千葉県常勤医師転職求人

千葉県は、温暖な気候と豊かな大地に恵まれた全国有数の農業県かつ水産県です。一方、重化学工業も盛んで、大規模商業センターや遊園地を有し、東京エリアのベッドタウンという位置づけもあります。目下同県では、「精神疾患」及び「認知症」の循環型地域医療連携システムの構築、東日本大震災の経験を踏まえた「災害医療」体制の強化と、ニーズの増加が見込まれる「在宅医療」の提供体制の強化を推進しています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

千葉県の高給与求人

  • 千葉県の医師の給与は、平成27年の政府統計によると平均1388万円となっています。医師数は人口10万対で全国都道府県中45位と低迷しています(『平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査』厚生労働省)。特に、総合内科、一般外科、精神科、泌尿器科、人工透析、老人慢性疾患の全身管理ができる医師のニーズが高くなっています。医療圏によっては医師確保のため、当直なしや、週4日からの勤務可とするなどの待遇を提示している医療機関もあります。

千葉県の子育て支援有求人

  • 千葉県は待機児童数1646人(平成27年4月時点)と、東京都、沖縄県に次いで、全国で3番目の多さです。千葉県では、女性医師等就労支援事業として女性医師の再就業研修、保育に関する情報提供や紹介等を支援、病院内保育所運営事業などが進められているほか、在宅医療従事者の確保・育成、在宅医療提供システムの構築にも力を入れています。

千葉県のシニア採用求人

  • 平成26年度の政府調査では、千葉県の60歳以上の医師数の比率は22.8%で全国平均の約24%と比べ低めになっています。施設形態別で見ると病院が11.72%、診療所が42.94%で東京都、神奈川県に次いでシニアの方の比率が低くなっていて、全国平均も下回っています。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別

千葉県の転職動向

  • ■地域医療の再生に着手

    千葉県内の病院数は284件(平成26年、県調査)で、そのうち医大病院は千葉大学医学部附属病院だけです。人口が多い割に医大が少ないのは東京近郊の県に共通しています。各地域の基幹病院としては、南房総にある亀田総合病院、県東部にある旭中央病院が知られています。2001年からは日本医科大学附属千葉北総病院を基地としてドクターヘリ事業も開始されています。千葉県は人口10万人当たりの医師数が全都道府県のうち45位で、以前から医師不足が問題視されていました。特に県東部の地域で医師不足が深刻で、2008年に地域の公的な基幹病院が休止(現在は再開)。それをきっかけに医療崩壊の危機に直面しました。県はこうした状況を打開すべく、2009年度に国の交付金を活用して「地域医療再生プログラム」を策定。医療機関同士の連携とネットワーク化を主軸に、医療機関・大学・医師会・県民・行政が団結し、地域医療の再生に着手しました。そして、5年計画で医療機関の役割分担・機能再編、救急医療体制の充実、全県的な医師確保などの取り組みが進められてきました。具体的には、県内すべての医療機関で患者の情報を共有できる「千葉県共用地域医療連携パス」を全国に先駆けて作成したり、地域医療機関のIT整備事業を推進したり、2014年には救命救急センターが併設された314床(フルオープン時)の「東金九十九里地域医療センター」が開設されました。千葉県全体の65歳以上の人口比率は全国平均を下回っていますが、これも地域格差が大きくて、千葉市では約25%(平成28年、県調査)に対し、県東部の銚子市では約34%、房総半島東南の鴨川市では35%を超えています。社会の高齢化にどう対応し、医師を募集・確保していくかが今後の課題です。

    ■レジャースポットが多く、快適な生活環境

    千葉県の北西部(千葉市、浦安市、松戸市、柏市など)は、お子さんをお持ちのご家族がお住まいになる上でとても適しています。首都圏から電車で数十分という立地にも関わらず、都心に比べて不動産物件の相場は低く、市街地には老舗百貨店や大型ショッピングセンターが立ち並んでいて、お買い物にも不自由しません。食品売り場には、地元産の新鮮な農産物や魚介類も揃っています。また、県西のエリアには、ご家族でレジャーを楽しめるスポットが多数あります。テーマパークをはじめ、レッサーパンダが人気の動物園、アスレチックやバーベキューが楽しめるキャンプ場、四季折々の花があふれる植物園・美術館、イチゴ狩りを体験できる農園などがそうです。

近隣の都道府県で探す