宮城県非常勤アルバイト求人

厚生労働省が2010年に実施した「病院等における必要医師数実態調査」より、非常勤の必要医師数(週当たり延べ勤務時間数を40時間で除して換算)を見てみると、全国の非常勤の必要医師数1628.4人中、宮城県は 12.2人。全体の0.007%を占め、全国で39番目、北海道・東北エリア内では5番目に大きい数値となっています(ちなみに全国で最も多いのは、東京都189.3人〈11.625%〉、最も少ないのは岩手県3.0人〈0.002%〉)。 科目別では一般内科が4.2人がもっとも多く、次いで糖尿病内科、循環器内科、外科となっています。二次医療圏別に見てみると、栗原が4.7人と最も多く、ついで仙台が4.0人、大崎が2.1人となっています。 エリアに関しては比較的融通が効きますが、正規雇用や短時間正規雇用に対して、働ける時間が極端に短かったり、曜日限定の日当直勤務の求人がほとんどと言えそうです。

宮城県の常勤転職に関する求人情報は、上記の常勤転職タブをクリックして下さい。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

宮城県の高給与求人

  • 厚生労働省の公式発表(2010年「病院等における必要医師数実態調査」)によると、宮城県の医師の平均年収は1406万円で全国平均1206万円を上回っています。アルバイト求人の時給換算で約1万300円が平均的な給与水準です。これは、北海道・東北エリアの平均約9800円、全国平均の約9600円を上回る水準となっています。 なお、宮城県の時給換算給与額で、最も高いのは約3万3300円。全国平均以上は全求人の62.5%でした。 宮城県の求人理由で最も多かったのは「現員医師数の負担軽減(患者数が多い)」24.9%、ついで「退職医師の補充」22.0%でした。給与水準が高い理由はさまざまな要因が考えられますが、患者数に対して医師数が不足しており、また世代交代の時期にあるため、人材確保の必要があることも、その一つと考えられます。 (給与額はすべて2016年9月8日現在。リクルートドクターズキャリアに掲載されているアルバイト求人約5000件のデータ分析による)。

近隣の都道府県で探す