一般財団法人竹田健康財団 竹田綜合病院

高度専門医療から慢性期・在宅医療まで。
「会津地域の最後の砦」という自負を胸に
医療を中心とする地域の未来を創造する

会津地域における幅広い医療の担い手として、地域からの信頼も厚い竹田綜合病院。同院では創立90周年という節目の年に、未来へ向けたビジョンを明示。高度専門医療の推進と、独自の地域包括ケアシステムの構築を両輪として、新たな歩みを始めている。

本田 雅人
病院長
◎1988年/金沢医科大学医学部卒業、東北大学整形外科研修医、財団法人竹田綜合病院整形外科勤務 ◎1990年/国民健康保険総合水沢病院整形外科勤務 ◎1993年/国立療養所西多賀病院整形外科勤務 ◎1995年/財団法人竹田綜合病院整形外科勤務 ◎1997年/財団法人竹田綜合病院整形外科医長就任 ◎1999年/財団法人竹田綜合病院整形外科科長就任 ◎2002年/山鹿クリニック副院長就任 ◎2005年/財団法人竹田綜合病院院長就任、財団法人竹田綜合病院理事就任 ◎2013年/一般財団法人竹田健康財団竹田綜合病院院長就任、一般財団法人竹田健康財団理事就任(2013年4月1日公益法人制度改革に伴い財団名変更) ◎2018年/一般社団法人日本病院会福島支部支部長
■日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病認定医

本田 雅人氏

「ここに来れば何とかなる」
全てを診られる組織を目指す

会津若松のシンボルとしてそびえ立つ鶴ヶ城にほど近く、医療面での「会津地域の最後の砦」を自負する総合病院がある。昭和初期、45床の内科医院として開業し、瞬く間に診療の幅を広げ837床の総合病院に成長した、竹田綜合病院だ。

同院は2002年に地域との橋渡し役として、質の高い外来診療を提供する「山鹿クリニック」を併設。2009年に精神科医療に特化する「こころの医療センター」(204床)を開設し、2016年には県内最大級の容積率を誇る「総合医療センター」(633床)をオープンした。

同時に機器の充実も図り、ダヴィンチSiやMRI、3D内視鏡システム等の先進機器を導入。複数の診療科を横断する内視鏡外科の創設、局所麻酔での脊椎手術やダヴィンチを用いた外科手術、大学とネットワークを結んでの脳神経内科・病理科での遠隔診断等、次々に多様な取り組みを展開し、急性期医療・亜急性期医療・高度専門医療を推進している。

また一方では、地域の暮らしになくてはならない周産期医療や小児入院医療、慢性期医療、在宅医療等にも注力。広大な会津地域に住む人々の健康を守る基幹病院として、大きな役割を担っている。

現在、これらの目覚ましい発展を牽引するのは、1995年に入職、2005年に院長に就任した本田雅人氏だ。

「私が最初に赴任したのは1988年で、研修医の時。その頃から当院は既に“どんな病気でもここに来れば何とかなる、何とかする”という病院でした。当院では昔から、“自分たちで高度急性期から介護まで全てを診られる組織にしたい”という強い思いがあり、先進的で挑戦する意欲に富んだ文化が醸成されているのです」

竹田綜合病院を中心とする
「メディカル・タウン」を創造

竹田健康財団では、創立90周年を迎えた2018年を、新たなスタートの年と位置付けた。そして「信頼されるヘルスケアサービスを提供し地域に貢献する」ため、2020年に向けての新たなビジョンを発表した。その3つの柱は、❶地域包括ケアシステムの構築❷ICTの活用による医療・介護の質の向上と地域振興❸国際化と人材育成の推進だ。

「当院を中心に法人関連施設と連携し、地域の中で医療・介護・生活支援サービスを一貫して提供できるメディカル・タウン的な街づくりを“竹田地域包括ケアシステム”と命名。看護小規模多機能型居宅介護事業所の開所、法人内の医療施設を新築移転して療養型病院とする計画等を進めています。また、小児医療にもさらに力を入れ、ベッドスクールの設置や、児童発達支援を行っています」

遠隔診療・オンライン診療は既に始まっており、今後はビッグデータやAIの活用も図られる。産・官・学との連携で、地域振興にも携わっていくという。

同院はかねてより教育にも重きを置いており、研修医の受け入れでは、7期連続してフルマッチング。中国荊州市の公立病院から定期的な医師の留学・研修を受け入れ、学術交流も行う等、広い視野で次世代を担う人材育成にも注力。近い将来の医療のグローバル化を見越し、インバウンド患者の受け入れ態勢も着々と整備している。

