埼玉県総合リハビリテーションセンター

リハビリテーションという強みを活かし、
社会復帰を見据えた医療を患者と共に。

埼玉県総合リハビリテーションセンターの医療部門であるリハビリテーション病院では、医師が長い期間にわたり患者に向き合い、患者の社会復帰に至るまで支えているという。そこには、本来医師が目指すべき、患者の立場からの医療がある。

丸山 徹
センター長
1983年 東京大学医学部卒業
1983年 東京大学医学部附属病院
1994年 米国ロマリンダ大学病院
1996年 国立国際医療センター
1998年 東京大学医学部附属病院
2007年 埼玉医科大学総合医療センター
2015年 埼玉県総合リハビリテーションセンター 副センター長
2016年 現職
○専門
整形外科:日本脊椎脊髄病学会(指導医)、日本整形外科学会(専門医)

丸山 徹氏

市川 忠
副センター長
1986年 東京医科歯科大学医学部卒業
1986年 東京医科歯科大学医学部附属病院
1988年 綾瀬民衆病院
1989年 関東逓信病院
1990年 埼玉県総合リハビリテーションセンター
2016年 現職
○専門
神経内科:日本神経学会(指導医)、日本認知症学会(指導医)

市川 忠氏

「手術をしたら終り」ではない。
患者の社会復帰にまで関わる喜び

埼玉県総合リハビリテーションセンターは、約4万㎡の敷地内に医療部門、社会復帰・訓練支援部門、健康増進部門、相談・判定部門、障害者福祉関連部門、高次脳機能障害者支援センター等の施設を有する、埼玉県におけるリハビリテーションの中核施設だ。障害を持つ方、疾患や事故等で身体機能を損なった方に対して、相談・判定から医療、職能訓練、社会復帰までの総合的なリハビリテーションを提供すると共に、リハビリテーションの技術向上を図るための研究・研修事業を実施し、障害者の福祉向上を目指している。

同センターの医療部門であるリハビリテーション病院は病床数120、11の診療科を持ち、診察・治療や手術等を担当。特に、脊椎・脊髄損傷や股・膝関節疾患、関節リウマチ、スポーツ障害等における手術を得意とする整形外科、パーキンソン病等の神経難病に対するニューロモデュレーション治療等を推進する神経内科、脳神経外科が大きな柱となっている。

センター長であり整形外科医の丸山氏は「当院では、一般の患者さんだけではなく障害を持つ方特有の病態の診療を行うことが特徴です。また、急性期病院とは異なり、医師は“手術をしたら終り”ではなく、患者さんの在宅復帰、日常生活の自立まで支援し、診続けることができます。私は2015年に当院に入職しましたが、脊髄損傷で手術をした患者さんの失われた上肢・下肢の機能が改善していくところを1週間・1ヶ月という単位で目の当たりにし、何よりの喜びと楽しさを感じました。長い期間にわたり診続けて、初めてわかることもあるのです」と語る。

同院ではリハビリテーションセンターという強みを最大限に活かし、例えば整形外科では術後の早い時期に専門的訓練を開始し、医師もリハビリテーションチームの一員として患者をサポートすることができるのだ。

「医師ならば“患者さんと一緒に、患者さんの立場になって、患者さんの生活をより良いものにする”のが理想であり目標です。それが実現できるのが当院なのです」

先駆者としての誇りと実績。
ニューロモデュレーション治療を推進

同院において県内で先駆けてニューロモデュレーション治療を牽引してきたのは、神経内科医で副センター長の市川氏だ。同院にはパーキンソン病等の神経難病の他、頸椎・脊椎損傷の患者も多く、社会復帰を目指しリハビリを行うものの、痙縮が酷いケースも少なくない。市川氏は、ニューロモデュレーション治療で痙縮を和らげることで、これまでよりも楽に日常生活を送ってもらえるようになるのではないかと考え、導入に踏み切ったという。

