平成医療福祉グループ

「絶対に見捨てない」という強い想いを理念に掲げる
淡路島エリアの医療を担う3つの病院

「良質な慢性期医療がなければ、日本の医療は成り立たない」というグループ代表・武久洋三氏の考えから、本当に患者のためとなる慢性期医療を追求してきた平成医療福祉グループ。
同グループに属する淡路島の3つの病院では、ともに働いてくれる医師を募っている。

北河 宏之
副代表
1993年/兵庫医科大学 卒業
1999年/兵庫医科大学 大学院 博士課程修了
2011年/医療法人社団 淡路平成会 理事長就任

北河 宏之氏

医療資源の乏しかった淡路島に
良質な医療を提供したい

「絶対に見捨てない」という強い想いを理念に掲げる平成医療福祉グループは、徳島県で60床の病院から始まり、現在では全国に25病院、老健・介護老人福祉施設・グループホームなど70施設を展開。所属する病院では、超急性期後治療と亜急性期治療、リハビリテーションと介護を中心に、「目的に応じた積極的離床」「多剤内服の防止」「身体抑制の廃止」「排泄の自立=尊厳の回復」「摂食・嚥下機能回復+美味しい食事を提供=生きる楽しみを取り戻す」を実践している。

「明石海峡大橋の開通以前、淡路島には地元の人々が気軽に通院できる病院はほとんどなかったのです」と言うのは、グループの副代表であり医師の北河氏だ。

「当時、当グループの代表・武久洋三は淡路島の状況を知り、質の良い医療を提供する必要性を感じて、1987年に旧・三原町(現・南あわじ市)に平成病院を開院しました」

1999年には旧・東浦町(現・淡路市)からの要請で東浦平成病院を設立。その後、南あわじ市の精神科病院を引き継ぎ、南淡路病院として開院。それぞれが地域救急とかかりつけ医の機能を持ち、病診連携を深め、医療資源の少なかった地域に質の高い医療を提供し貢献している。

グループという強みを活かし
レベルアップと職場環境整備を図る

同グループでは、病院内の体制づくりにも注力している。全職種に責任者を置き、統括責任者は1〜2週間に1度、徳島の本部に集まり会議を行う。全国の施設は、テレビ会議システムを日常的に利用して、速やかな情報共有をしている。

「全国から情報を集めて精度の高い分析をすることで、速やかに的確に対処法を周知することが可能になっています」と北河氏。

IT教育を進め電子カルテを導入し、グループ内各施設との情報共有もスムーズ。医療機器の導入にも積極的で、CTやMRIは昨年、入れ替えた。関東・関西圏のグループ病院の全医師を対象とした研修会や、全職種が参加する大規模な「平成医療福祉グループ学会」も開催。学会では職員の発表の他、大学教授による社会経済的な内容の講演なども採り入れ、グループ全体のレベルアップを図っている。

また、同グループでは、医師や職員が働く環境の整備にも取り組んでいる。各院には院内託児所を設置。東浦平成病院の院長は、院内託児所を利用して産休明け復帰したばかりだ。定年制度はなく、最高齢医師は呼吸器外科の教授でもあった82歳の医師。主治医として患者を持ち、本人の希望で当直も行っている。

担当医制をとっており、主治医以外の医師も全員で一人の患者を診るため、休日はしっかりと休める。

各院では総合診療的な医療を行っているが、様々な科の専門医が在籍。専門性の高い内容でコンサルトし合え、他科の専門技術を見ることもできる。スタッフとの距離も近いため、リハビリや栄養面などの知識も得られる。

リハビリテーションや認知症などの
地域に求められる医療を学ぶ

同グループの淡路島エリア3病院では、現在医師を募集している。

東浦平成病院は神戸からのアクセス約30分、 淡路島唯一の回復期リハビリテーション病棟Ⅰを持ち、在宅復帰に力を入れている病院。小児の身体的・精神的発達障害のリハや成人の障害のリハビリによる社会復帰のサポートにも力を入れていく。平成病院でも同様に、整形リハや小児リハに力を入れていく方針で、リハビリ専従の医師を歓迎する。

