一般財団法人 脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院

あくまでプライマリ・ケアにこだわり、
同時に先進医療をグローバルに展開する
医師として実力を磨き、発揮できる環境

総合南東北病院は、福島県・県中地区の中核病院であり、がん治療、脳神経・循環器疾患の三大疾病すべてに高度な治療を提供している。同時に地域医療の要として、プライマリ・ケアに最優先に取り組んでおり、医師が価値ある経験を豊富に積める場となっている。

寺西 寧
院長
◎1978年/福島県立医科大学医学部 卒業 福島県立医科大学附属病院第一外科 fellow ◎1988年/奥羽大学外科学講座 教授 ◎1989年/福島県立医科大学附属病院 講師 ◎1994年/財団法人 脳神経疾患研究所 入職 財団法人 脳神経疾患研究所附属 南東北病院(現・総合南東北病院)副院長 ◎2005年/一般財団法人 脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院 院長

寺西 寧氏

急性期医療からがん治療まで
充実した医療で地域に貢献

総合南東北病院は1981年、南東北脳神経外科病院として誕生。その後、単科病院から総合病院となり、さらには診療所、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、身体障害者療護施設等を展開するグループ病院へと発展している。

当初は脳外科疾患、くも膜下出血、脳卒中、外傷等の急性期の病院として地域医療に取り組んできたが、日本人の死亡原因第一位が脳卒中からがんになり、心臓血管疾患と合わせ三大疾患と呼ばれる時代に。そこで「どんな疾患でも治したい」「地域で医療を完結させたい」という病院トップの思いから、診療科の増設が進められた。その折、がん治療を専門とする消化器外科医として1994年、副院長に着任したのが、現院長の寺西寧氏だ。

「同時期に一般外科や泌尿器科、消化器内科といった診療科の医師も入職し、医師の数も増え、次第に患者さんの全身にわたる疾患にも対処できる総合病院へと成長していきました。さらに、低侵襲で体への負担が少ない医療技術を導入するなど設備への投資も積極的に行い、地域において先進の医療を提供できる体制が整ってきました」と同氏は語る。

サイバーナイフや陽子線治療を導入
科を横断し医師の治療の選択肢を広げる

同院では、がん治療においては特に充実した環境を整えている。2008年には国内の民間医療機関初の陽子線治療施設である『南東北がん陽子線治療センター』を開設。リニアックやIMRT、小線源治療、サイバーナイフ等の放射線治療装置も導入しており、来年にはBNCTも開始予定だ。

「現在当院には、読影の専門医、放射線腫瘍医も含め、多数の放射線専門医が所属しています。私自身は消化器外科医ですが、先進の放射線治療を導入することで、例えばこれまで手術が難しかった症例も、手術できる段階まで持ってこられるなど、外科手術の適応範囲が非常に幅広くなったと実感しています。放射線をピンポイントで照射できる技術で、正常な臓器へのダメージを抑え、臓器の温存を可能にすることで、術後の合併症の軽減にも繋がっています」

先進のがん治療においては、内科、外科、放射線科の連携が重要になる。総合南東北病院では、それが非常にスムーズにいっていると寺西氏は語る。

「先進の放射線治療が外科の適応を広げてくれるように、各専門科が連携し、情報を共有することで、よりその患者さんに合った治療を行うことができます。その経験値を積むことは、医師の治療に際しての選択肢を広げ、スキルアップに繋がります。当院では診療科ごとの垣根は極めて低く、キャンサーボードでは総勢20名ほどの医師が集まり、“総合力でがんに向き合う”ことをスタンスに、常に新たな可能性を追求しています」

プライマリ・ケアをベースに
地域医療の中核的存在に

総合南東北病院はDPC病院としての因子では診療密度、高度な医療技術、重症患者に対する診療など、優れたレベルにあることが裏付けられており、同院には県の内外はもとより、広く海外からも患者が訪れている。現在、病床の稼働率における県外の患者の割合は10%に及ぶという。今後もグループとしてグローバルな展開を図っていく予定だが、何より同院のベースとなっているのは、地域にしっかりと根を下ろしたプライマリ・ケアにあると寺西氏は語る。

