医療法人明信会 今泉西病院

小回りが利く「全員で診る総合診療」で
地域に応える

今泉西病院は、機動力と柔軟性、チームワークの良さを強みに、地域の困りごとにきめ細やかに対応。同院だからできる、医療での地域貢献を模索している。

福田 茂
院長
◎1976年/福島県立医科大学卒業、同 附属病院整形外科勤務。公立相馬病院、国立郡山病院、福島県立喜多方病院、福島県立医科大学附属病院等の整形外科勤務を経て1988年/医療法人明信会今泉西病院 ◎2013年/同 院長就任

福田 茂氏

大規模ではないからこそできる
「地域住民のケア」で貢献

約100年前に「誠実な患者本位の医療精神」をもって郡山駅前に設立された、今泉眼科病院。その理事長が、幅広い医療の必要性を感じ、1982年に新たに開院したのが今泉西病院だ。

同院のある郡山市は東北新幹線の駅があり、鉄道・飛行機・高速道路等の便もよく、福島県経済の中心地として栄えてきた。医療資源が集中する地域であり、高度急性期医療を提供する大病院も多い。158床の同院は規模こそ大きくないものの、同市において地域包括ケア病棟を中心とした回復期・慢性期医療という大切な役割を担っている。

院長の福田茂氏は「輪番制で2次救急医療にも参加していますが、当院が基本とするのは“地域の住民のケア”。ポスト&サブアキュートのニーズを満たし、レスパイト的な入院等でも地域貢献しようと考えています。地域の困りごとにきめ細やかに対応することは、小さな病院だからこそ担える役割ではないでしょうか。今後はより介護や行政との連携を図り、医療の面から街づくりに携わっていきたいと考えています」と言う。

負担やストレスが少ない環境で
自身が思い描く医療に携わる

同院の強みは「小回りが利き、柔軟に有機的に動ける」ことだと福田氏。

「検査や手術もスピーディ。各科の垣根がなく、医師同士はすぐに話ができる間柄です。関係者・専門家が集まり、病院全体で1人の患者さんを診ることができ、いわば“全員で診る総合診療”といった体制です。何か困ったことがあった場合でも、医師が1人で背負いこむ必要はないため、負担やストレスは少ないですね」

勤務形態に関しては、「週1回は他の病院に応援に行きたい、子育てで時短勤務をしたい」等、相談できる。

「医療の他に、自分の生活も大切です」と福田氏。同院では時間に余裕があり、趣味的なことや家庭に費やす時間もできる。それは自分の人生を楽しむことにもつながる。

「急性期から地域医療に転換しようという情熱のある方や、科にこだわらず多くの人を診たいという方に、ぜひ当院での地域医療に参加していただきたいと思います」

責任を持って専門外来を作り上げたい、という医師にも活躍の場がある。実は福田氏も「決められたレールに乗るのは面白くない」と、まだ整形外科がなかった頃の同院に入職し、自身で整形外科を作り上げてきた人物だ。

小回りが利き、時間に余裕がある同院でなら、自身が携わってみたいと思い描く医療が追求できるのではないだろうか。

TOPICS小回りが利く病院だからこそ
良質なチーム医療が機能する

同院では看護師をはじめコメディカル、医事課職員等、各分野の専門スタッフが集まり意見を出すことで、患者のため・病院のために良い結果を生み出している。

看護師をはじめとするスタッフは、常にスキルアップに努めている

DATA

  • 医療法人明信会 今泉西病院
正式名称 医療法人明信会 今泉西病院
募集科目 内・消内・外・整外・眼
給与 年収1,500万円〜2,200万円(税込) ※固定残業代は給与に含まない。試用期間なし 非常勤:半日4万円〜、1日8万円〜 ※経験にて決定
業務内容 外来週3〜4単位担当、病棟業務(受持10〜15名)
経験 卒後5年以上
勤務日数 週5日
当直 月3回程度 ※応相談可能
勤務時間 8:45〜17:30
休日 日曜日・木曜日・祭日・有給休暇・夏季休暇・年末年始休暇
待遇 社保完備、赴任手当、交通費実費支給、退職金制度有
勤務地 福島県郡山市朝日2-18-8
交通 東北新幹線「郡山駅」からバス約15分「市役所前」下車徒歩5分
TEL:
024-934-1515
HP:
http://www.imaizuminishi.or.jp/