南淡路病院は精神科も内科も診られる病院。認知症治療病床があり、認知症を診ながら内科の勉強をしたい医師、内科を診ながら認知症を勉強したい医師にとっても適した環境だ。

希望があれば、島内にあるグループの看護専門学校で、地域医療を担う若い人々の教育に携わることも可能だ。

「専門性を持った総合診療に携わることで、“要望されたことを何でも診る”訓練ができます。また、周囲から得た知識や技術を自分の医療に活かせるようにもなります。これらは、医師にとって大きな自信となることでしょう」と北河氏。

「総合診療に向き合いたい医師、地域に求められたことを快く提供してくれる医師の応募を心待ちにしています」

平成医療福祉グループ学会

平成病院

淡路島

総人口は約14万人弱、瀬戸内海最大の島・淡路島。温暖な気候、豊かな海と肥沃な大地で古くから農水産業が盛んで、タマネギ、淡路牛、鯛、鱧、3年とらふぐなどで知られる。海・山の自然があり、夏は海水浴客で賑わい、近年ではお洒落なカフェレストランなども増加、関西の若い人にも人気のスポットとなっている。明石海峡大橋・鳴門海峡大橋の開通で交通の利便性も良く、東浦平成病院から神戸へは、車で1時間弱。本州から通勤するにも、島へ住んで休日に買い物に行くにも便利。高速バスも運行している。島内には高等学校や大学もあり、日常生活を営むには十分なインフラが整備されているため、島に住むという選択肢もある。

DATA

  • 医療法人社団 淡路平成会 東浦平成病院
正式名称 医療法人社団 淡路平成会 東浦平成病院
募集科目 内、整、眼
業務内容 外来、病棟管理
経験 不問
給与 年収1,400万円~(税込)※週4日勤務の場合
勤務日数 4日勤務可(連続週4日勤務可)
当直 応相談
勤務時間 9:00〜18:00
休日 日曜日、祝日、年末年始、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇
待遇 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、住宅手当、転居費用補助、学会参加出張扱い・費用補助あり、交通費全額支給、託児所あり(3ヵ月から3歳対象。土日祝日・春夏冬休み期間中は小学校1年生まで利用可)、3LDKの社宅あり(無料)
勤務地 兵庫県淡路市久留麻1867
交通 高速バス「東浦バスターミナル」からタクシーで約5分、「東浦インターチェンジ」からタクシーで約10分
  • 医療法人社団 淡路平成会 平成病院
正式名称 医療法人社団 淡路平成会 平成病院
募集科目 内、リハ、小児、整
業務内容 外来、病棟管理
経験 不問 ※リハ専従希望歓迎
給与 年収1,400万円~(税込)※週4日勤務の場合
勤務日数 4日勤務可(連続週4日勤務可)
当直 応相談
勤務時間 9:00〜18:00
休日 日曜日、祝日、年末年始、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇
待遇 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、住宅手当、転居費用補助、学会参加出張扱い・費用補助あり、交通費全額支給、託児所あり(2ヵ月半から3歳対象。土日祝日・春夏冬休み期間中は小学校1年生まで利用可)、3LDKの社宅あり(無料)
勤務地 兵庫県南あわじ市八木養宜中173
交通 高速バス「陸の港西淡」からタクシーで約10分
  • 医療法人社団 南淡千遙会 南淡路病院
正式名称 医療法人社団 南淡千遙会 南淡路病院
募集科目 内、精、リハ
業務内容 外来、病棟管理
経験 不問
給与 年収1,400万円~(税込)※週4日勤務の場合
勤務日数 週4日勤務可(連続週4日勤務可)
当直 応相談
勤務時間 9:00〜18:00
休日 日曜日、祝日、年末年始、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇
待遇 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、住宅手当、転居費用補助、学会参加出張扱い・費用補助あり、交通費全額支給、託児所あり(10ヵ月から3歳対象。土日祝日・春夏冬休み期間中は小学校低学年まで利用可)
勤務地 兵庫県南あわじ市賀集福井560番地
交通 高速バス「陸の港西淡」からタクシーで約15分
TEL:
0799-74-0503
HP:
http://www.hmw.gr.jp/