宮城県常勤医師転職求人

宮城県は県内には19の基幹型臨床研修病院があり、178人の研修医を募集(平成27年現在)しています。仙台医療圏は、医師の総数の4分の3以上が集中し、救命救急センターが3カ所あるなど、県内の高度医療が集積しています。一方、周辺医療圏は高齢化が進行し、医師や医療機関の偏在が見られ、心疾患や脳血管疾患などに対応できる医師が求められています。また脳卒中などの急性期治療や産科、小児科の救急医療体制の整備が課題になっています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

宮城県の高給与求人

  • 宮城県の医師の給与は、平成27年の政府統計によると平均1406万円となっています。宮城県の人口10万対医師数は、県庁所在地のある仙台市を中心とした医療圏以外ではすべて全国値を下回っていて、仙台医療圏に偏在している傾向がみられます。そのため、二次医療圏単位又はより広域な単位で必要な医療サービスが提供されることを目指すとともに,病院間の再編・ネットワーク化を進めています。

宮城県の子育て支援有求人

  • 宮城県は待機児童数926人(平成27年4月時点)と、東北エリアでは最多なっています。宮城県では東北大学、医師会、医療機関などにより宮城県医師育成機構による支援事業がすすめられています。女性医師支援センターと連携し、短時間勤務の導入や院内保育の整備などが進められ、女性医師の働きやすい環境が整備されつつあります。また、県で職員として採用し、市町村立の病院へ医師を派遣する制度も実施。2年間市町村立の病院で勤務した後、県職員の身分のまま給与を貰いながら研修を受けられる仕組みが作られています。

宮城県のシニア採用求人

  • 宮城県の医師数は5407人で東北で最も多くなっています。医師平均年齢は50歳で全国平均の49.8歳とほぼ同じです。60歳以上の医師数は1367人で、施設形態別で見ると病院が438人、診療所が818人、そのほかが101人となっています ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別

宮城県の転職動向

  • ■医師の地域へを図る支援を実施

    宮城県では、各高校を訪問して医学生を対象とした奨学制度の情報提供を行ったり、自治体病院などが行う臨床研修事業に対して必要な支援を行い、若い医師が地域に定着するように努めています。また、自治医科大学卒業生の活用と県内への定着を図ったり、定年後の医師や、育児などで臨床を離れた女性医師の復職をサポートする環境整備も行っています。そのほか、救急医療体制の強化、周産期医療システムの集約化・重点化、小児救急医療体制の整備にも力を入れています。

    ■医師の仙台医療圏の偏在が課題

    宮城県の人口10万対医師数は、県庁所在地のある仙台市を中心とした医療圏以外ではすべて全国値を下回っていて、仙台医療圏に偏在している傾向がみられます。そのため、二次医療圏単位又はより広域な単位で必要な医療サービスが提供されることを目指すとともに、病院間の再編・ネットワーク化を進めています。

    ■がんのプロフェッショナルを要請するプログラムも

    現在、がんの全拠点病院で5大がんに関する地域クリティカルパスが整備されています。また東北大学と山形大学、福島県立医科大学および拠点病院などが連携した「東北がんプロフェッショナル養成推進プラン」により、専門の医師の養成にも力を注いでいます。急性期から、かかりつけ医までそれぞれの立場で、がん医療と取り組める土壌が整備されようとしています。在宅療養を支える機関のネットワーク化が進み、県内のがん患者の在宅看取り率は過去5年で約4ポイント上昇しています。「オンライン脳卒中地域連携パス」も稼働。12病院で稼働しさらに8病院が参加予定です。

近隣の都道府県で探す