八代敬仁病院

慢性期医療×リハビリ
地域医療を支える

天草諸島を望む八代海に面した熊本県八代市。この温暖で気候穏やかな地域で、慢性期医療とリハビリテーションの2本柱で地域医療を担う病院がある。自由な気風と創造性、そして情熱で地域の人々を支える八代敬仁病院の取り組みについて伺った。

井本 信哉
医療法人 敬仁会 八代敬仁病院 院長
1979年/熊本大学医学部卒業、 1981年/宮崎県立延岡病院勤務、 1984年/熊本大学循環器内科入局、 1986年/十善病院勤務、 1987年/八代総合病院(現・熊本総合病院)勤務、 1995年/熊本セントラル病院勤務、 1996年/八代敬仁病院勤務、2007年/八代敬仁病院 院長就任、現在に至る。

井本 信哉氏

慢性期医療とリハビリで
地域に求められる病院へ

慢性期の医療療養病棟とリハビリテーション病棟を2本の柱とする八代敬仁病院。以前は260床の慢性期中心の病院だったが、2006年の慢性期医療に対する国の政策の大きな変化を受け、病床数を208に削減、県南初の回復期リハビリテーション病棟を設置した。以来、市内に2つある公的急性期病院の後方支援の機能を担う。

「現在当院は、うれしいことに地域で〝リハビリなら敬仁病院へ〞と言われています」

そう語るのは八代敬仁病院の院長で、医療療養病棟を担当する井本信哉氏。

毎月の患者アンケートからは「医師を含め、スタッフがよい」「きちんと説明してくれる」「一生懸命やってくれる」といった声が上がっているそうだ。

「当院のスタッフは真面目で一生懸命。観察力があり、よく動いてくれます。私たち医師もスタッフを頼りにし、スタッフも医師を頼るといういい信頼関係が築かれ、チームとして患者さんを診ていけるのが、好評価につながっているのではないでしょうか」

また井本氏は、「患者さんやご家族にとって何がベストかを常に考え、当院が受け皿となるよう努めています」と語る。例えば、普通なら在宅と判断されるケースでも、井本氏が在宅に切り替えるのは難しいと思えば、できるだけ入院で対応し、退院する場合は地域施設との連携を図る。

「今後は、ご自宅にいるのと同じように、病院で平穏な最期を迎えられるターミナルケアを目指していきたい」というのが井本氏の展望だ。

リハビリで大切なのは「想像」
柔軟性とひらめきをもって

同院のもう一つの柱、リハビリテーション科を担当するのは、理事長の佐々木康人氏。もともとは消化器科で肝臓がんが専門だったという佐々木氏は、「以前勤めていた病院で、ある時、いくら臓器がよくなっても歩けなくなったら日常生活は送れないじゃないか、ということに気付きました。そこで、リハビリの勉強を始めたのです」

佐々木氏のリハビリは「想像」がモットー。まず、患者が自宅でどんな生活をしているのか知ることから始める。

「自転車でスーパーへ買い物に行く、グラウンドゴルフが趣味、横断歩道を渡るのに何秒かかるか…など、その人の暮らしを伺います。そして、そのためには何が必要かスタッフと一緒に想像して、リハビリ内容を決めていきます。ただ歩けるだけでは、患者さんも退院した後でつまらないですから。ピーンというひらめきやアイデアをカンファレンスの場面で共有できると、目標がはっきりして患者さんの動きに違いが出てきます」

同院ではまた、嚥下障害のリハビリにも力を入れており、昨年からは外部の歯科医師・歯科衛生士の協力も得て、多職種のチームで取り組んでいる。あらたに挑戦したFES(機能的電気刺激)による嚥下リハビリも、良好な結果を出し始めている。

「リハビリはうまくいくと患者さんも喜びますが、自分もスタッフもうれしいものです。多くの人がうれしくなるのが、リハビリの原点であるチーム医療だと思います」と語る佐々木氏は、満面の笑みを浮かべる。

明るく真面目で一生懸命なスタッフがよく動いて、医師をサポートしてくれる。

「ここでよかった」誰もが
そう思える病院にしたい

職場としての同院は、「しがらみがなく、自由」と話すのは井本氏。「大きな病院ではないので、医師間、医師とスタッフ間の風通しはいいですね。カンファレンスの場でなくても、わからないことは気軽に聞き合えます。私もまだまだ勉強したいので、院長室を持たず医局にいます」

当直はなく、夜間や休日に呼び出しがかからないため、オンとオフの切り替えが可能。院内保育園もあるので、子育て中の医師も安心して働ける。

「働く人が、ここで働けてよかったと思え、連携する他の病院や施設からも敬仁病院に頼んでよかった、と思っていただける病院にしたいと願っています。そのためにも、一つの臓器に固執せずに柔軟に考えられ、知らないことは勉強しようという意欲があり、スタッフにきちんと注文を付けて引っ張ってくれる医師と共に働きたいと願っています」と佐々木氏。

八代敬仁病院には自由と創造性、情熱があり、自身の仕事を心から楽しんでいる人がいる。そんな現場で、患者と喜びを共有するという働き方を選んでみてはいかがだろうか。

佐々木 康人
医療法人 敬仁会 八代敬仁病院 理事長
1987年/福岡大学医学部卒業、 同年/熊本大学第一内科入局、 1988年/済生会熊本病院勤務、 1989年/熊本労災病院勤務、1993年/八代敬仁病院勤務、 2007年/八代敬仁病院 理事長就任、現在に至る。

佐々木 康人氏

一人ひとりに合わせたリハビリには多職種によるチーム医療が不可欠。(カンファレンス)

嚥下障害対策への取り組み。嚥下リハビリにも力を入れている。

自宅での生活環境や趣味を知り、その人に必要なリハビリを考える。(機能訓練室)

スタッフは普段から患者に寄り添い、医師と患者の間をつなぐ役割もこなす。

回復期リハビリテーション病棟の病室。

DATA

正式名称 医療法人 敬仁会 八代敬仁病院
募集科目 内科、リハ
業務内容 病棟管理、外来
給与 年収1,500 万円~ 1,800 万円(税込)
勤務日数 週4~5日
勤務時間 8:20 ~ 17:20 ※育児中の女性医師への支援として時短勤務あり
当直 応相談
休日 土曜日・日曜日、祝祭日、年末年始休暇、夏期休暇等
待遇 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、住宅手当、引越費用補助、学会費補助等
診療科目 内科、循内、呼内、消内、リハ、放射線
病床数 208床
医師数 常勤6人、非常勤9人
勤務地 熊本県八代市海士江町2817
交通 JR 九州新幹線「新八代駅」から車で約10分 ★勤務条件等はご相談に応じますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
TEL:
0965-34-7911
HP:
http://yatsushirokeijin.com/