医療法人社団天紀会
こころのホスピタル町田

2017年11月の新棟オープンで
急性期や身体合併症の診療など
地域ニーズに応える診療が充実

小石澤 学
理事長
1978年三重大学医学部卒業後、同医学部精神神経科入局。大学病院のほか三重県内の総合病院の精神科、精神神経科などで経験を積み、1987年から回生堂病院(山梨県)精神科。診療部長を務めた後、2005年に小石澤医院を開院。2010年に現病院に入職し、2012年から現職。

小石澤 学氏

看護師やコメディカルが充実し
医師は自分の職務に集中できる

東京都町田市で、市内や隣接する市の患者を中心に、地域に根ざした医療を展開する同院。一般的な精神疾患のほか、急増する認知症およびBPSDへの対応など、住民のニーズに即したきめ細やかな診療が特色だ。身体合併症の患者には精神科と内科の医師が連携して診療に当たると理事長の小石澤氏はいう。

「看護師やコメディカルにもチーム医療の意識が浸透しており、医師には存分に実力を発揮してもらえます」

患者の退院後の生活を考えてPTやOTが機能回復訓練を十分に行うほか、常勤の臨床心理士が4人いるため、主治医の判断や患者の希望に迅速に対応できるなど、各専門職が良質な医療を支えている。

さらに開設から約50年を経た今年11月、同院は新棟をオープンさせた。これは「常に患者と地域に寄り添う」との思いで続けてきた同院の医療を、次世代に引き継ぐ重要な役割を担うと小石澤氏。

「今後は急性期医療に力を入れ、地域が望む身体合併症の患者さんの受け入れも積極的に行う予定です。このため新棟では急患にスムーズに対応できるよう、診療エリアの設備配置、動線などにも十分考慮しました。患者さん向けはもちろん、職員用にもアメニティ施設を充実させ、快適な職場環境を目指しています」

児童精神分野や依存症など
専門性を磨きたい人も歓迎

新棟開設を契機に、小石澤氏は将来のニーズに応える体制強化も急ぐという。

「一般的な精神疾患に限らず、児童思春期の分野に関心のある方、アルコールや薬物の依存症の相談に意欲的な方なども歓迎です。当院で実践を積んで専門性を磨いてほしいと考えています」

入職する医師の診療スタイルを尊重し、それぞれの希望を実現できる働き方を検討したいと小石澤氏。育児と両立できるよう時短勤務にしたいなど、勤務時間等も面談時に相談してほしいそうだ。

「今後は地域の医療機関や福祉施設、精神保健福祉センターなど公的機関と連携を強め、地域で患者さんを総合的に診ていく体制づくりを進めます。そうした中で、私たちと『患者さんのため・地域のため』の医療に取り組みたい方にぜひ来てほしいのです」

院内風景。病床の一部は、入口から室内すべてのベッドが見渡せるクラスター型を採用。

DATA

  • 医療法人社団天紀会 こころのホスピタル町田
正式名称 医療法人社団天紀会 こころのホスピタル町田
募集科目・業務内容 内科 病棟管理(CV管理必須) 精神科 外来対応、病棟管理 ※非常勤医も同時募集
経験 不問
給与 年収1,500万円~1,800万円(税込)
勤務日数 週4~5日
当直 応相談
勤務時間 9:00~18:00 ※時短勤務応相談
休日 日・祝、夏季休暇・年末年始休暇
待遇 社保完備、退職金制度 学会参加費用補助
施設情報 病床数378床※2017年11月に新棟完成
勤務地 東京都町田市上小山田町2140
交通 京王相模原線「南大沢駅」からバス約8分 ※車通勤可。最寄り駅からのタクシー通勤可
TEL:
042-797-0957
HP:
http://www.kokoro-hospital.jp/