医療法人徳洲会 古河総合病院

医師がストレスなく働ける環境をつくることで、
地域に愛され、頼りにされる医療体制を実現する

古河総合病院のある茨城県古河市は、同県西部にあり、栃木県や埼玉県とも隣接。
上野東京ラインや湘南新宿ラインで都心からのアクセスもスムーズだ。
医師を大切にする同院の取り組みについて取材した。

福江 眞隆
院長
◎1986年/筑波大学医学専門学群 卒業 筑波大学附属病院 ◎1991年/米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)心臓血管研究所(CVRI)留学 ◎1993年/筑波記念病院 外科医長 ◎2001年/龍ケ崎済生会病院 外科部長 ◎2004年/庄内余目病院 副院長◎2005年4月/三和記念病院 副院長 ◎2005年7月/古河総合病院 院長就任

福江 眞隆氏

榎本 善朗
麻酔科部長
◎1998年/獨協医科大学医学部 卒業 獨協医科大学越谷病院 ◎2010年/東埼玉総合病院 ◎2015年/古河総合病院 麻酔科部長
医学博士

榎本 善朗氏

麻酔科の常勤医として
手術室の環境整備にも携わる

「入職したのは、ちょうど当院が誕生10周年を迎えた2015年。それまでは非常勤の麻酔科医で対応しており、私が初の常勤麻酔科医でした。ここでなら一から自分のやり方で仕事ができる、と考えたのも当院に入職を決めた理由のひとつです」と語るのは古河総合病院・麻酔科の榎本善朗氏だ。さらに同院の院長が外科医だったことも転職の後押しをしたという。

「麻酔科医は外科系の先生方とセットです。転職先にどんな先生方がいて、どんな手術をしているのかは、麻酔科医にとっては死活問題。院長とじっくりと話をしたことで、当院の手術の現状や今後の方向性、職場の雰囲気なども知ることができ、不安を軽減することができました。院長が非常に気さくでさっぱりとしていたのも好印象。任せてもらいながらも、いろいろと気軽に相談できそうな雰囲気を感じました」と同氏は笑顔を見せる。

入職後は手探りながらも手術室運営を軌道に乗せていった榎本氏。院長を始め各外科系医師、看護師、事務スタッフの手厚いフォローも大きかった。加えて外科系のみならず、内科系も含めた他科との連携も良好で、麻酔科医としての仕事に専念できていると語る。

「外科系の先生方は術前に、麻酔の可否を必ず私に相談してくださいます。また、必要に応じて、内科の先生へのコンサルトも迅速に行っていただいております。こういった環境ですから安心して麻酔科業務ができています。また私が来てから間もなくして、手術室の改装を行ったのですが、外科系の先生方と相談しながら、私の考えも大きく取り入れてもらい、非常に仕事がしやすくなりました」

通勤にも便利な立地。
気軽にコミュニケーションも

「転職にあたっては、家族との時間をしっかりととれることを優先に考えました。現在は土曜、日曜、祝日の他、ウィークデーに1日、休みがありますので、オンとオフのメリハリもあり、切り替えることで日々フレッシュな気持ちで診療に取り組めています」

そう語る榎本氏は現在、埼玉県久喜市から通勤。古河までは電車で1本、自家用車でも30分足らずで到着するという。同院では都内から通勤している医師も多い。古河は東京や新宿等のターミナル駅から1本で来られる上、都心から逆方向となるので座っての通勤も可能だ。

「当院は医師を非常に大切にする病院だと思います。看護師や事務スタッフのみなさんは、医師が働きやすいように先回りして必要な手を打ってくれます。また、毎朝のミーティング等、情報の共有を行う機会も数多くあります」

また同院では年に1回、院長と常勤医師との面談を行っており、診療や働く環境について、医師の思いをしっかりとヒアリングする場としている。

「古河総合病院は医師の意見をよく聴き、そして尊重してくれる病院だなと実感しています。また医師やスタッフ同士が気軽にコミュニケーションを取っているのも当院の特徴ではないでしょうか。例えば、私が入職したてで困っていた時、すぐに看護師を中心としたスタッフのみなさんが飲み会に招待してくれました。それが診療面でも相談したり、サポートしてもらったりしやすい環境のベースになっています。感謝ですね」

