医療法人SHIODA 塩田病院

都心へも好アクセスな房総・勝浦で
地域医療の輪を広げ未来を創る

塩田 吉宣
院長
◎1979年/日本医科大学卒業、日本医科大学病院第一外科学教室入局 ◎1983年/米コロラド大学留学 ◎1984年/日本医科大学第一外科勤務 ◎1986年/がん研有明病院外科勤務 ◎1989年/日本医科大学第一外科助手 ◎1992年/塩田病院副院長、日本医科大学第一外科客員講師 ◎2007年/塩田病院附属福島孝徳記念クリニック総院長 ◎2010年/塩田病院院長 ■日本医科大学第一外科連携教授、同門会会長

塩田 吉宣氏

「地域医療を担う」という想いが良好なチームワークにつながる

塩田病院の創設は1947年。漁業で賑わう勝浦に、塩田氏の祖父が平屋3棟の病院を開設したのが始まりだった。以来、同院は医療過疎であった地域の医療向上に努め、先代院長がいち早く365日24時間診療を開始するなど、急性期医療を中心に情熱を注ぎ、地域になくてはならない存在として歩んできた。現在は”断らない救急”を目指し、特別な心疾患を除き、全ての救急搬送を受け入れているという。

「この地域では、広く全般を診られる医療機関が多くありません。地域の医師たちが当院を信頼して送ってくれる患者さんを当院が受け入れなければ、どこが受けるのか、という想いがあります」と塩田氏。

そして、それを可能にしている理由の一つが、スタッフの高い意識だという。

「当院のスタッフ全員には、”自分たちがやらねば”という意識が自然に浸透しているのです。そのため連携も良く、検査の結果が出るのも非常に早く、非常勤で来た大学病院の医師が驚くこともあります。

医師同士にも”壁”がなく何でも相談し合え、病院全体に地域医療に対する、良い”輪”ができていると感じています。これを更に強くしていきたいですね」

勝浦市の温暖な機構と豊かな自然 画像

部原海岸 画像

勝浦市は温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、海の幸、マリンスポーツ、ゴルフ等も楽しめる。部原海岸はサーフィンのメッカとして知られ、世界大会が開かれる。東京までのアクセスも良く、住むにも暮らすにも良い街だ。

最前線の技術と数多くの症例が自身を磨くチャンスになる

同院では、大学病院の副院長クラスの医師が来院し、手術を行うこともしばしばあり、最前線の技術を目の当たりにする機会も少なくない。機材も積極的に導入・更新している。様々な症例にあたれ、自身を磨くチャンスもある。東京都心からのアクセスも1時間半程と思いのほか良く、学会や勉強会への参加もスムーズだ。常勤医師の離職率が低いということから、職場環境の良さがうかがえる。

「広く学びたい方、専門を極めたい方、若くてやる気のある方、ベテランで実力が身に付いている方、どんな医師でもフットワークの軽い方なら歓迎します」と塩田氏。

今後は地の利と風光明媚な地域特性を活かし、市や宿泊業者などと連携した医療ツーリズムの計画もあるという。

「地域医療の輪を広げその未来を創るため、力になってくれる方、力を磨きたい方に是非、来ていただきたいと思います」

DATA

正式名称 医療法人SHIODA 塩田病院
募集科目 内科系・外科系科目不問
給与 年収1,300万円〜2,400万円(税込)※業務内容に応じて優遇
業務内容 外来、病棟管理、各種検査
経験 不問※転科希望の方は経験は問いません
勤務日数 週4〜5日(条件により3日から可)
当直 なし
勤務時間 8:40〜17:00
休日 日曜、祝日、研究日週1日、夏季休暇、年末年始
待遇 社保完備、社宅提供有、交通費全額支給、学会参加費用補助
診療科目 外・内・神内・脳外・整外 その他17科目
病床数 311床
医師数 常勤20人、非常勤50人(2016年10月1日現在)
勤務地 千葉県勝浦市出水1221
交通 東京都心より車で約80分、東京駅より特急で約87分、JR外房線「勝浦駅」から徒歩7分
TEL:
0470-73-1221
HP:
http://www.shioda.or.jp/