兵庫県非常勤アルバイト求人

厚生労働省が2010年に実施した「病院等における必要医師数実態調査」より、非常勤の必要医師数(週当たり延べ勤務時間数を40時間で除して換算)を見てみると、全国の非常勤の必要医師数1628.4人中、兵庫県は42.9人。全体の2.634%を占め、全国で多い順に11番目、関西エリア内で4番目の数値となっています(ちなみに全国で最も多いのは、東京都189.3人〈11.625%〉、最も少ないのは岩手県3.0人〈0.002%〉)。 科目別では一般内科7人、整形外科4.7人の順に多く、次いで精神科、外科と続いています。 二次医療圏別に見てみると、阪神南が10.1人、続いて神戸9.2人、西播磨5.5人となっています。 なお調査時点で二次医療圏10に対し、但馬のみ非常勤医師の募集がありませんでした。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

兵庫県の新着求人ピックアップ

兵庫県の医師の皆様方へ

兵庫県は近畿圏で大阪府に次いで2位(全国7位)の人口で、その1/4超が『兵庫県地域医療構想』で定められた10圏域の一つ、神戸圏域(神戸市)に住んでいる。同圏域の東に位置する阪神南圏域(尼崎市・西宮市・芦屋市)と合わせると、面積は同県の1割に満たないものの、人口では県全体のほぼ半数を占める(出典:2017年10月発行『兵庫のすがた2017』より)。

こうした偏在は圏域ごとの医師の状況にも顕著だ。「人口10万人当たりの医療施設従事医師数」(下グラフ)では、前出の神戸圏域、阪神南圏域だけが全国平均の233・6人および兵庫県平均の232・1人を上回り、残り8圏域はすべてそれらを下回っている。

また同県によれば、診療科によっても医師不足が目立つケースがあるという。「医療機関が必要とする診療科別医師数(主なもの)」(下表)を見ると、産婦人科、小児科、麻酔科などが県全体の倍率(必要とする医師数と現員数の合計を現員数で割ったもの)を特に上回っている(出典:いずれも兵庫県HP「医師確保対策の推進」より)。…

兵庫県の特集記事を読む

注目の施設のご紹介

すべての注目の施設紹介を見る

医師が語る現場インタビュー

すべての現場インタビューを見る

高給与求人

  • 厚生労働省の公式発表(2010年「病院等における必要医師数実態調査」)によると、兵庫県の医師の平均年収は1184万円で、関西圏の平均1122万円よりも高く、全国平均1206万円は下回っています。アルバイト求人は、時給換算で約9000円が平均的な給与水準です。これは、関西エリアの平均約9000円と同水準、全国平均の約9600円を下回る水準となっています。 兵庫県の時給換算給与額で、最も高いのは約1万8300円でした(給与額はすべて2016年9月8日現在。リクルートドクターズキャリアに掲載されているアルバイト求人約5000件のデータ分析による)。 兵庫県の求人理由で最も多かったのは「現員医師数の負担軽減(患者数が多い)」22.4%で、ついで「退職医師の補充」18.3%でした。給与額の平均は全国水準より低いですが、個別に見てみると、県内全体の約53%の求人については、給与額が全国平均より上回っており、需要と供給のバランスに著しい崩れはないようです。

近隣の都道府県で探す

病院情報を検索する

都道府県名、診療科目から全国の病院・クリニックを検索し、施設の基本的な情報から施設基準や医療機器といった働く上で必要な詳細情報まで調べることができます。

内科系
外科系
他科目
その他