医療法人社団哺育会 白岡中央総合病院

各診療科、およびコメディカルの
協力体制が確立
“医師が孤独にならない”働きやすい環境で
地域への貢献を

埼玉県白岡市内では、唯一の総合病院である白岡中央総合病院。同院では診療科ごとの垣根を低くし、チームワークを重視。医師の負担を軽減することで、地域において急性期から慢性期まで切れ目なく、より質の高い医療を提供している。

橋本 視法
院長
1983年/防衛医科大学校医学部卒業
1983年/防衛医科大学校病院
1985年/自衛隊中央病院
1992年/藤村病院
2004年/白岡中央総合病院
2014年より現職

橋本 視法氏

地域の基幹病院として、
シームレスな医療を提供

1978年の開院以来、急性期の医療を担う基幹病院として地域医療を支えてきた白岡中央総合病院。現在では急性期のみならず、回復期、慢性期、さらに在宅に至るまで、シームレスな医療を提供し、さらなる地域への貢献を図っている。

「白岡市は全国的には知名度が低いかもしれませんが、埼玉県の商業の中心である大宮から電車で15分ほどのベッドタウンとして、幅広い世代の方が居住しています。その白岡市にあって、当院は唯一の総合病院。急性期における多彩な症例を診療しておりますし、地域の医療ニーズに応える責任から、リハビリテーションや療養にも対応。現在では在宅医療も手がけており、医師の活躍の場は大きく広がっています」と語るのは同院の院長、橋本視法氏だ。

もともと同氏は整形外科が専門。同院には2004年に入職し、地域医療を臨床面から推進。2014年に院長に就任した。

「私が当院に入職した動機は、ここでは多くの症例に出会えると考えたことです。また私自身、手術をはじめとした臨床が何より好きというタイプなので、診療を通して多くの患者さんに関わることが出来、さらに手術後じっくりとお付き合いできる環境として、当院の規模、性格は好ましく感じました」と語る橋本氏。現在、整形外科部門は、地域でも有数の症例数と高度な治療が注目される存在となった。

「私の院長就任と前後して、当院は、さらに地域との深い関わりを求められるようになっています。医療技術や設備面の向上を図り、患者さんに信頼されることはもちろん、より身近で気軽にかかっていただける病院づくりも必要となっています」

アットホームな環境で
フォローしあう風土を確立

働く場としての白岡中央総合病院の特徴は、なによりアットホームな雰囲気にあると橋本氏は語る。そのアットホームさが、同院の診療面における高いクオリティにもつながっているという。

「病室や外来はもちろん、病院全体が地元の人々の生活の一部として、慣れ親しまれていますので、医師としても穏やかな心構えで診療に臨めます。診療科同士の垣根も極めて低く、また学閥などもまったくありませんので、何でも気軽に相談できる雰囲気ですし、“その分野が得意な人がいれば、その人の力を借りる”という意識も浸透しており、お互いフォローし合う風土が確立されています。実際、外科手術は、内科の手厚いバックアップのもと行うことができます。たとえば高齢者の整形外科の手術にあたって、その患者さんが心臓にも問題を抱えていた場合、術後のフォローを内科で引き継ぐということもスムーズに行われています。高齢者に多い合併症の問題も事前に対処できますので、安心して手術ができ、クオリティの高い医療を提供できる環境と言えます」

さらに看護師や各種技師、メディカルクラーク等スタッフとのコミュニケーションも良好で、医師の業務を強力にサポートしている。

「コメディカルはとてもフレンドリーで熱心。向上心もあり、医師をしっかりとフォローしてくれます。当院の人工関節置換術における感染率は極めて低い数値ですが、これは医師のみならず、看護師を含めて高い意識で取り組んでいる成果と言えるでしょう。とにかく、医師が“孤独”を感じることなく、日々の診療に取り組める職場であると思います」

院内保育等各種制度が充実
安心して実力の発揮を

同院では医師のワークライフバランスの支援に注力。埼玉県の『多様な働き方実践企業』にも登録しているなど、数々の具体的な取り組みを実施している。

「子育て世代を支援するため、24時間利用できる院内保育施設を設置。また子育てのみならず介護の問題を抱える医師に配慮し、男女ともに勤務時間に関しても柔軟に対応しています。さらに学会参加支援として有給休暇以外に年3日の特別休暇を支給。費用も一部補助しています」と語る橋本氏。同院は上尾中央医科グループに所属しており、そのグループ基盤を活かして、この他にも福利厚生面の充実が図られている。

「グループの中核病院である上尾中央総合病院とも連携して、医療ロボット等による先進医療に触れる機会もありますし、グループ内には各種施設もあり、慢性期医療や在宅医療に取り組む機会もあります。さまざまな志向を持った医師が活躍できる場が、ここにはあり、アットホームな環境の中、安心して実力を発揮していただけるでしょう。この白岡の地で、主体的に一緒に頑張ってもらえる医師と、患者さんに感謝される、やりがいのある仕事をしたいですね。『今日も楽しく仕事ができた』と思える環境を、ともにつくっていきましょう」

院長を中心とした各スタッフ合同のカンファレンスも実施

静かな環境を整えた透析室

ゆとりある外来スペース

1.5T MRI等、医療設備も充実

総合受付も明るく

DATA

  • 医療法人社団哺育会 白岡中央総合病院
正式名称 医療法人社団哺育会 白岡中央総合病院
募集科目 呼内・脳外・消外・乳外・形外・リハ・眼・健診
給与 年収1,000万円~2,000万円(税込)※時間外支給あり 専門医取得、スキル、経験により優遇
業務内容 外来対応(週3~4コマ)・病棟管理・手術/手術補助・各種検査対応等
経験 不問※専門医の方、優遇
勤務日数 週4.0~5.0日
当直 応相談可能
勤務時間 9:00~17:30 土曜日9:00~13:00 or 17:30
休日 日曜日、土曜日(午後)、祝日、年末年始休暇、有給休暇、産前・産後休暇、長期休暇等
待遇 社保完備、保育室、退職金、引越手当、家賃補助、診療費還付金制度あり(職員治療費については全て還付、また1親等までは月額3,000円以上超過分を還付)、軽井沢・山中湖・那須に保養所あり 学会参加支援制度
勤務地 埼玉県白岡市小久喜938番地12
交通 JR宇都宮線「白岡」駅から徒歩7分
TEL:
0480-93-0661
HP:
http://www.scghp.jp/