県は、本州の日本海沿岸のほぼ中央に位置し、面積は全国第5位、人口は全国15位(平成27年国税調査)です。しかし人口10万人当たり医師数は全国平均を大きく下回り、慢性的な医師不足に悩んできました。そのため、魚沼地域におけるコホート(疫学)研究を推進し、全国からの優秀な医師の採用につなげたり、女性医師の出産育児と仕事の両立のため、安心して勤務できる子供の一時預かり体制の実施など子育てサポート事業を推進しています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

新潟県の高給与求人

  • 新潟県の医師の給与は、平成27年の政府統計によると平均1370万円となっています。新潟県で、募集が多いのが総合内科、整形外科、精神科、人工透析、内分泌科に加え、高齢者人口の増加に伴い、高齢者医療、終末期医療を担える人材です。療養病棟を有し高齢者の総合ケアを目指すケアミックス病院には、各種専門医取得可能だったり、医療設備が充実していて、スキルアップや手技の維持が見込める病院が揃います。福利厚生も医師住宅や借り上げ住宅を用意したり、学会費用負担など充実させているのが特徴です。

新潟県の子育て支援有求人

  • 新潟県では、平成27年時点で待機児童数が0人。県では、女性医師や女子医学生を支援する「新潟県女性医師ネット」を設置して、女性医師の勤務継続・再就業・復職などに関する相談や、女子学生の不安や悩みに対し、現役の女性医師が窓口となって対応しています。新潟県屈指の進学校・新潟高校では、平成28年度入試で国公立大学に現役で194名の合格者を出しています。このほか新潟南高校や高田高校などの進学校があります。

新潟県のシニア採用求人

  • 新潟県の60歳以上の医師数は1378人で、県全体の29.7%を閉めています。施設形態別で見ると病院が465人、診療所が741人、そのほかが172人となっています。診療所で活躍する60歳以上の比率が約29.7%と、全国平均を上回っており、シニアの医師が多く活躍しています。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別

新潟県の転職動向

  • ■医師不足全国ワースト5

    人口10万人対医師数を見てみると、新潟県は全国43位で、医師不足がかなり深刻な状況で、医療環境の改善に向けた努力がなされています。新潟県では6病院を地域医療支援病院として承認しています。地域医療支援病院は、医療機関の連携や役割分担を図るため、紹介患者に対する医療提供、病床や医療機器の共同利用の実施、地域の医療従事者の研修などを通じ、かかりつけ医などを支援する機能を備えた病院です。また、医師の疲弊を防ぐため、休日・夜間の救急外来を軽い症状の人が安易に受診しないよう、県民に対する啓蒙活動も積極的に行っています。

    ■がん医療の充実へ向け、診療連携拠点病院と予防総合センターを整備

    大腸がん、胃がん、脳梗塞の死亡者数が比較的多く、がん罹患状況などを把握するため、がん診療連携拠点病院と予防総合センターの設備整備を行ったり、乳がん、子宮がん検診の普及啓発に努めています。

    ■首都圏への交通アクセスは良好

    新潟県は新幹線が通っているため、首都圏への交通アクセスも良好です。新潟駅から東京駅まで新幹線で約2時間で到着します。また、新潟空港まではバスで25分。大阪(阪急梅田)にも飛行機を使えば約3時間で行くことができます。お子様の教育環境も整っています。東大や国公立医学部への進学率が高い県立新潟高校などがあります。市街地では百貨店や大型商業施設、都市銀行、アミューズメント施設などが立ち並んでいて、生活に必要なものはすべて揃っています。一方で、郊外には豊かな自然が残り、伝統ある国宝や重要文化財などの宝庫となっています。

近隣の都道府県で探す