郡山医療生活協同組合 桑野協立病院

多くの人の想いから生まれた、
「地域まるごと健康づくり」を目指す
郡山エリアの医療の要となる存在

桑野協立病院は、健康で長生きしたいと願う地域の人々が協同して設立した郡山医療生活協同組合が運営する病院である。その願いを実現するため、外来・病棟・在宅における診療から、保健・予防活動、健康診断、介護予防・介護サービスまで、幅広い取り組みを進めている。

坪井 正夫
郡山医療生活協同組合 理事長
兼 桑野協立病院 院長
◎1971年/福島県立医科大学 卒業 東北大学医学部大学院 研究生 ◎1976年/山形大学医学部第2内科学講座 助手 ◎1980年/同 講師 ◎1982年/取手北相馬保健医療センター医師会・病院 内科医長 ◎1984年/佐藤胃腸科外科病院 副院長 ◎1987年/会田病院 診療部長 ◎1989年/桑野協立病院 入職 ◎1998年/同院 院長(2016年4月まで) ◎2015年/郡山医療生活協同組合 理事長 ◎2018年/桑野協立病院 院長

坪井 正夫氏

栗原 修司
医局長
◎1984年/福島県立医科大学 卒業 医療生協わたり病院 入職 ◎1986年/桑野協立病院 入職 ◎1988年4月/国立がん研究センター 研修 ◎1988年10月/関東逓信病院 研修

栗原 修司氏

1974年の創立以来
地域社会の健全な発展に寄与

郡山医療生活協同組合は1972年に創立総会が開催され、1974年に眼科と内科を持つ桑野診療所を開設。1980年には53床を有する桑野協立病院となった。その間、1977年に訪問看護と定期往診を開始するなど、早くから在宅における医療にも取り組んでいる。

「現在の郡山市の中部地域あたる桑野村は、明治以来の開拓地でした。この地にあって、人々が等しく医療を受けられ、健康的に暮らせる環境を整えたいと考えた多くの先人たちの想いから、当院は始まっています。その想いは今も受け継がれており、地域社会の健全な発展への寄与を追求しています」と語るのは、桑野協立病院院長の坪井正夫氏だ。

同院開設後も、郡山医療生活協同組合は、デイサービスセンターや小規模多機能居宅介護施設、グループホーム、サービス付き高齢者住宅等を開設し、郡山市委託事業として地域包括支援センターも運営するなど、まさに地域の健康にトータルに関わる存在として、大きな役割を果たしている。

急性期から在宅までトータルな
医療ニーズに丁寧に応える

「当院は一般急性期病床21床、地域包括ケア病床62床、療養病床37床の計120床を有しており、訪問看護ステーションも設置。目指しているのは、急性期から回復期、療養、そして在宅まで地域の医療ニーズに丁寧に応えていくことです。それにより『地域まるごと健康づくり』を進めたいと考えています」

坪井氏が語るように、同院ではマルチスライスCTや電子内視鏡等の検査機器を揃え急性期に対応する他、通所および訪問リハビリテーションも行っている。また在宅に関しては、在宅療養支援病院として、100名近い患者に対し、在宅医療を実施している。

「より専門的な治療が必要な急性期の患者さんに関しては、例えば近隣の総合南東北病院などと連携、紹介しています。また地域の診療所が担当している在宅の患者さんに関して、入院が必要となれば当院で受け入れるなど、地域の各医療機関との連携に努めています」

同院では健康診断や保健指導等予防医療を実施、地域による保健学習や健康づくり活動も積極的に支援している。

「地域に暮らす人がどのように暮らしていきたいか、それぞれの想いに寄り添った医療活動を展開していきたいと考えています。郡山の地に愛着を持って、皆が健康に暮らせる地域にしたいという医師に来てほしいですね」

居心地の良い家庭的な雰囲気の中
シームレスな医療を経験

桑野協立病院で医局長を務める栗原修司氏は研修医として同院に入職。「居心地が良くて、そのまま長くここにいることになりました」と笑う。同氏が入職した当時は、まだ病院の規模も小さく、家族的な雰囲気であったという。

