一般財団法人 竹田健康財団 竹田綜合病院

“あたたかい心とたしかな医療”で
会津地域の今と未来を担う

約90年にわたり会津若松で医療に携わり、地域からの信頼を得てきた竹田綜合病院。
新たな総合医療センターの誕生と共に、新しい時代が始まっている。

本田 雅人
病院長
1988年/金沢医科大学医学部卒業
1988年/東北大学整形外科 研修医 勤務
1988年/竹田綜合病院整形外科 勤務
1990年/水沢市国民健康保険総合水沢病院整形外科 勤務
1993年/国立療養所西多賀病院整形外科 勤務
1995年/竹田綜合病院整形外科 勤務
1997年/竹田綜合病院整形外科 科長就任
1999年/竹田綜合病院附属山鹿クリニック 副院長就任
2005年4月/竹田綜合病院 病院長就任

本田 雅人氏

新医療センターの誕生で
飛躍する「地域医療の最後の砦」

かつての会津藩の城下町、緑豊かな会津若松の地に約90年前に開院した竹田内科医院。この小さな街の医院は、「最高の医療を全ての大衆に」という創設者の理念のもと、地域のための医療を行い、人々の信頼に支えられ、やがて大きな病院へと発展していった。それが現在、30万人医療圏である会津地域の基幹病院として、急性期医療・亜急性期医療・専門医療の中心的役割を果たしている「竹田綜合病院」だ。

「当院は昔から、“会津地域の医療の最後の砦”という意識で日々の業務に臨んでいます」と語るのは、約20年の長きにわたり同院に勤務する、病院長の本田氏だ。

この本田氏の言葉通り、同院では24時間・365日の救急診療、小児科入院医療、NICUを持ち、年間約1000件の出産がある産婦人科医療等、日本各地の地域医療において課題とされる分野での、医療の継続的提供に取り組んできた。

そして2016年12月、5年がかりで建設を進めていた「総合医療センター」のグランドオープンを迎え、同院は“あたたかい心とたしかな医療”を掲げる新病院として、新たなスタートを切った。先行して完成していた「こころの医療センター」と合わせて総病床数は837床、100名を超す医師を含めた総職員数は1529名、単独の建物としては県内最大級の容積率を誇る。建物は10階建ての1階に救急室、2階には放射線診断装置等を備えた各種検査部門、4階にはICU、HCU等を配置し、3階の医局にいる医師は、短い縦の動線でストレスなく素早く移動できる。以前に比べ、患者・職員両者の利便性が格段に高まった。

「このグランドオープンに先立ち、県内ではまだ数少ない手術支援ロボットのダ・ヴィンチSiやPET - CT装置、MRT(強度変調放射線治療)や体幹部放射線治療といった高精度放射線治療に対応する機器等、最先端の機器類も数多く導入、活用しています」、と本田氏。

例えば、泌尿器科での前立腺のダ・ヴィンチ悪性手術はこの2年間で100件に及び、会津地域の医療の進歩・充実に寄与している。

多領域のスペシャリストが集う
内視鏡外科の新設

また同院は、ハード面の充実だけではなく、ソフト面でも様々な取り組みに挑戦している。その一つが、総合医療センターのグランドオープンと同時に誕生した内視鏡外科だ。これまで同院では、外科・泌尿器科・産婦人科・呼吸器外科・整形外科において、各科ごとに内視鏡下手術を行っていた。しかし、これらの科の垣根を排し、領域の異なるスペシャリストが所属する、内視鏡外科を新設したのだ。

これによって、診療科ごとに異なる内視鏡下手術の技術を他領域でも共有・応用することが可能となり、治療の幅が広がり、各医師の技術の向上も期待される。

「近年の医療は細分化・専門化が進む方向にあります。それに逆行するような発想の、複数の診療科を横断する内視鏡外科というのは全国的に見ても珍しいのではないでしょうか。まだスタートしたばかりの科ですが、今後は例えば3D内視鏡システム等のできるだけ新しいもの、いいものを取り入れていきたいと考えています」

