栃木県常勤医師転職求人

栃木県は、東北新幹線で東京から1時間程度、車では東北自動車道と北関東自動車道が走り隣県へのアクセスも良い県です。また全国でも保育所の所有数が多い県で、男女ともに就業率が高く、共働きの世帯が多いのが特長です。院内の保育所完備はもちろん、交代勤務や短時間勤務、独自の勤務手当の支給などの勤務体制に、女性の医師をサポートする支援センターなど、医師の就労環境にも力を入れているため、家庭と仕事の両立を図りやすい県と言えるでしょう。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

栃木県の高給与求人

  • 栃木県の医師の給与は、平成27年の政府統計によると平均986万円となっています。栃木県は、人口10万対医師数が全国平均を下回っております。(『平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査』厚生労働省)。勤務医の負担軽減や診療科や地域による医師の偏在を解消するために、県では、研修医確保に本格的に取り組むとともに、医療機関と協力して、医師が働きやすい環境づくりを図っています。

栃木県の子育て支援有求人

  • 栃木県は待機児童数250人(平成27年4月時点)と多いものの、保育所の所有数は多く、栃木県医師会では短時間勤務対応病院情報を公開するなどして、子育て中の医師をバックアップしています。栃木県の進学状況は、宇都宮高校(平成26年度入試で医学部合格者33名)や宇都宮女子(同、13名)などがあります。また居住地によっては、首都圏への通学が可能な地域もあります。

栃木県のシニア採用求人

  • 栃木県の60歳以上の医師数は1001人で県全体では22.6%、全国平均を下回っています。施設形態別で見ると病院が303人、診療所が619人、そのほかが79人となっています。病院で10.86%、深慮所では43.5%の60歳以上医師が活躍していますが、全国平均よりやや低い割合になっています。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別

栃木県の転職動向

  • ■医師会が短時間勤務対応病院情報を公開

    栃木県では、周産期医療をはじめ、ドクターヘリを導入した救急医療に、無医地区のへき地医療に力を入れています。産科医を目指す方には産科医キャリアプラン支援制度や修学資金貸与制度などでサポートしています。また、へき地医療では県に設置したへき地医療支援機構で医療体制の充実と強化を図っており、周産期や救急、へき地医療といった専門の分野を学び、医師のスキルアップを目指す方におすすめの県です。

    ■厳しい医療環境への対応

    北関東エリアの医療環境は、かなり厳しい状況にあります。人口10万対医師数をみてみると、栃木県は全国でも低くなっています。特に、救急・産科・小児科の診療体制が危うくなっており、医師の募集があったとしても人員がいないため、充足しないこともあります。例えば、24時間体制で患者を受け入れる救急医療の現場は、医師不足による救急医療機関の減少で、医師1人の負担が増大しています。そこで、栃木県では、県内を10の救急医療圏に区分して、救急医療体制の整備を進めています。一方で、県民向けにリーフレットなどを作成し、初期・二次・三次の救急医療機関の機能分担と役割を伝え、不必要な救急受診を減らす呼びかけをしています。

    ■交通アクセスが良好な北関東エリア

    北関東エリアには新幹線を含む複数の鉄道が走っていて、3県の交通アクセスは良好です。栃木の宇都宮駅を起点とした場合、茨城の水戸駅まではJRで約1時間50分で到着します。東京駅までは東北新幹線利用なら約49分、JR宇都宮線の東京駅乗り入れと東海道線との直通運転される上野東京ラインならば、96分で到着します。車で移動する場合も。東北自動車道のほか、国道4号、新4号国道の広域幹線道路も複数走っていて、関東全域の交通アクセスは比較的良好です。お子様の教育環境としても恵まれていて、国立大学や医学部への進学率の高い学校が揃っています。

近隣の都道府県で探す