同院は、医療という面から独自に会津地域の未来図を描き、その充実へ向けて力強く着実に歩みを進めているのだ。

経験を活かし技術を深める
自身が飛躍するステージがある

成長を続ける同院では現在、トリアージができる内科のジェネラリスト等の人材を必要としている。本田氏は笑いながら、「目指す医療を実現するには、あと50〜60名ほどの医師の力が必要です」と言う。

同院は常勤医だけで116名、病院職員数は1,600名を超える大所帯だが、その動きは自由で柔軟。医師同士も、垣根を感じることなく協力し合える。

「当院は“学閥”“縦割り”とは無縁。“お互い様の精神”で、困ったら助け合うという気風が根付いています。伸び伸びと、診療に邁進していただきたいと思います」

院内には24時間託児所があるが、要望があれば託児所の保育士が自宅へ伺うベビーシッター制度等も導入。働き方でも、人に寄り添う柔らかさがある。また、一旦業務を離れれば、本田氏も研修医たちとともに石垣島や指宿のフルマラソンに参加する等、人間関係も良好だ。

本田氏は「入職先を選ぶときに大切にするべきことは一つだけ。自分が望むことができるかどうかです」と言う。

「当院でダヴィンチ助手の資格を取った方、統括する専門医のもとで急性期・内部障害・在宅・回復期など幅広いリハビリテーションの経験を積む方もいらっしゃいます。総合診療では、院内に様々な領域の高度な専門家がおり診断の結果がフィードバックされるため、ご自身のやりがいや成長にもつながります。科に関わらず、症例数が多いため、技術を深めていくことも可能です。研修医をはじめ若い医師も多いので、ご自身の経験を活かした教育にも携わっていただけます」

専門に特化したい方、幅広く診たい方、積極的に地域に出て行きたい方、あらゆる方に門戸が開かれている。柔軟な職場環境・最新鋭の設備、そして未来への明確な展望が揃った同院で、新たな地域医療の創造に携わっていただきたい。

「コメディカルも含め病院全体が親切で、若い人を育てたいという思いがあるため、研修医は安心して医療に打ち込めるのでは」と本田氏(中央)。写真はマラソン大会で。

TOPICS会津地域の人々のために、いち早く先進医療を導入

【2017年度実績】
ダヴィンチSi 泌尿器科 65件/救急搬送人数 7,037件

高度先進医療システム「Biojet」を導入
東北地方での先駆けとなる、高度先進医療システム「Biojet」を導入。前立腺がん検査において、MRI画像とエコー画像をリンクさせ、がんの存在部位を的確に把握。さらに、ダヴィンチSiの手術に活用し、より精度の高い手術を実現した。
各領域を統合する「内視鏡外科」を設置
消化器外科・泌尿器科・産婦人科・呼吸器外科・整形外科という異なる領域のノウハウを持ったスペシャリストが『内視鏡外科』という1つのチームを結成。多様な疾患を併発する患者にも、最善の手術を提供することが可能となった。
オンライン診療の開始
2019年4月からはタブレット端末を用いたテレビ電話での診察を開始。調剤薬局等との連携も図り、比較的症状の安定したパーキンソン病患者から導入する。

DATA

  • 一般財団法人竹田健康財団 竹田綜合病院
正式名称 一般財団法人竹田健康財団 竹田綜合病院
募集科目 消内・呼内・緩和・麻・健診
給与 年収1,200万円〜2,000万円(税込) 卒後5年モデル給与1,200万円 ※固定残業代は給与に含む。試用期間なし
業務内容 外来診療、病棟管理、内視鏡検査 麻:手術麻酔管理 健診:健診ドックの問診・所見記入
経験 不問
勤務日数 週5〜5.5日
当直 2〜4回/月 ※当直料別途支給
勤務時間 8:30〜16:45
休日 日曜日、第2・4土曜日、祝日、年末年始5日・夏季5日
待遇 社会保険完備、学会参加費補助、24時間託児所
【施設情報】
診療科目
内・循内・外・整外・小児 他25科目
病床数 837床
医師数 常勤116名
勤務地 965-8585 福島県会津若松市山鹿町3-27
交通 JR磐越西線「会津若松駅」から車で約10分
TEL:
0242-29-9893
HP:
http://www.takeda.or.jp