「神経内科は“診断はするが治療はしない科”といわれていました。しかし、学会等で脳神経外科の医師たちと交流を持つうちに、神経に電気刺激等を加えることで、病気の治療ができるということがわかったのです。そこで約20年前、日本でのITB(随空内バクロフェン療法)の治験が終わったと同時に、いち早く当院に導入しました」

現在では2016年に新設された脳神経外科と共に、DBS(脳深部刺激療法)、SCS(脊髄刺激療法)を行い、毎月2、3件の埋め込み手術を行っており、ニューロモデュレーション治療において県内でトップクラスの実績を誇っている。

「神経内科と脳神経外科が近しい関係で、常に患者さんの情報を交換できること、院内でリハビリまで行え、多職種で患者さんをサポートできることが私たちの強みです。在宅復帰後の日常生活の自立までを見据え、術後のリハビリを提供する病院は関東でも希少だと思います。ニューロモデュレーションとリハビリを組み合わせ、更にその先へ、という夢をもっています」と市川氏。将来的にはiPS細胞を用いたパーキンソン病の治療等も視野に入れているという。

学べる・続けられる職場環境。
求めるのは「やる気」のある医師

医師が前向きに仕事に邁進できる環境があるのも、同院の魅力の一つだ。CTやMRI等の機材の充実はもちろんのこと、人対人の働きやすさがある、と丸山氏はいう。

「規模が大きくないためスタッフも含めた全員の顔がわかり、お互いに助け合い、内部のチームワークが良い病院です。検査技師等のスタッフも非常に熱心に医師の要望に応えてくれるため、“検査で1ヶ月待ち”などということはほとんどありません。そのおかげで、医師は一人ひとりの患者さんに対して細やかな対応ができます」

また市川氏は「公立であるため、収益第一主義ではないのが良いですね。働く人が消耗する環境ではなく、継続しやすい職場です。育児休暇や年間の休暇もきちんと取れます」と続ける。

この度、同院では欠員が発生した整形外科とリハビリテーション科で、医師を募集することとなった。どのような人材を望むのか、丸山氏が語った。

「リハビリテーション科は義手・義足のフィッティングができる方、整形外科は私が担当する脊椎手術のフォローをしていただける方、そして両科ともに専門医であれば望ましいのですが、当院で学び専門医を取得したいという医師も歓迎します。常勤の指導医も多数在籍するため、若い医師が学ぶ環境は整っています。経験よりも、まずは“やる気がある”こと、それを一番大切にしたいと思います」

正面玄関ロビー

DATA

  • 埼玉県総合リハビリテーションセンター
正式名称 埼玉県総合リハビリテーションセンター
募集科目 整形、リハ科
給与 年収1,200万円〜1,600万円(税込)
業務内容 整形/入院・外来患者の診察、手術等
経験 不問
勤務日数 週5日
当直 あり
勤務時間 月曜〜金曜 8:30〜17:15 
休日 土曜日、日曜日、祝日、有給休暇、夏期・年末年始休暇
待遇 社会保険、宿日直手当、通勤手当、扶養手当、住居手当(借家のみ)等、職員住宅あり(単身者のみ)
勤務地 埼玉県上尾市西貝塚148-1
交通 JR・東武野田線・埼玉新都市交通「大宮駅」からバスで約30分、JR高崎線「上尾駅」からバスで約25分、JR川越線「指扇駅」バスで約10分
診療科目 整形外科、リハビリテーション科、神経内科、脳神経外科、神経・精神科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科、麻酔科、循環器内科
医療部門(リハビリテーション病院)病床数 120床
医師数 常勤14人、非常勤8人(2017年1月31日現在)
日本リハビリテーション医学会研修施設、日本整形外科学会専門医研修施設、日本障害者歯科学会臨床教育施設
TEL:
048-781-2213
HP:
http://www.pref.saitama.lg.jp/rihasen/