「医師も職員もフレンドリーで、病院を支える組合員さんの顔も見え、病院の行事には皆で参加するなど、とてもアットホームでした。今は病院も大きくなり、組合員さんも増えて以前のように皆で集まることはなかなか難しくなってしまいましたが、コミュニケーションは取りやすく、風通しが良いのは現在も同じだと思います」

同氏は消化器内科が専門だが、現在は地域の医療ニーズに応え、内科全般にわたる総合診療を担当している。

「当院では健診、外来、病棟、在宅とシームレスな医療を展開しており、その中で多くの患者さんと出会うことによって学べた部分も多かったと思います。在宅医療では、その患者さんがどのような環境で暮らしているのかを知ることができ、日々の診療に活かすことができますし、健診では自身の専門分野である内視鏡検査の症例を豊富に積むことができました」

多職種の連携がスムーズに機能
それぞれがオフの充実も実現

地域におけるシームレスな医療の展開には、多職種による連携がスムーズに機能していることが重要だと語る栗原氏。

「地域を幅広く診ることは、医師一人の力では限界があります。入院や在宅の患者さんの状況の変化に対応するために、当院では医師や看護師、各スタッフがそれぞれの役割を果たしつつ連携を密にしており、チームとして非常に機能していると思います。日頃から患者さんの情報を共有し『こうなった場合はこうしよう』と、状況を想定した判断や指示を確認しておけば、迅速に対応できます。それにより当院では、オンコールも極めて少なくなっており、オンとオフの切り替えも、スムーズにできる環境です」

趣味はガーデニングと釣りだという栗原氏。自宅の庭ではクリスマスローズやクレマチス、バラなどを育て、また釣りは県内にある奥只見湖などでレイクトローリングを楽しんでいると語る。

「当院の医師やスタッフは様々な趣味を持っている人が多く、他にも新潟まで出かけ海釣りを楽しむ人や、近くのゴルフ場で腕を磨く人など身近な自然の中でオフの時間を充実させています。“人間”に興味を持ち、地域の患者さん一人ひとりと向き合いたい、人生を楽しみながら、じっくりと長く地域医療に携わりたいという医師にとって、充実した環境が用意されています」

TOPICSともに地域、そして患者に寄り添い、
健康な暮らしを支えるチーム医療を

看護部長
石井 智子氏

「桑野協立病院は医師、看護師、OT、PT、MSW、薬剤師など多職種とのカンファレンスを定期的に行っています。また、訪問診療と訪問看護に関しても医師と情報を共有し、お互いの業務のサポートをしています。病院の中には所々に医師が作った折り紙飾りがあり、季節感と華やいだ雰囲気を醸し出しています。患者さんばかりではなく、地域で暮らす組合員さんの健康づくりのお手伝いや、住み慣れた地域で、その人らしく生きることを一緒に支えていただける医師をお待ちしています」

事務長
小島 新一氏

「当院は組合員の皆さんに支えられている病院です。時には運営に関し厳しい声もいただきますが、“自分たちの病院”という意識も高く、温かく見守っていただいていることを実感しています。スタッフ一人ひとりが課題や成果を認識できること、また、やりがいを持って業務ができるように、経営面の透明度を高くしています。子育て世代にも働きやすい柔軟な勤務体制を考えるなど、ドクターが存分に、安心して地域医療に力を発揮できる環境づくりに取り組んでいます。地域住民に寄り添い、安心して暮らせる健康な社会づくりを目指すドクターをお待ちしております」

DATA

  • 郡山医療生活協同組合 桑野協立病院
正式名称 郡山医療生活協同組合 桑野協立病院
募集科目 消内・循内・呼内・眼・整外
給与 年収1,200万円〜(税込) 給与に関しては応相談 ※固定残業代は給与に含む。試用期間なし
業務内容 外来、病棟管理、検査、訪問診療、健診
経験 不問
勤務日数 週5.5日
当直 3〜4回/月(当直料別途支給)
勤務時間 8:30〜17:00
休日 4週6休制、日曜祝日、木曜午後、年末年始5日、夏期5日
待遇 社会保険完備・学会参加費用補助・赴任手当
勤務地 福島県郡山市島2-9-18
交通 JR東北新幹線「郡山」駅から車で約15分
TEL:
024-933-5422
HP:
http://www.koriyama-h-coop.or.jp