研修医5期連続フルマッチングは
学びの質と働く環境の充実の証

同院は、教育病院としても定評がある。独立管理型の研修病院であり、毎年日本各地から多くの研修医を受入れ、5期連続フルマッチングとなっている。会津地域独自の研修システム「会津日新館プログラム」で、地域内にある他の2つの研修病院で研修を受けることも可能で、漢方内科等、同院にはない領域も学ぶことができる。

また、軽度から重度まで豊富な症例が集まり、プライマリ・ケアからしっかり関われるため、多くの症例を積みたいという医師にとっても学びの環境が整っている。そして、医師のみならず職員も向学心が高く、事務部門も含め、様々な職種が参加する院内学会を定期的に開催。優秀者は表彰して全国学会に推薦し、発表を行っているという。

このように人の育成に力を入れる同院では、人が働きやすい環境の創設にも重きを置いている。

「当院は研修医やリハビリスタッフをはじめ、若い人も多く在籍しています。そういう人々が働きやすく、相談しやすい環境作りを心がけています。医師は100名以上いますが、科や出身大学による垣根はなく、仲の良い職場です。私も現場に出て、若い人たちと一緒に様々な話をすることが多いですね」

福利厚生も充実させており、院内託児室を設置し24時間・365日の育児サービスを実施。産休や育休後の復帰もスムーズで、子育て中の医師にも働きやすい職場となっている。

次に見据える未来の姿は
メディカル・タウンの展開

総合医療センターの完成という一つの大きな仕事を成し遂げた今、本田氏はすでに次のステップを見据えているという。

「ゆくゆくは地域包括ケア構想に対応すべく、当院を中心に周辺に居住、介護、福祉等の施設を集約し、メディカル・タウンを展開したい、と考えています」

まだ夢の段階、と本田氏は笑うが、既に病院の隣に同財団の“21世紀の外来診療のモデルとして会津地域のシンボルとなることを目指す”「山鹿クリニック」が開業。同院との連携を始めており、夢の実現はそう遠いことではないかもしれない。

「1人の力は限りがありますが、2人、3人と増えるに従い、できることは広がるもの。当院では様々な職種の人々が力を合わせて、病院全体で1人の患者さんを治すというイメージをもっており、大概のことは乗り越えていけます」

そんな同院では今、会津の未来を共に担う医師の入職を求めている。

「当院は地域の皆様に頼られる病院。日々の仕事の中で患者さんからの信頼を実感することが多々あります。その患者さんからの信頼を受け止め、責任感を持って応えてくれる医師と共に、次の目標へ向かっていきたいと思います」

本田氏が専門としている脊椎内視鏡手術。

ロボット支援下前立腺全摘術も積極的に行う。

東北地方では初導入となるレボリューションCT。

病院長はじめ、若手からベテランの医師が毎年マラソン大会に参加。大会参加中に人命救助を行い感謝状をもらったこともある。

DATA

  • 一般財団法人 竹田健康財団 竹田綜合病院
正式名称 一般財団法人 竹田健康財団 竹田綜合病院
募集科目 消内、呼内、神内、麻、精
給与 年収1,200万円~2,000万円(税込、当直手当・救急診療手当等込)
勤務日数 週5.5日 ※応相談
当直 救急当番応相談
勤務時間 8:30~16:45(平日、第1・3・5土曜日)
休日 第2・4土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)、夏期休暇、慶弔休暇他
待遇 社会保険完備、交通費支給、学会出張費支給、引越費用実費負担、院内託児室(24時間・365日)
勤務地 福島県会津若松市山鹿町3-27
交通 JR磐越西線「会津若松駅」から車で約10分、会津若松ICから車で約20分
TEL:
0242-29-9893
HP:
http://www.takeda.or.jp/