沖縄県常勤医師転職求人

沖縄県はリゾート地として有名ですが、美しい海やスローライフの魅力に惹かれて移住する人が多いことでも知られています。気候が温暖のために、高齢者にも身体への負担が少なく、伸び伸び過ごせ、外で活動する機会も多いことや、中国との交流を通じた医食同源の考え方が浸透していることなどが、長寿につながっているようです。県庁所在地の那覇市は、経済特区の指定地域でもあり、空港の物流ハブ化も進むなど、経済振興も盛んです。空路が発達しているため、大都市圏からはアプローチしやすく、ダイビングなど海洋レジャーを趣味にする医師の中には、3~5年の期間で沖縄勤務を希望する方もいます。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

沖縄県の高給与求人

  • 平成27年賃金構造基本統計調査によると、沖縄県の医師の給与は平均1170万円(平均年齢45.5歳)。全国平均1098万円(平均年齢40.0歳)よりやや高いですが、平均年齢も5歳以上高くなっています。高給与求人としては、呼吸器内科、整形外科(いずれも年収1400万円~1600万円)、産婦人科(年収1500万円~1800万円)などがあり、一般内科、循環器内科、腎臓内科、人工透析、泌尿器科で年収1600万円~1800万円の求人例もあります。

沖縄県の子育て支援有求人

  • 沖縄県では、平成27年時点で待機児童数が2052人と東京都に次いで全国2番目となっています。県内関係市町村では、平成25年に市町村待機児童解消計画を策定。認可保育園の増加や認定こども園の移行などにより待機児童の解消を目指しています。 沖縄県には、医学部進学で知られる高校の一つに私立の昭和薬科大学附属高校があります。平成28年度入試では、国公立大学医学部合格者が41名でした。また、私立沖縄尚学高校では、国公立大学に142名が合格、そのうち9名が医学部医学科に合格しています(平成28年度入試実績)。 琉球大学医学部では、沖縄県で将来の医療を担う強い意志がある人を対象に、推薦入試(地域枠)14名、推薦入試(離島・北部枠)3名の合計17名を募集しています(平成27年実績)。

沖縄県のシニア採用求人

  • 沖縄県の医師の平均年齢は、48.2歳で6、東京都、神奈川県に次いで全国三番目の低さです。60歳以上の医師数は、782人。県全体に占める60歳以上の比率は22.0%で、全国でも低い割合となっています。施設形態別でみると病院が312人、診療所が412人となっており、診療所で活躍しているシニア医師が多いようです。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別より

沖縄県の転職動向

  • ■高度に発達した救命医療を学べる場

    沖縄県の医療は、戦後アメリカ軍の軍医のサポートで再建されました。軍医にとって救命医療は最も得意とするところであり、今も沖縄の救命医療は極めて高く、先端機関もあり、後期研修医をはじめ救命救急の専門性を目指す医師にも注目されています。

    ■地域性を反映して総合診療科が発達

    沖縄県の人口10万人に対する医師数は、全国平均をわずかに上回っています(『平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査』厚生労働省)。しかし、地域により偏在が見られ、離島における医師不足が課題となっています。沖縄県は、日本有数の長寿県であり、高齢者も多く、また39の有人離島があるため、全科にまたがる診療が必要とされます。このため総合診療科が早くから発達しています。少子高齢化社会で求められるのは、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く診られる総合診療専門医と言われています。総合診療科を学びたい医師にとってはやりがいのある地域です。

    ■へき地医療支援

    医師の地域偏在の解消のために設立された沖縄県地域医療支援センターでは、琉球大学医学部附属病院・県立病院群・群星沖縄研修センターの研修システムを視野に入れ、地域枠の医師のキャリア形成をサポートすることはもちろん、沖縄県での研修を選んだ研修医のキャリア形成も支援しています。また、ゆいまーるプロジェクトでは、沖縄の離島医療に興味を持つ全国の医師を集めて、県内のへき地医療機関で働いてもらうためのネットワークを構築。沖縄のへき地医療を経験した医師が、全国各地の医療過疎地域で活躍することを目指しています。

近隣の都道府県で探す