松山西病院

理念は「笑顔のあふれる病院」
次世代を担う医師としての成長を、ここで

気候も人も穏やかで街としての機能が整った松山市にあり、透析医療に力を注ぐ松山西病院。ここでは働く人の笑顔を大切にし、患者の笑顔を生み出す病院作りが実践されている。

俊野 昭彦
医療法人 結和会 松山西病院 理事長・院長
1990年 愛媛大学医学部 卒業、同泌尿器科 入局/1991年 市立宇和島病院泌尿器科 医員/1993年 石川病院泌尿器科 医員/1994年 University of Wisconsin移植外科 留学/1995年 愛媛大学医学部泌尿器科 医員/1999年 愛媛県立北宇和病院泌尿器科 医長 就任/2003年 愛媛大学医学部泌尿器科 助手 就任、同 講師 就任/2007年 愛媛県立新居浜病院泌尿器科 部長 就任/2009年 松山西病院 院長 就任・医療法人 結和会設立 理事長 就任

俊野 昭彦氏

入院生活のQOL向上を目指す
透析医療に特化した慢性期病院

松山西病院は、泌尿器科・内科を中心として、透析医療に重きを置いた慢性期病院だ。2012年に増築した人工透析棟を持ち、また四国で唯一のハイパーサーミアを行っていることでも知られる。

「当院は、松山地域の中核病院や一般クリニックとの連携を図り、透析医療を中心に地域ニーズに合った医療を提供しています。先進的医療を追うのではなく、病院全体でより細かな部分に目を配ることで“かゆいところに手が届く医療”を目指す病院です」と語るのは理事長・院長の俊野氏だ。

例えば、同院では入院期間は患者の生活の一部と捉え、入院生活をより快適に送ってもらおうと、積極的な入浴やフットケアの徹底などにも努めているという。

「急性期病院では疾病を治すことに主眼を置きます。しかし、当院のような慢性期病院では患者さんの日々の生活の質の向上を大切にしなければなりません」

最近では、患者が気にするオムツ交換の時の排泄臭の消臭にも力を入れ、学会発表も行った。

まず職員や医師が幸せでないと
患者を笑顔にすることはできない

俊野氏は以前は他院で勤務医として働いていたが、2009年に縁あって跡継ぎがいない松山西病院の経営を引き継ぐことになった。そして、同院の法人名を「結和会」と改めた。

「人と人との繋がりを大切にし、人と人との和を結びたい、という思いを込めてつけた名前です」と俊野氏。同時に病院の基本理念を「笑顔のあふれる病院」と定めた。

「“笑顔”とは、最終的には患者さんの笑顔を指しますが、まずは職員の笑顔。職員や医師が幸せで笑顔でないと、患者さんを幸せにすることはできません」

そのため、就任当初は特にスタッフ教育に力を入れたという。

「職員が笑顔になるには、仕事のやりがいを見つけることが必要です。病院職員としてのやりがいとは何か?それは患者さんが良くなること。では、そのためには何が必要か?ということを考えて、動いてもらいました。今では医師が言わなくても、職員の方からどんどん意見があがってきます。私はそういう意見を尊重し、多少費用がかかることでも実現するようにしています。そうすることによって職員の満足度が上がり笑顔が増え、プロ意識が高まり、より目配りが行き届くようになります。その結果、患者さんが笑顔になり、病院の評価も高まります」

積極的に学会発表も行う、やる気のある職員に支えられ、病院一丸となったチーム医療ができるのも同院の強みとなっている。

また、俊野氏は、職場が良くなければ良い医療を提供できないとの考えから、医師の働く環境にも気を配っている。

「仕事には余裕を持って臨んでいただきたいので、過労働にならないよう気を配っています。主治医である限り、患者さんの急変の対応や、当直がある場合もありますが、慢性期病院なので大変な労働ということはありません。私も他の常勤医師も、仕事は頑張りますが休むときはしっかり休んで、ゴルフや釣りといった趣味を楽しんでいます」

大きな病院ではないので風通しが良く、院長も医師も職員も、お互いに気軽に話しができるという。病棟総回診では、職員も医師も一緒に回り、問題があればその場ですぐに意見交換し、解決している。

2012年に新たに建てられた人工透析棟。ベッド数は61、感染対策用に個室も備えている。

慢性期医療の楽しさを知り
当院の次の時代を担ってほしい

就任8年で病院の土台を作った俊野氏。今後は、より一層細かな目配りを行い、病院のレベルを上げていきたいと考えている。そのためには、新たな医師の加入が必要だ。

「当院のスタンスを知った上で、ここで働いてみたいと思える方に来ていただきたい。そして、慢性期・透析医療の楽しさを知っていただきたいと思います。一般的に慢性期医療では患者さんが劇的に良くなることは多くありません。しかし、私たちが努力すれば、昨日より今日、今日より明日の方が少しずつでも良くなっていることがわかります。当院では、そういったやりがいを味わうことができます。かたくなだった透析患者さんが、医師や職員がしっかり対応しているうちにだんだんと変わっていき、明るく前向きになっていく姿を見るのも楽しいものですよ」

同院では、約150名の透析患者を抱えており、多くの症例を診て経験を積むことができる。血液透析治療も手掛けておりシャント手術、ブラットアクセス、PTA(経皮的血管形成術)といった手技も行い、内科では消化管内視鏡の技術も学べる。透析医として必要なことをしっかり習得できる環境といえるだろう。専門医、指導医の資格の取得も可能だ。

「今はまだ未熟でもかまいません。やる気があり、知識も技術も高めたいと思っている方に来ていただき、単に仕事をするだけではなく、医師として成長していただきたいと思います。現在在席する4名の医師は、全員が50代以上。当院の次の時代を担ってくれる方をお待ちしています」

写真上/透析棟のエントランス前には様々な植物が植えられ、日本庭園風のしつらいも。患者がリハビリを兼ねて散歩を楽しめる場所となっている。写真下/窓が大きく明るいリハビリテーション室。

DATA
正式名称 医療法人 結和会 松山西病院
募集科目 透析、泌、腎内、内
給与 年収1,500万円〜(税込)※経験・スキルにより優遇
業務内容 外来、病棟管理、透析管理等
経験 卒後5年以上
勤務日数 週5〜5.5日
当直 応相談可能
勤務時間 8:30〜17:30 土曜8:30〜12:30
休日 土曜日午後、日曜日、夏季・年末年始休暇
待遇 社保完備、学会参加費補助、研究図書費補助等
勤務地 愛媛県松山市富久町360-1
交通 JR予讃線「松山駅」から車で約13分、松山空港から車で約10分
診療科目 内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、泌尿器科
病床数 102床(一般病床42床、療養病床60床)
医師数 常勤4人、非常勤4人(2016年9月1日現在)
日本透析医学会教育関連施設
TEL:
089-972-3355
HP:
http://yu-wakai.or.jp