富山県常勤医師転職求人

富山県は、持ち家率と道路整備率が全国1位で、東京からも飛行機で90分で、全国屈指の暮らしやすい県として知られています。高血圧系を除く心疾患による死亡者数が全国でも特に少ないのが特徴ですが、高齢化率22%ということもあり、リハビリテーション病棟を増設する病院や目立ちます。地域医療の充実のため、一般診療とへき地巡回診療や訪問診療が行える総合的な地域医療に賛同する医師が求められています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

富山県の高給与求人

  • 富山県の医師の平均年収は935万円となっています。全国の平均年収1,098万円、北陸3県(富山県、石川県、福井県)の平均年収1271万円と比較して、低めになっています。 富山県では、女性医師の勤務環境改善が進んでいることもあって、県内の病院に勤務する医師数を性別にみると、若い世代で女性の占める割合が大きくなってきています。しかし、急性期医療の主要な担い手の病院においては、全国の傾向と同様に特に小児科、産科などの診療科の医師の確保が困難な状況で、総合内科医、麻酔科医、リハビリテーション関連の募集が目立ちます。そのため多くの病院で学会出席費用の支給、引越などの赴任手当など福利厚生とフレキシブルな勤務体制を充実させて、人材確保に取り組んでいます。 ※「平成27年賃金構造基本統計調査」より

富山県の子育て支援有求人

  • 富山県の平成27年時点での待機児童数は0人。子育て環境が整っていて、仕事と育児が両立できるエリアといえるでしょう。 富山県の進学状況は、富山高校(平成28年度入試で国公立大学合格者230名)、富山中部高校(同、207名)、高岡高校(同、190名うち医学部医学10名)などの進学校があります。 富山大学医学部は富山県からの修学資金貸与がある特別枠を設けていますが、出願要件で出身地・出身校は問われていません。また金沢大学医学部には修学資金貸与がある富山枠(募集定員2名)がありますが、出身地や出身校は出願要件になっていません(いずれも2016年度)。

富山県のシニア採用求人

  • 平成26年度の政府調査では、富山県の60歳以上の医師数は735人で、県全体に占める比率は約27%。全国平均の約24%と比べやや高めになっています。施設形態別で見ると病院が15.74%、診療所が49.39%となっており、定年以降のシニアの方も活躍できる場が多くあると考えられます。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別

富山県の転職動向

  • ■地域間格差が少ない医療環境

    富山県は、地域医療で必要とされている幅広い診療能力を有する総合医を育成したり、女性医師の就労、キャリア継続支援の体制整備に取り組むモデル病院に対しては補助金をだすなど支援に注力しており、人口10万対の医師数は全国平均を上回り、地域間格差も全国で最も小さくなっています。

    ■総合内科医、麻酔科医、リハビリテーション関連の募集が多い傾向

    富山県では、女性医師の勤務環境改善が進んでいることもあって、県内の病院に勤務する医師数を性別にみると、若い世代で女性の占める割合が大きくなってきています。しかし、急性期医療の主要な担い手の病院においては、全国の傾向と同様に特に小児科、産科などの診療科の医師の確保が困難な状況で、総合内科医、麻酔科医、リハビリテーション関連の募集が目立ちます。そのため多くの病院で学会出席費用の支給、引越などの赴任手当など福利厚生とフレキシブルな勤務体制を充実させて、人材確保に取り組んでいます。

近隣の都道府県で探す