丁寧な情報共有を行い、
診療に専念できる環境を

「この病院を笑顔あふれる、“親切”な病院にしたいのです。医療技術が高いのはもちろん、患者さんがストレスなく診療を受けられ、医師がやさしい、看護師がやさしいと感じていただける病院にしたい。そのためには、医師を始めとしたスタッフ全員がストレスなく働いていることが重要だと考えています」と語る古河総合病院の院長、福江眞隆氏。同氏はその思いを形にするために、まず医師やスタッフとのコミュニケーションの充実を図っている。

「毎朝、コーヒーを飲みながらのミーティングで1日を始めています。常勤医、非常勤医、そして各スタッフが顔を揃え、業務の引き継ぎを行うとともに、日常における小さな問題から、経営的課題まで、情報を共有しています。また年に1回行う医師との面談では、日頃思っていることや、将来への考えなど、じっくりと腹蔵なくうかがうことを心がけています。積極的に様々な提案をしてくれる医師もいて、皆で病院をつくっていくという意識が醸成されつつあることを感じています」

また、医師がストレスなく働ける環境の整備にも着手。例えば当直は基本的に非常勤医が担当。常勤医はほとんど4.5日の勤務で、勤務時間内の診療に集中できる体制が整えられている。残業も少なく、午後6時には医局にはほとんど人がいない状況だという。

専門性を活かしつつ、
プラスαの領域を身に付ける

古河総合病院は2015年に回復期リハビリ病棟を設けるなど、急性期から慢性期、回復期、療養期のすべてをカバーするケアミックス型の病院で、そこには多彩な医師の活躍の場がある。

「急性期を担う病院として、地域で充実した医療が提供できるよう、高い専門性は維持していきたいと考えています。現在、榎本先生のようなスペシャリティのある医師も揃ってきており、今後も専門性を活かしたいという医師は歓迎です。HCUをさらに活用できる体制も整えたいですし、今後は研修医もとれる病院にしていきたいと考えています。その一方で、地域の医療ニーズに応えるべく、慢性期や療養期医療、また健診などの予防医療にも注力したいですね」

同院ではさらに在宅医療も積極的に実施。福江氏も率先して診療を行っている。

「高齢者の在宅でのIVHの管理や、がん末期における痛みのコントロールを行う緩和ケア等、多くのノウハウを蓄積していますので、在宅医療を学びたいという意欲のある医師には丁寧に指導することができます。また当院は徳洲会グループに属しており、安定した経営基盤のもと、新しい事にチャレンジできる環境です。さらにグループ内には多彩な地域に、多彩な施設があり、希望すれば自分にあった働き方を選択することも可能です」

同院で地域医療に携わる中、将来開業を考える医師には、そのスキルも身に付くと語る福江氏。

「病院も、一人ひとりの医師も、今後は自身の専門領域に加え、プラスαの領域も身に付けていくことが重要になるでしょう。当院でともに新しい可能性に挑戦していただきたいと思います」

JR宇都宮線「古河駅」は、上野東京ラインで品川・東京方面から、湘南新宿ラインで渋谷・新宿方面から1本で繋がっており、都心部からのアクセスも軽快。

DATA

  • 医療法人徳洲会 古河総合病院
正式名称 医療法人徳洲会 古河総合病院
募集科目 消内・内・循内・透析・健診
給与 年収1,200万円〜2,200万円(税込) 卒後10年モデル給与実績1,500万円(税込)
※固定残業代は給与に含む。試用期間あり(試用期間中の勤務条件の変更なし)
業務内容 病棟管理(受持15人前後)・外来対応・救急対応(救急車数100〜120台程度・2次救急)
経験 卒後5年以上 ※当直できる方、歓迎
勤務日数 週4.5〜5日
勤務時間 9:00〜17:00 土曜日9:00〜13:00
当直 応相談可能
休日 日曜祭日・年末年始休暇4日、研究日週1回等
待遇 学会参加費用補助・保育所・遠方の方赴任費用や住居費用補助
勤務地 茨城県古河市鴻巣1555
交通 JR宇都宮線「古河駅」から車で約10分
TEL:
0280-48-0283
HP:
https://www.kogahosp.jp/