医療法人 敬仁会
八代敬仁病院

「想像」 するリハビリテーションと
患者のための慢性期医療で地域に貢献

大きな病院ではないからこそ、可能な医療がある。
患者一人ひとりとよく話し、その背景を知り、各人に最も合った医療を提供すること。
そして医師も、自身の信念に従って自由に診療できること。それができるのが、八代敬仁病院だ。

佐々木 康人
医療法人 敬仁会
八代敬仁病院 理事長
◎1987年/福岡大学医学部卒業、 同年/熊本大学医学部第一内科入局、 ◎1988年/済生会熊本病院勤務、 ◎1989年/熊本労災病院勤務、◎1993年/八代敬仁病院勤務、 ◎2007年/八代敬仁病院 理事長就任、現在に至る。

佐々木 康人氏

井本 信哉
医療法人 敬仁会
八代敬仁病院 院長
◎1979年/熊本大学医学部卒業、 ◎1981年/宮崎県立延岡病院勤務、 ◎1984年/熊本大学医学部循環器内科入局、 ◎1986年/十善病院勤務、 ◎1987年/八代総合病院 (現・熊本総合病院)勤務、 ◎1995年/熊本セントラル病院勤務、 ◎1996年/八代敬仁病院勤務、◎2007年/八代敬仁病院 院長就任、現在に至る。

井本 信哉氏

「想像」するリハビリによって
患者を少しでも良い状態に

天草諸島の島々が浮かぶ豊かな海、い草や晩白柚、トマト等の農産物、『万葉集』の時代から続く長い歴史など、多様な魅力をもつ八代市。熊本県のほぼ中央に位置し、九州新幹線や高速道路等の整備により交通アクセスも良好、暮らしやすい街といえよう。

この八代市で1956年の設立以来、地域密着の医療を真摯に提供してきた病院、それが八代敬仁病院だ。以前は260床の慢性期中心の病院だったが、2006年の慢性期医療に対する国の政策の大きな変化を受け、病床数を208に削減、県南初の回復期リハビリテーション病棟を設置した。以来、慢性期医療とリハビリテーションを二本柱として、市内の公的急性期病院と連携し、その後方支援の機能を担っている。

「同じ疾患で入院していても、患者さん一人ひとりの性格も背景も異なります。当院では各個人に合わせた医療の提供で、理念の通り“来てよかった”と思っていただける病院を目指しています」と、語るのは同院理事長の佐々木康人氏だ。

佐々木氏は、大学卒業後は消化器科で肝臓がんを専門として診療していた。しかしあるとき、病気が治っても食べられない・歩けない患者の姿を目の当たりにし、「せっかく病気が治っても、これでは患者さんの人生はつまらないものになってしまうのではないか」という思いが湧き上がったという。そこで、佐々木氏はリハビリテーションという道を選択し、勉強を開始した。同院入職後はリハビリテーション科を担当し、「患者さんを少しでもよい状態にする」ために、日々強化を図っている。

佐々木氏のリハビリテーションのモットーは「想像」すること。患者の背景を知り、その日常を想像し、退院後に少しでも元の生活に戻れるよう、一人ひとりに合わせたリハビリを多職種によるチームで創造する。

また、外部の歯科医師・歯科衛生士の協力も得て、摂食嚥下障害のリハビリテーションにも注力。新たに取り組んだ、FES(機能的電気刺激)による嚥下リハビリも、良好な結果を出している。

患者のための医療とは何か?
一人ひとりに合った医療を模索

同院のもう一つの柱、慢性期医療を担うのは院長の井本信哉氏だ。

「近年は、人工呼吸器を装着した重症の患者さんも増えています。また、自宅や施設よりも病院で過ごしたいというご意向も多くいただきます。急性期病院の後方支援として、そういった方々の受け皿となるのが当院です」

井本氏が慢性期医療において大切にしていることは、「いかに心地よく、入院生活を送っていただくか」ということだ。

「当院へ入職した当時は、慢性期医療を“どこまでやるのか?”という悩みもありました。例えば大学病院ならば、“徹底してやる”という答えが正しいでしょう。しかし、地域医療ではそれがよいとは限りません。一人ひとりの状況に応じて、何がその患者さんのためになるのか、ご家族や本人と話し合いながら、医療を提供しています」

同院での一番の喜びは、患者のための医療が結果を出し、患者がよくなった姿までを見られることだという。

現在、井本氏は今後はインフォームド・コンセントを一歩進めたインフォームド・チョイスを進めたい、と考えている。また、自宅と同じように、病院で平穏な最期を迎えられるターミナルケアを目指すという。

「坂の上に見える雲」を目指して
協力しあえる職場環境

職場としての同院は、「しがらみがなく、自由」と話すのは井本氏。「規模が大きくはないので、医師間、医師とスタッフ間の風通しはよいですね。カンファレンスの場でなくても、わからないことは気軽に聞きあえます。私もまだまだ勉強したいので、院長室を持たず医局にいます。おかげでコミュニケーションがよくとれ、普段は医療以外の話もよくします」

佐々木氏は「多様な考えの医師が集まっていますが、一旦“こうしよう”と決まったら、同じ方向を向いて協力しあえます。そこが当院のよいところですね」という。

勤務時間が明確で、ほとんどの医師が時間内に仕事を終えて帰宅している。当直はなく、夜間や休日に呼び出しがかからないため、オンとオフの切り替えが可能だ。院内保育園が充実しており、子育て中の医師も安心して働ける。

「大きな病院と比べれば、できないこともあります。しかし、“できないならば、どうすればよいか”と考え、工夫することを学べます。それは医師にとって、どこへ行っても役に立つことでしょう。また、自分の信念に従って、やれると思うこと、正しいと思うことを自由にできる環境があります」と井本氏は語る。

また、同院では「スタッフが真面目で、よく働いてくれ、医師を支えてくれます」と佐々木氏。お互いに、日常的に専門分野についての相談等を気軽に行っている。熱心にシーティングの研究を行って結果を出し、市内にシーティングの研究会を発足したスタッフもいる。患者からスタッフをほめられることも少なくない。

「私は『坂の上の雲』という作品が好きです。坂を登ったら雲が見える、そこに向って進む。嚥下でもその他のリハビリでも、医療はみな同じです。うまくいかないときがあっても一旦立ち止まって患者さんのために勉強し、また先へ向かって進んでいく。皆でそんな病院を作っていきたいと思います」と佐々木氏。

今後は病院の一部建て替え、摂食嚥下の外来開設も計画しているという。そのために今、「リハビリテーションができる、またはリハビリテーションに興味があり、共に雲を見上げて一緒に進んでくれる医師」の新たな入職を望んでいる。

DATA

  • 医療法人 敬仁会 八代敬仁病院
正式名称 医療法人 敬仁会 八代敬仁病院
募集科目 リハ、内
給与 年収1,500万円~1,800万円(税込)
業務内容 病棟管理、外来
経験 不問 ※転科、リハ希望者歓迎
勤務日数 週4~5日
勤務時間 8:20~17:20 ※育児中の女性医師への支援として時短勤務あり
当直 なし
休日 土曜日・日曜日、祝日、有給休暇、夏季、年末年始(4日)
待遇 社保完備、転居費用全額支給、学会費補助あり、院内保育あり
勤務地 熊本県八代市海士江町2817
交通 JR九州新幹線「新八代駅」から車で約10分

★勤務条件等はご相談に応じますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

【施設情報】

診療科目 内、循内、呼内、消内、リハ、放射線科
病床数 208床
TEL:
0965-34-7911
HP:
http://yatsushirokeijin.com/