日立造船健康保険組合 因島総合病院

明るく穏やかな瀬戸内の「癒しの海」を背景に
「患者と密に接する」という医療の原点に還る

地域のニーズに応える内科医療・救急医療・在宅医療を3本柱とし、温暖な気候の因島で、100年以上にわたり医療で地域を守り続けてきた因島総合病院。
同院には医師がゆとりをもって患者に密に接するという 診療が可能な環境がある。

橋本 洋夫
病院長
◎1986年/滋賀医科大学医学科 卒業、岡山大学医学部第3内科 入局、呉共済病院内科で研修 ◎1988年/宇部記念病院内科で研修 ◎1989年/岡山大学医学部第3内科 帰局 ◎1993年/倉敷廣済病院内科 勤務 ◎1995年/因島総合病院内科医長 ◎1997年/岡山大学医学部第3内科助手、講師 ◎1999年/国立岡山病院内科 勤務 ◎2001年/岡山医療センター総合診療科 勤務 ◎2004年/因島総合病院内科科長 ◎2007年/同 副院長 ◎2016年/同 院長、現在に至る
■日本内科学会総合内科専門医、日本リウマチ学会認定医・指導医

橋本 洋夫氏

内科・救急・在宅医療を3本柱に
「富士山」のような病院を目指す

古くは「村上海賊」の本拠地、近年では広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「しまなみ海道」の一部としても名を馳せる因島。1911(明治44)年、大阪造船(現・日立造船株式会社)は、この温暖で穏やかな瀬戸内の島に造船工場を設立した。その後、工場は拡張を続け、最盛期には因島4万人超の人口のほとんどが同社の従業員だったという。まだ海を渡る架け橋がなかった時代、この急激な人口増加は島内の医療不足を招いた。

そこで同社は従業員と家族の健康を守るため、1917年に工場の隣に直営の病院を設置。瀟洒な洋館風の外観に90床の病床を有し、当時としては広島県内屈指の規模を誇る因島総合病院が誕生した。

1943年には地域からの要望に応え、地域住民の診療も開始。現在では一般病床120床・医療型療養病床40床を備え、外来は1日約300名、尾道市因島と生口島・愛媛県上島町約4万人の健康を守る病院として、頼られる存在となっている。

「当院では3つの柱を打ち立てて診療を行なっています」と語るのは、同院10代目となる病院長・橋本洋夫氏だ。

第1の柱は、総合内科を基本とする内科医療。なかでも橋本氏が率いるリウマチ・膠原病内科、腎臓内科、副院長が中心となる漢方医療に強みがある。人工透析にも注力、2002年には別棟の透析センターを開設した。同センターには腎臓専門医・臨床工学技士が常勤し、岡山大学の応援も受け、約120名の維持血液透析を実施。積極的に学会活動にも取り組み、先端的な治療を導入している。

第2の柱は、2次救急指定病院として、年間で約670件の救急搬送を受け入れる救急医療。そして第3の柱は在宅医療。現在は35名の患者を2名の医師で担当し、2019年4月には訪問看護ステーションを開設、今後も充実を図る。

「岡山大学のリウマチ・膠原病で高名な教授が“内科医になるなら富士山になれ”という言葉を残しています。富士山は裾野は広く、高さは日本一。当院では幅広い診療と、ある程度専門的な診療を行なっており、富士山とまでいうのはおこがましいのですが、様々な面で中国・四国地域での高みを目指していきたいと考えています」

患者に向き合う毎日が「勉強」
自分で幅広く診る力を磨ける

同院では今、地域医療推進の力となってくれる人材を求めている。橋本氏が採用にあたって重視することは「患者さんに優しい」ということだけだという。

「当院では総合内科に強みがあるため、“まず自分で幅広く診る力”を磨いていただけます。総合診療に必要な心・技・体を養え、将来開業を目指す方、ご自身の出身地に戻ることを考えている方にとっても、学ぶことが多い病院です」

同院では患者とゆっくり向き合えるため、「病気ではなく人を診る」ことが可能だ。患者との雑談の中から、疾患の背景や隠れた別の疾患を探ることができる。医師同士は気軽に話し合える間柄であるため、患者が他の科を受診した状況を把握できる。看護師やスタッフが待合室等での患者の様子を報告してくれ、診療に反映できる。自分が診断・治療した患者の「その後」も長く診ていくことができる。

