福島県常勤医師転職求人

福島県は東北地方の一番南に位置し、東京から約200km圏内にあり、東北新幹線の東京駅―福島駅間は最短で1時間22分、空路では大阪・京都・神戸・札幌へ短時間で移動できるなど、交通アクセスも便利です。東日本大震災の影響による医師不足は深刻で、震災前の2010年と比較して、2012年の病院の正規雇用医師数(短時間正規雇用を含む。医育機関の附属病院を除く)は、80人余り減少しました。県も病院側もともに働いてくれる方を熱望しています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

福島県の高給与求人

  • 福島県の医師の給与は、平成27年の政府統計によると平均1608万円となっています。県内の病院に勤務する常勤医師数は、東日本大震災の影響により震災前と比較してマイナスの状況が続いていましたが、平成26年以降プラスに転じています。ただし、県中地区や相双地区については、回復がみられるが依然としてマイナスの状況が続いています。

福島県の子育て支援有求人

  • 福島県は待機児童数401人(平成27年4月時点)と、東北エリアのなかでは宮城県についで多いです。福島県では教育・保育及び地域子ども・子育て支援事業の提供体制の整備を市町村が円滑に実施できるよう支援するとともに、広域自治体として必要な調整を図るため、「福島県子ども・子育て支援事業支援計画」を策定し、平成27年度から取り組んでいます。

福島県のシニア採用求人

  • 福島県の医師数は3810人。平均年齢は52.7歳で東北でもっとも高く、全国平均の49.8歳も上回ってます。60歳以上の医師数は1208人で、施設形態別で見ると病院が455人、診療所が649人、そのほかが104人となっています。60歳以上の比率が全国2番目に高く、シニアの医師が多く活躍しています。※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別

福島県の転職動向

  • ■地域医療支援センターを設置して、県外からも本格招へい

    福島県は、大きく落ち込んだ医師数と医療体制を確保するため、医師の県外からの招へい、医療施設の機能の強化など、医療提供体制の復興に力を注いでいます。医師の確保を目的に、2013年12月には「福島県地域医療支援センター」が設置されました。センターでは、県と医療機関が連携し、特に不足が著しい産婦人科・小児科・麻酔科の医師に対する研究資金貸与制度といった短期的な対策をはじめ、地方で勤務していても知識習得や技術向上を図ることができる研修機会の提供や、多様なロールモデルの紹介などを行っています。

    ■夜間救急外来には、県が側面から病院を資金援助

    福島県には、2012年時点で130の病院があり(200床以上44)、一般財団法人の病院も他地域に比べ多いのが特徴で、東京都をはじめとする多くの福島県外出身の医師の方が、福島県内の医療機関で地域医療に携わっています。県では、病院勤務医の負担軽減を図るため、開業医から夜間救急外来の診療応援を受ける場合は、応援を受けた病院を支援。また女性医師の復職には、6か月間の研修期間を設け、受講者の離職時の就業状況や離職期間等に応じてより柔軟な設定をしています。こうした県のサポートもあり、各医療機関でも産婦人科医、小児科医をはじめ、手厚い迎え入れ体制を取っているところも少なくありません。

近隣の都道府県で探す