群馬県常勤医師転職求人

群馬県は、県西・県北の県境には豊かな自然があり、南東部は関東平野が開ける内陸県です。東京からは新幹線でも車でも1時間前後と、首都圏へのアクセスも容易です。臨床研修必修化がスタートして以降、徐々に県内の研修医数が減少してきました。小児科や産婦人科だけでなく内科や外科でも医師数が減少し、また基幹病院でも、大学病院の派遣医師停止や開業などによる医師の減少により、診療科の縮小や休止が生じ、県内に定着する医師の養成に本格的に乗り出しています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

群馬県の高給与求人

  • 群馬県の医師の給与は、平成27年の政府統計によると平均1283万円となっています。群馬県は医師の県内医療機関への就業を支援するために、積極的な施策を展開しています。小児科医や産婦人科を目指す医師への奨学金の貸与、後期研修で産科を選択する若手医師への支援、救急救命センターでの休日夜間勤務手当への補助、産科医の処遇改善のための分娩取扱い機関への支援、物品両面から待遇が整えられています。

群馬県の子育て支援有求人

  • 群馬県は待機児童数0人(平成27年4月時点)で、2年連続0人を計上しています。群馬県では、出産などで離職した女性医師の現場復帰を支援するための再教育研修の整備や、院内保育所の整備なども行われています。また県では、中学生までの医療費を無料化。所得制限なし、自己負担なしで、入院・通院ともに中学校卒業までを対象とする都道府県の制度は、全国で初めての取り組みで、トップレベルの手厚い内容となっています。

群馬県のシニア採用求人

  • 平成26年度の政府調査では、群馬県の60歳以上の医師数は1420人で、全体の27.5%で、全国平均の約24%と比べ高めになっています。施設形態別で見ると病院が380人、診療所が784人、そのほかが76人。各施設での60歳以上の医師の割合は病院14.3%、診療所46.97%で関東で最も高くなっていて、シニア医師が多く活躍している地域考えられます。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別

群馬県の転職動向

  • ■医師増やすを方策に尽力

    群馬県を含む、北関東3県では、それぞれ県と医療機関が協力して、医師が働きやすい環境づくりに取り組んでいます。将来それぞれの県内の地域医療を担う医師を養成・確保するために、大学の医学部に県の「地域枠」を設定したり、医学生や研修医、若手医師を対象とした奨学金制度(既定の条件を満たせば全額返還免除)を設けたり、出産や育児で離職していた女性医師の復職をサポートするシステムも構築されています。群馬県では、臨床研修医の指導にあたる指導医のための講習会が県主催で開催しているなど、県と大学、地元医師会、地元病院協会などが連携・協力して、医師を増やすための方策に尽力しています。

    ■医師の人員充足が課題

    しかし、北関東の医療環境はかなり厳しい状況にあります。人口10万対医師数をみてみると、群馬県は平均より低く。医師の不足により、病院の数も少なく、特に、救急・産科・小児科の診療体制が危うくなっており、医師の募集があったとしても人員がいないため、充足しないこともあります。

    ■交通アクセスが良好な群馬県

    新幹線を含む複数の鉄道が走っていて、東京、北関東2県への交通アクセスは良好です。群馬県の高崎市から東京駅は新幹線で約50分の近さです。群馬の前橋駅からは、新幹線を乗り継いで約1時間半で栃木の宇都宮駅に、茨城の水戸駅まではJRで約1時間50分の距離です。車での首都圏へのアクセスも良好です。関越自動車道ならば前橋ICから練馬ICまで約92km、で所要時間約60分)、東北自動車道ならば館林ICから浦和ICまで約41Kmで所要時間約30分で到着します。 お子様の教育環境としても恵まれています。国立大学や医学部への進学率の高い学校が揃っていて、群馬県では県立前橋高校がよく知られています。市部には進学塾も多数あって、医学部進学対策を前面に打ち出しているところもあります。生活する上でも、市街地には大型商業施設、大手家電量販店、銀行、ホームセンターなどのほか、アミューズメント施設も揃っていて非常に便利です。休日にご家族で出かける観光スポットも多数あり、歴史遺産・自然遺産の宝庫でもあります。草津温泉など有名な温泉地も数多くあります。

近隣の都道府県で探す