消化器内科非常勤アルバイト求人

消化器内科の不足医師数は、常勤で必要医師数の14%にあたる991人、非常勤で39.7人(必要医師数の3%)となっています(全診療科目の必要医師数に対する不足医師数の割合:常勤で14%、非常勤で5%)。求人数の多さに比例し、医師に求められるスキルも医療施設の体制、病床数によって多岐に渡ります。アルバイト(非常勤)での募集も全国的に多い傾向にあります。非常勤の求人医師数を病床規模別にみると、500床以上が一番多く、次いで 100~199床、200~299床の順になっています。 ※平成22年6月1日現在 厚生労働省「病院等における必要医師数実態調査」より<◎診療科別現員、必要医師数、◎病床規模別・診療科別必要求人医師数(正規雇用+短時間正規雇用+非常勤)(都道府県別)>

消化器内科の常勤転職に関する求人情報は、上記の常勤転職タブをクリックして下さい。

エリアから探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

消化器内科の業務内容

  • 消化器内科のアルバイト(非常勤)の募集数は全国的に多く、求められるスキルは医療施設ごとに異なるため、業務も多岐にわたっています。リクルートドクターズキャリアの募集情報によると、消化器内科の非常勤の業務内容は、主に週1回~・日勤の外来ですが、 週1日~・夜診の外来、月1回の当直・日当直の救急対応・病棟管理など、豊富な求人が各地から寄せられれています。 内視鏡を使った手術の症例数を増やす目的でアルバイト(非常勤)を希望する方も多くいますが、現在は術後管理の関係から執刀医は常勤医師が担当することが多く、内視鏡手術を伴った募集はたいへん少なくなっています。

消化器内科と関連した科目から探す