患者からは「この前の薬は効かなかった」といったダイレクトな反応が返ってくるため、「毎日が勉強です」と橋本氏。また、患者との交流の中で、医師の方が癒されることも多々あるのだという。

「患者さんは皆さん優しく、“先生の顔を見るだけで治った”といってくれる方も。そういう言葉も励みになります」

職員数は約260名、やる気のあるキャプテンが各部署を牽引。自己研鑽に対する意欲が高く、院内での勉強会や学会発表も盛んだ。橋本氏は、医師も含めた院内の仲の良さとチームワークの良さ、全員が持つ向上心が同院の「誇り」だという。

「当院では患者さんや職員との関係が良好。そのような面で疲労を感じている方にも、ぜひ来ていただきたいと思います」

「素敵なリフレッシュ」ができる
心のどこかにゆとりがある環境

橋本氏は病院長就任の際に、同院のミッションを、「花と笑顔とおもてなし」「町に入っていこう」に加え、「つかの間の素敵なリフレッシュ」と定めた。働きやすい環境づくりを重視しているからだ。

「働く人がリフレッシュできない環境ではいけません。忙しい時でも、心のどこかにゆとりがあるのが良いのです」

相談すれば、その人ごとの状況に合わせた「オーダーメイドの働き方」が可能。日立造船(株)の健康保険組合という大企業の病院であるため福利厚生は手厚く、産休や育休もしっかり取得できる。地域に開放している院内託児所、病児保育があり、子育て世代も働きやすい。これらが評価され、同院は厚生労働大臣より「子育てサポート企業」として認定(くるみん認定)され、また「広島県仕事と家庭の両立支援企業」にも認定されている。

オーシャンビューという立地の良さ・自然の素晴らしさも同院の魅力だ。窓から見える瀬戸内の風景は、橋本氏曰く「癒しの海」。病院裏手の桟橋にボートを係留し、釣りに出かける医師もいる。このロケーションの良さで、同院が映画のロケ地となったこともある。

豊かな自然が残る一方、因島は明治以来栄えた地域であるため利便性も高い。尾道からは車で30分程、尾道に居を構えて通勤することも可能。島内に大型店舗、海水浴場、高等学校までの教育機関もあり、病院の近くには高速バスやカーフェリー乗り場、ホテル、商店街もある。

この因島で橋本氏が思い描く夢は「医療を核にする総合的な施設」の創設だ。

「将来的に病院にホテルや保育所、福祉施設、商業施設等を集約し、地域包括ケアシステムがワンストップででき、かつ人が集まる場所づくりをしたいという夢があります。まだ本当に夢の段階ですが」

町も自然も人も穏やかな因島。ここで心にゆとりをもって、医療の原点というべき「地域の中で患者と密に接する」診療に携わっていただきたい。

ミッションは地域との交流とリフレッシュできる環境づくり

CNNで「世界7大サイクリングロード」に選ばれた「しまなみ海道」を中心に練習に励み、イベントにも参加するサイクリング部。橋本氏(最前列左端)も自転車、卓球でリフレッシュを図る。

創立100周年の病院祭りでは、初めての大きなイベントを開催し、地域の人々を迎えた。また協同組合祭り等の地域のイベントにも積極的に参加。病院の外へ出る活動も始めている。

DATA

  • 日立造船健康保険組合 因島総合病院
正式名称 日立造船健康保険組合 因島総合病院
募集科目 内・整外・腎内・透析・神内 ※将来的には院長・副院長も相談可
給与 年収1,300万円~2,000万円(税込)卒後10年目モデル 1,500万円〜 ※固定残業代は給与に含む。試用期間あり
業務内容 外来の対応、病棟管理
経験 不問 ※転科希望の方は経験は問いません
勤務日数 週5〜5.5日
当直 応相談可能
勤務時間 9:00~17:30
休日 土・日・祝日、年末年始、夏季休暇、年間休日127日
待遇 学会参加費・社宅完備・交通費全額支給
勤務地 広島県尾道市因島土生町2561番地
交通 JR山陽新幹線「新尾道駅」から車で約30分
■日本リウマチ学会教育施設・日本内科学会教育関連病院
TEL:
0845-22-2552
HP:
http://innoshima-hospital.jp/