北海道非常勤アルバイト求人

地域医療情報システムによると、医療介護需要予測指数(2010年=100)でみると、2020年には医療で110、介護で120と増加傾向にあり、今後さらに医師不足が加速すると考えられます。 現在の求人ニーズは、厚生労働省が2010年に実施した「病院等における必要医師数実態調査」の非常勤の必要医師数(週当たり延べ勤務時間数を40時間で除して換算)を見てみると、全国の非常勤の必要医師数1628.4人中、北海道は 27.4人。全体の1.683%を占め、全国で22番目、北海道・東北エリア内では2番目に大きい数値となっています(ちなみに全国で最も多いのは、東京都189.3人〈11.625%〉、最も少ないのは岩手県3.0人〈0.002%〉)。 二次医療圏別に見てみると、南猿島が4.5人と最も多く、ついで札幌が4.4人、遠紋が3.1人となっています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

注目の施設のご紹介

すべての注目の施設紹介を見る

リクルートドクターズキャリアが独自に取材を行った、注目の施設をご紹介します。施設の特徴だけでなく、周囲の環境も含めてご紹介します。

医師が語る現場インタビュー

すべての現場インタビューを見る

医師のキャリアにとって重要な、職場でともに働く「同僚、上司」。そんな方々に、臨場感溢れる現場視点から経営に関する視点まで、職場の魅力をあますことなく語っていただきました。

高給与求人

  • 厚生労働省の公式発表(2010年「病院等における必要医師数実態調査」)によると、北海道の非常勤を含めた現員医師数に対する必要医師数の求人倍率は1.13倍です。全国平均の1.14倍とほぼ同水準です。アルバイト求人の時給換算で約1万円が平均的な給与水準です。これは、北海道・東北エリアの平均約9800円、全国平均の約9600円を上回る水準となっています。 給与水準が高い理由はさまざまな要因が考えられますが、患者数に対して医師数が不足しており、人材確保の必要があることも、その一つと考えられます。 なお、北海道の時給換算給与額で、最も高いのは約5万円。全国平均以上は全求人の57.6%でした(給与額はすべて2016年9月8日現在。リクルートドクターズキャリアに掲載されているアルバイト求人約5000件のデータ分析による)。

新着求人ピックアップ

近隣の都道府県で探す

病院情報を検索する

都道府県名、診療科目から全国の病院・クリニックを検索し、施設の基本的な情報から施設基準や医療機器といった働く上で必要な詳細情報まで調べることができます。