秋田県常勤医師転職求人

秋田県は本州の東北部にあり、総面積は全国で6番目の広さです。人口は約102万人で、このうち老年人口(65歳以上)比率が約3割と全国でも特に高くなっています。県の老年人口の割合は今後も増加傾向にあり、高齢者向け医療の拡充、在宅医療ネットワークの普及が大きな課題になっています。県では行政と医療機関が地域と密着し、さらに医療を取り巻く周辺事業者との共同作業の必要性に対して高い意識を持っています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

秋田県の高給与求人

  • 秋田県の医師の給与は、平成27年の政府統計によると平均1526万円となっています。宮城県に次いで人口10万対医師数が全国平均を下回っています。地域による格差も顕著で、医師の募集・求人があっても充足しない地域もあります。北秋田医療圏の人口10万対医師数は全国平均の約半分にとどまっています。

秋田県の子育て支援有求人

  • 秋田県は待機児童数37人(平成27年4月時点)と、東北エリアの中では少ない水準です。秋田県は、対象年齢や出生順位を問わず対象施設を幼稚園、保育所から認可外保育施設まで広く設定し、医療費助成と保育料助成は全国トップクラスです。秋田県独自の女性医師支援窓口ネットワークを開設するなど、女性医師の仕事と育児、介護などの両立を支援しています。

秋田県のシニア採用求人

  • 秋田県の60歳以上の医師数は606人となっています。全体に占める60歳以上の比率は25.7%で、全国の同24.5%とt比べ、やや高い割合となっています。施設形態別で見ると病院が215人、診療所が327人、そのほかが67人となっていて、シニア医師は診療所で活躍されていると考えられます。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別

秋田県の転職動向

  • ■地域医療を支える医師を援助

    秋田県には現在75の病院があります。県立の総合病院がないため、市町村立病院と厚生連病院が、二次医療圏における中核的病院の役割を果たしています。 医師を目指す意思のある若者を育てる取り組みも秋田県では取り組んでいます。医師を目指す若者を増やすために、高校生を対象とした病院一日体験(夢実現・ドクターセミナー)を県内3病院で開催したり、将来、県内の公的医療機関等において医師として地域医療に従事しようとする医学生・大学院生・研修医に対し、修学・研修資金を貸与しています。さらに、秋田大学医学部付属病院に「医師キャリア形成支援センター」を設置し、専門研修医師のキャリアアップを支援しています。

    ■へき地医療での医師、施設数に課題

    秋田県は、県全域の9割が豪雪地帯に指定されています。秋田新幹線のほか奥羽本線などの鉄道、東北自動車道、秋田自動車道などの高速道路なども整備されていますが、雪による影響も少なくありません。人口10万人に対する病床数は概ね全国平均を上回っていますが、へき地医療では医師や施設数の不足があり、地域の実情に応じた医療機関相互の機能連携を目指しています。

    ■主要な都市へのアクセスが良好

    新幹線が通っていて、主要都市の交通アクセスはとても良好です。秋田新幹線・秋田駅から盛岡駅までも1時間半で往来できるようになりました。盛岡駅からは新幹線で約1時間半。首都圏へも3時間半で行くことができます。

近隣の都道府県で探す