医療法人 オーク会

「女性の一生を診る」を基盤として
新たな技術を生かした不妊治療を提供

女性の医療を専門とし、関西圏と首都圏から幅広く患者を集める医療法人オーク会は、新たな知識・技術を用いた高度な診療と働きやすい環境の両立が大きな魅力だ。

多田 佳宏
オーク住吉 産婦人科院長
1992年、京都府立医科大学卒業。国立病院等での経験を経て現職。子宮鏡下手術の豊富な経験を持ち、男性不妊の治療にも力を注ぐ。日本生殖医学会生殖医療専門医、産婦人科専門医、母体保護法指定医、日本アンドロロジー学会会員。

多田 佳宏氏

遠方からも患者が訪れる
不妊治療に強みを持つ医療法人

オーク住吉産婦人科は入院施設やサージセンターを備え、不妊治療のほか、妊孕性を温存する方法で、子宮筋腫や子宮内膜症の手術も行う。

医療法人オーク会は大阪(住吉、なんば、梅田)と東京(銀座)に4つのクリニックを持ち、「女性の一生を診ていく」ための医療を幅広く提供。現在は不妊治療を強みとして、関西圏および首都圏全域から患者が訪れている。

4院の中でも採卵や子宮鏡下手術まで手がける中核施設、オーク住吉産婦人科院長の多田佳宏氏は不妊治療へのニーズは年々拡大している上、技術革新が早く、医師としても興味深い分野だという。

「研究発表は国内外で数多く行われていますが、当法人ではESHRE(ヨーロッパ生殖医学会)、ASRM(アメリカ生殖医学会)に毎年数名の医師が参加し、情報収集に努めています。また国内での学会発表など学術活動にも積極的なため、新たな情報を常にキャッチできるのです。法人全体での症例数も豊富で、不妊治療を専門的に勉強したい方には非常に魅力的な環境といえます」

特にオーク住吉産婦人科は日本生殖医学会が指定する認定研修施設でもあり、これから生殖医療専門医の取得を目指す医師にとって最適な教育の場になっている。

「当法人には現在2名の指導医がいますが、取得に挑戦する医師は毎年増えています。その積み重ねをもとに、法人内の教育体制を今後さらに充実させていきます」

新たな技術も積極的に
導入し、共有する

同法人ではIVF、ICSIのほか、胚凍結・融解、AHA(人工孵化補助)、IVM、TESE(精巣精子採取術)といった多様な生殖補助医療技術を提供。着床不全、不育症、男性不妊など専門外来を設置し、大学と提携した遺伝子カウンセリングまで行っている。

さらに高度生殖医療を扱う施設としてリプロダクションセンターを住吉と銀座に設置。学会認定の臨床エンブリオロジスト(胚培養士)が卵の凍結から融解まで行うため、医師の負担は大いに軽減されている。

加えて法人の研究部門で開発したIFCE(子宮内膜再生技術)、海外施設と提携して遺伝子レベルで内膜が着床可能な状態にあるかを調べるERA(子宮内膜着床能)検査など、新たな技術は吟味しつつスピード感を持って導入している。

「当法人では週1回、常勤医師に加え、スタッフの主要メンバーが参加するカンファレンスを開いています。ここでは法人内で今後試みる技術に関する報告もなされ、十分な情報共有と理解を事前に図るなど風通しは非常に良好です」

生殖医療には多様な分野があるが、入職後に多様な情報を吸収できる同法人なら、興味のある分野を見つけ、各自の専門性を伸ばせると多田氏は期待する。

自家発電装置やクリーンルームなどを備えたリプロダクションセンター。受精卵はコンピュータシステムで個別に管理する。

柔軟な勤務形態や託児室など
働きやすい環境も魅力

このように新たな知識・技術を得て成長できると同時に仕事と生活のバランスがとりやすいことも同法人の特色の一つ。分娩を扱わないため勤務時間は一定で、週間や月間の予定も立てやすい。逆に分娩も続けたい場合は、定期的に協力医院などで経験を積むことができる。

「当法人は医療を提供するサービス業との考えから休日も診療し、週5日勤務のうち月1、2回は土曜勤務が回ってきます。ただし育児や介護などの事情がある方は、調整して希望に応じています」

お互いの協力がさらに働きやすい環境を生んでいると多田氏はいう。さらに住吉にはクリニックの隣接地に託児室を設け、子育てを支援。住吉以外の3院は外来専門のため勤務時間も調整しやすく、一時的に短時間の勤務を続ける場合はそちらに専念することも可能だ。

医師や主要スタッフが参加する週1回のカンファレンスで情報を共有。これ以外にも多くの勉強会を自主的に行っている。

新たな発展の拠点となる
クリニックを東京・銀座に開設

同法人は2016年に銀座で診療を始めるなど新たな節目を迎えている。以前から大阪まで通っていた患者を診るのはもちろん、首都圏の技術を研究すると同時にオーク会独自の技術で差別化を図り、次の発展へとつなげる考えだ。

「今後は本格的な遺伝子診断に取り組むほか、女性の一生を診るという方針をもとに乳房の検診や更年期への対応などにも取り組みたいと考えています。不妊治療以外に、こうした分野を深めたい方にもぜひ来てほしいですね」

オーク住吉産婦人科に隣接した託児室は昨年10月に移転・リニューアルしたばかり。子育て中の医師やスタッフの強い味方となっている。

オーク銀座レディースクリニック:2016年10月、首都圏に初進出。銀座のブランドショップ等が並ぶエリアに開院した。

オーク住吉産婦人科:オーク会の中核施設として、外来診療に加え採卵や手術も行っている。

オークなんばレディースクリニック:なんばパークスに隣接するパークスタワー内にあり、通勤に便利な立地。

オーク梅田レディースクリニック:なんばと同様、不妊外来、妊婦健診などを中心としたクリニック。

DATA

正式名称 医療法人 オーク会
募集科目 産婦人科、婦人科
業務内容 一般外来、専門外来、当直業務、その他
経験 不問(指定医、専門医の取得者歓迎)
給与 年収1,500万円~2,000万円(税込)
勤務日数 月〜土のうち週5日(日曜応相談)
当直 あり
勤務時間 月〜土 8:30~17:00
休日 日曜日・祝日
待遇 社会保険完備、学会出席は出張扱い(費用補助あり)
勤務地 大阪/大阪府大阪市西成区玉出西2-7-9(なんば、梅田の系列クリニックでの勤務あり) 東京/東京都中央区銀座2-6-12 Okura House7F
交通 大阪/地下鉄四つ橋線「玉出駅」5番出口徒歩1分 東京/地下鉄「銀座駅」A13出口徒歩3分、「銀座一丁目駅」8番出口徒歩2分、JR「有楽町駅」中央口徒歩5分 ※詳細は以下へお問い合わせください。
TEL:
06-6653-7070
HP:
http://www.oakclinic-group.com/