「確かにがん治療において高い評価を得ていますが、当院はあくまで総合病院であり、がんセンターではありません。地域の健康を守るという使命を果たすためには、総合的な診療が重要です。社会の高齢化が進み多病の患者さんも増え、疾病はがんのみに留まらず、さらに急性期はもちろん回復期、慢性期医療も視野に入れる必要があります。当院ではグループ力も生かしながら、患者さんをトータルに診ていくことを目指しています。それが今後、医療機関に求められる役割であり、同時に医師一人ひとりにも求められるものではないかと考えています」

同院では年間の手術件数が6,000件を超え、救急搬送も年に約6,000件に及ぶ。また病床稼働率も100%に届く。経営基盤は安定しており、数年後には新病院の建設を予定するなど、人や設備への投資も積極的に行うことが可能となっている。

「今後、医師に求められるスキルを身に付けていくためにも、当院におけるこの豊富な症例数は大いに価値あるものだと思います。 外科手術、ESDなどの実績も県内トップクラスを誇っており、何より幅広く、数多くの症例を積むことによって、医師としての実力を磨けるのではないでしょうか」

一人ひとりの患者を通して
医師としての次のステージを探る

一つの専門を持った医師が、他の様々な症例も診るプライマリ・ケアに取り組むことは、新たな挑戦だ。その挑戦をしっかりと受け止める環境も、同院にはあると寺西氏は語る。

「がん治療の場合と同様に、異なる診療科同士が非常にスムーズに連携し、チームとして一人ひとりの患者さんに向き合っています。その中で、お互いの専門分野に関し情報交換するなど、コミュニケーションは日頃から極めて良好です。これはまだ診療科が少ない時代から、みんなで知恵を出し合い、フラットな関係で、より患者さんのためになる医療を追求してきた中で育まれた、当院の風土かもしれません」

同院は専門医、指導医が数多く在籍し、意欲のある研修医にも積極的に選ばれている。学ぶ環境は充実しており、臨床からの論文作成を支援する制度もあるという。

「多くの患者さん、そして症例を診ることで、医師はスキルアップできるものです。都心部の大きな医療機関では、なかなか経験値を積むことが難しい場合もあるでしょう。当院は都心部から新幹線で約1時間半という距離にありながら、幅広く豊富な症例に触れられる場があります。この環境を生かし、一人ひとりの患者さんを通してプライマリ・ケアの腕を磨き、新たなキャリアを積んで次のステージを目指したいという医師を待っています」

TOPICS「ダヴィンチXi」による手術が
保険適応となり本格稼働

総合南東北病院では手術支援ロボット「ダ・ヴィンチXi」が本格稼働。2018年7月の手術運用開始以来、手術件数は12月20日現在で胃がん11症例、直腸がん14症例を数える。胃と直腸の手術は同年12月1日に施設基準が認定され、保険適応となっている。今後は「ダヴィンチXi」による手術の保険適応範囲を泌尿器、肺などにも広げるべく、さらに実績を高めていく予定だ。

DATA

  • 一般財団法人 脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院
正式名称 一般財団法人 脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院
募集科目 脳外、外科、消内、循環、泌尿、放診、放治、眼科、その他
給与 1,000万円~1,800万円(税込) 別途実績評価加算有 ※卒後10年モデル給与/1,200万円以上(税込) ※固定残業代は給与に含む。試用期間なし
業務内容 外来、病棟管理、救急対応等
経験 不問
勤務日数 週5~5.5日
当直 2~3回/月 ※当直料別途支給
勤務時間 8:30〜17:00
休日 日曜日、祝祭日(4週7休制)、有休休暇
待遇 学会参加費用補助、転居費用補助、家賃補助等、退職金制度
勤務地 福島県郡山市八山田7-115
交通 JR「郡山」駅から車で約10分
TEL:
024-934-5322
HP:
http://www.minamitohoku.or.jp