沖縄県非常勤アルバイト求人

地域医療情報システムによると、医療介護需要予測指数(2010年=100)でみると、2020年には医療で111、介護で129となっており、医療は全国並み、介護は全国平均を上回った需要予測になっています。 厚生労働省が2010年に実施した「病院等における必要医師数実態調査」で非常勤の必要医師数(週当たり延べ勤務時間数を40時間で除して換算)を見てみると、全国の非常勤の必要医師数1628.4人中、沖縄県は19.0人。全体の1.167%を占め、全国で多い順に29番目、九州・沖縄県エリア内で5番目の数値となっています。 二次医療圏別に見てみると、南部が16.4人と一極集中の体を見せています。沖縄県で非常勤医師としてキャリアを積むには、やはり南部という選択肢になるでしょう。なお調査時点で、宮古、八重山の二次医療圏は、求人がありませんでした。

沖縄県の常勤転職に関する求人情報は、上記の常勤転職タブをクリックして下さい。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

沖縄県の高給与求人

  • 厚生労働省の公式発表(2010年「病院等における必要医師数実態調査」)によると、沖縄県の非常勤を含めた現員医師数に対する必要医師数の求人倍率は1.18倍で、全国平均の1.14倍を若干上回っています。アルバイトの時給は約8700円が平均的な給与水準です。これは、九州・沖縄県エリアの平均約8800円、全国平均の約9600円をともに下回る水準となっています。 沖縄県の求人理由で最も多かったのは「現員医師数の負担軽減(患者数が多い)」32.7%でした。これは全国で2番目に多い比率となっています。しかし、求人数や求人を行う医療機関がそれほど多いわけではないので、競争原理が働かず、比較的均一の給与額となっているようです。 沖縄県の時給換算給与額で、最も高いのは約2万2900円。全求人の23.0%が全国平均以上となっています(給与額はすべて2016年9月8日現在。リクルートドクターズキャリアに掲載されているアルバイト求人約5000件のデータ分析による)。

近隣の都道府県で探す