茨城県常勤医師転職求人

茨城県は、首都圏からのアクセスのよい県南エリア。 水戸を中心とする行政の中心となっている県央エリア、それ以外の県北エリアです。福島県と隣接する県北エリアは東日本大震災ので人口の流出と医療過疎化が進んでおり、地域医療にやりがいを求める医師の力を必要としています。また医療行政としては、災害に強い医療体制の構築にも取り組み、医師会や医療機関、大学、行政が連携して、医療情報ネットワークシステムをはじめ、第三次救急医療や災害拠点病院機能を担う中核病院の整備に全力を注いでいます。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

茨城県の高給与求人

  • 茨城県の医師の給与は、平成27年の政府統計によると平均1257万円となっています。茨城県は全国的にみて医師数が少なく、特に小児科医は全国で最も少なく(『平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査』厚生労働省)、それだけに厚待遇で迎えられるケースもあるようです。県では医師の確保と県内定着を重要課題とし、茨城県地域医療支援センターの設置や、女性医師の就業をサポートする相談窓口、機関誌「いばらきの地域医療」やホームページを通じた情報発信などを行い、官民一体となって、医師のライフステージに応じたキャリアの実現をサポートしています。

茨城県の子育て支援有求人

  • 茨城県は待機児童数373人(平成27年4月時点)と多いものの、認定こども園」については制度創設の平成18年度以来、認定を受ける施設数が順調にのびており、平成26年には99園を数え、全国で3位の認定数となっています。北関東はお子様の教育環境としても恵まれています。国立大学や医学部への進学率の高い学校が揃っていて、茨城県には医科コースのある私立中高一貫校の江戸川学園取手をはじめ、県立水戸第一高校もあります。市部には進学塾も多数あって、医学部進学対策を前面に打ち出しているところもあります。

茨城県のシニア採用求人

  • 茨城県の医師数は5188人で、そのうち60歳以上の医師数は1255人となっています。施設形態別で見ると病院が407人、診療所が754人、そのほかが94人。比率で見ると病院で12.47%、診療所で44.75%がシニア医師が働いていて、ほぼ全国平均と同じ割合になっています。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別

茨城県の転職動向

  • ■医師の県内定着が課題

    茨城県は全国的にみて医師数が少なく、特に小児科医は全国で最も少なく(『平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査』厚生労働省)、それだけに厚待遇で迎えられるケースもあるようです。県では医師の確保と県内定着を重要課題とし、茨城県地域医療支援センターの設置や、女性医師の就業をサポートする相談窓口、機関誌「いばらきの地域医療」やホームページを通じた情報発信などを行い、官民一体となって、医師のライフステージに応じたキャリアの実現をサポートしています。

    ■救急医療体制の整備を促進

    茨城県を含む、北関東の医療環境はかなり厳しい状況にあります。特に、救急・産科・小児科の診療体制が危うくなっており、医師の募集があったとしても人員がいないため、充足しないこともあります。茨城県では、安全・安心な救急医療体制の整備を掲げ、県内全域をカバーする茨城県ドクターヘリを導入。県内なら約30分以内に到着することができるようになりました。茨城県救急医療体制は、インターネットを活用した「救急医療情報体制」をベースに、休日・夜間の敬称救急患者を診療する「初期体制」、手術・入院を要する重篤患者を休日・夜間に受け入れる「第二次体制」、複数の診療科領域にわたる重篤患者を24時間体制で受け入れる「第三次体制」に整備されています。また、チーム医療映像支援システムを構築したり、各地域ごとのリハビリテーションのネットワークづくりの推進にも力を入れています。

    ■東京までのアクセスも便利

    北関東エリアには新幹線を含む複数の鉄道が走っていて、3県の交通アクセスは良好です。茨城の水戸駅から宇都宮駅まではJRで約1時間50分で到着します。南部は首都圏への交通の便もいいことから、千葉や東京へ通勤・通学する人も多くみられます。茨城県のつくば駅から千葉の柏市(柏たなか駅)までは電車(つくばエクスプレス)で22分、東京の秋葉原駅まではつくばエキスプレス快速で45分。車で移動する場合も、北関東自動車道のほか、国道も複数走っていて関東全域の交通アクセスは比較的良好です。

近隣の都道府県で探す