産業医常勤医師転職求人

企業や工場を勤務先として、従業員の健康管理、メンタルケア、疾病の治療などを行います。企業と同じ勤務時間、土日休み、長期休暇など、安定して一般的な生活サイクルを送ることができるため、家庭生活を重視する方や、落ち着いた環境で働きたい方に人気の求人です。給与も企業の業績や体系に準じたものになるなど、医療機関とは異なってきます。しかし、基本的に超過勤務などがなく、オンコールや当直も無いので、安定した生活サイクルが可能で、近年特に人気が高まっています。産業医の資格は短期間で取得可能であることも人気の要因でしょう。

産業医の非常勤アルバイトに関する求人情報は、上記の非常勤アルバイトタブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

産業医の年収事情

  • リクルートドクターズキャリアに寄せられた転職(常勤)に寄せられた募集情報によると、病理科・病理診断科・臨床検査科の求人では、「1,000万円~1,200万円未満」が64.3%とこのゾーンに集中しています。2番目に多いのは「1,200万円~1,400万円未満」(17.9%)、続いて「1,400万円~1,600万円未満」(5.4%)となっています。高給与求人としては、関西( 1,500万円 ~ 1,800万円)、関東( 1,400万円 ~ 1,500万円)、北海道・東北(1,500万円)などの地域であります。求人の中心は従業員数の多い大企業や、常勤医を確保できるだけの経営体力がある企業に限られ、求職者も多いため、産業医は募集と同時に枠が埋まってしまうこともあります。

産業医の転職動向

  • ■産業医の採用ニーズ・転職動向

    産業医はその企業に就職して従業員の診療に当たることになります。そのため、待遇も企業の一社員ということになります。不況の影響で産業医をおく経営体力がある企業は減っており、求人は首都圏や大都市に集中する傾向があります。産業医としての転職を希望される方には狭き門となっているのが現状です。 勤務内容は、健診後のカルテ分析、労働衛生管理計画の作成、社員が体調を崩したときの応急処理などで、医療機関での業務内容とは大きくことなります。しかし、ストレス社会を反映して、従業員のメンタルヘルス力を入れているような企業からは産業医のニーズも高まっています。 産業医は、一般企業の職員と同じ扱いになり、給与体系も独特のものになります。産業医のニーズは大都市圏に集中していますが、リクルートドクターズキャリアに寄せられた転職(常勤)の募集情報によると、平均給与1000万~1200万円台となっています。
    参考サイト 日本産業衛生学会 https://www.sanei.or.jp/ 日本職業・災害医学会 http://www.jsomt.jp/

産業医と関連した科目から探す