京都府常勤医師転職求人

京都府は、京都市への人口集中率が5割を超えており、京都盆地を中心とする南部と、日本海に面している北部とで、病院や医師数に格差が大きいのが特徴です。がんは京都府でも死亡原因の第1位を占め、心疾患ともに全国平均より多い一方、脳血管疾患による死亡者数は少なくなっています。高齢者を含むうつ病患者数が増加しており、精神科病院が少ない状況は、小児科、産科および産婦人科不足と共に早急に改善すべき課題になっています。

科目から探す

内科系
外科系
他科目
その他

市区町村から探す

京都府の高給与求人

  • 京都府の医師の平均年収は約1202万円となっています。全国の平均年収約1098万円、関西2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)の平均年収1122万円と比較して、やや高めになっています。 京都市以外では内科や外科の基本的な総合診療の可能な医師の確保が課題となっています。このため、役職待遇や医師賠償保険付帯、リフレッシュ休暇、通勤手当、住宅補助などの福利厚生を充実させている病院が多数あります。 ※「平成27年賃金構造基本統計調査」より

京都府の子育て支援有求人

  • 京都府の平成27年時点での待機児童数は6人。同じ関西の兵庫県718人、大阪府599人と比べて非常に少ない人数になっています。仕事と育児を両立しやすい地域と考えらてよさそうです。 京都市内の堀川高校(平成28年度入試で京大合格61名)、嵯峨野高校、西京高校は公立御三家とも言われ、高い合格実績を出しています。しかし公立の入試制度が複雑であり、制度改革を回避するために当初から洛南高校(同、60名)などの私立進学を目指すケースもあります。 京都府立医科大学では平成28年度推薦入試で定員7名の地域枠を設けており、府内高校に在学または卒業、または卒業前1年以上の居住などを出願要件にしています。京都大学では、地元で若手医師を養成確保するための地域枠は行われていません。

京都府のシニア採用求人

  • 平成26年度の政府調査では、京都府の医師の平均年齢は48.7歳で関西圏で最も低くなっています。府全体で60歳以上の医師の占める割合は約23.7%、全国平均の約24%と比べてやや低くなっています。施設形態別で見ると病院が約10.81%、診療所が約49.92%の比率。多くのシニアの方は診療所で活躍されているようです。 ※平成26年度医師数・平均年齢,性・年齢階級・従業地による都道府県-指定都市・特別区・中核市(再掲)別より

京都府の転職動向

  • ■全国トップレベルの医療で専門を磨く

    京都府は、医療および福祉業界年収が全国でもトップレベルに位置しています。特定機能病院に指定されている大学付属病院が2つあり、研修医、女性医師、若手医師数ともに増加しています。医療の専門性が高まるなか、外科の専門医は全国で最も多い一方、小児科、産科に従事する医師は減少傾向にあり、全国トップレベルの医療圏で専門を磨くチャンスがあります。一般病院では対応が困難な結核や慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群などの呼吸器疾患、パーキンソン病やALSなどの神経や筋疾患、長寿医療に加え、小児慢性疾患などの専門的医療機関もあり、求めるキャリアパスに応じた医療機関が豊富な地域です。

    ■京都府における医療に対する取り組み

    京都府は、医師の数は全国平均を大きく上回っていて、人口10万対医師数は全国1位。かなり恵まれた医療環境といえます。しかし、医療機関が京都市周辺に集中しているため、地域によって大きな格差が生じているのが現状であり、医師の求人(採用)ニーズにも偏りがあります。京都大学医学部附属病院と京都府立医科大学附属病院の2つの医大病院がある京都市を中心とした都市部の医療圏は、人口10万対医師数が全国平均の1.7倍であるのに対し、他の医療圏はすべて全国平均を下回っています。府民すべてに均等な医療環境を提供できるように、京都府は市町村や医療関係者と連携をとりながら、さまざまな対策を講じています。 周産期医療については、総合周産期母子医療センター(京都第一赤十字病院)とサブセンター(京都府立医科大学附属病院、国立病院機構舞鶴医療センター)、周産期医療2次病院(16病院)を中心に搬送・受け入れ体制を強化しています。 救急医療については、三次救急医療として3つの救急救命センター(京都第一赤十字病院、京都第二赤十字病院、国立病院機構京都医療センター)を指定しています。小児救急医療については、二次医療圏の地域の拠点病院が一般救急や内科、小児科との連携を強化し、休日・夜間の診療体制を確保しています。 また、がん・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病の4疾病に対して、各地域に拠点となる医療機関を指定し、相互の連携でハイレベルな対応ができる体制が整えられています。さらに、京都府立医科大学のほか、府内6医療圏にリハビリ支援センターを設置し、急性期から回復期、医事・生活期までサポートできる体制が構築されています。

近隣の都道府県で探す