• 常勤

JOB322316

神経内科

勤務地

勤務地 東京都台東区
交通 JR各線
通勤交通費 全額支給

詳しく見る

業務内容

募集科目 神経内科
役職 応相談
業務内容
病院外来
  • 担当業務
    専門外来業務
  • 専門外来
    担当コマ数:3コマ/週~4コマ/週 、 想定外来患者数:20名/コマ 、 患者層、主な疾患など:脳卒中急性期診療には力を入れておりますが、神経難病ではパーキンソン病、認知症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症といった神経変性疾患や、多発性硬化症等の脱髄疾患、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群等の神経免疫疾患の診断・治療にも力を入れております。認知症診療では2015年9月に認知症疾患医療センターの指定も受けました。頭痛の専門医療機関としても診療を行っております。てんかんや神経感染症の診療も行っております。慶應大学神経内科、脳神経外科の応援のもとに特殊疾患や難治疾患の診療も受けております。 、 外来診療体制:1診体制~2診体制
病棟管理
  • 受け持ち患者数
    30名
  • 担当病棟
    一般病棟
  • 受け持ち制
    病棟担当制
  • 外来呼び出し
    なし
  • 患者層、主な疾患、医療区分など
    脳卒中急性期診療には力を入れておりますが、神経難病ではパーキンソン病、認知症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症といった神経変性疾患や、多発性硬化症等の脱髄疾患、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群等の神経免疫疾患の診断・治療にも力を入れております。認知症診療では2015年9月に認知症疾患医療センターの指定も受けました。頭痛の専門医療機関としても診療を行っております。てんかんや神経感染症の診療も行っております。慶應大学神経内科、脳神経外科の応援のもとに特殊疾患や難治疾患の診療も受けております。
当直業務
  • 必須/相談可
    必須
  • 業務内容
    救急当直
  • 当直担当回数
    2回/月
  • 当直医師体制
    2名
  • 当直医師体制科目別内訳
    2診(内科・外科)
  • 一晩当たり救急受入件数
    ウォークイン:約20名 、 救急車:約5台
各種治療
求める経験スキル 総合病院の一員として、責任感を持って職務に当たって頂ける方。自主的に動き、学んでいただける方を希望します。卒後6年目以上(後期研修修了者)、神経内科専門医の方優遇。
歓迎される科目経験 神経内科 、 婦人科
取得できる資格 神経学的内科専門医研修を通して新内科専門医を取得後、日本神経学会専門医、日本認知症学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本頭痛学会専門医等を取得することが可能となります。
募集背景 ※非公開登録後にご案内させていただきます
医師体制 ※非公開登録後にご案内させていただきます

科目別特記事項

詳しく見る

勤務条件

週勤務日数 週4.5日 / 週5.0日 勤務
勤務時間 8:30~17:00 休憩:60分 /実働: 7時間 30分
早番
なし
遅番
なし
当直 あり
オンコール対応
あり
  • オンコール頻度:2回/週~3回/週

詳しく見る

給与・諸手当

給与 年収1,300万円~1,700万円
卒年別給与例 10年目:1,300万円~
※※卒後15年で諸手当含み1300万円程度
昇給 ※非公開登録後にご案内させていただきます
賞与 ※非公開登録後にご案内させていただきます
退職金並びに支給条件 ※非公開登録後にご案内させていただきます
住宅手当 あり
転居費用 相談可
学会参加 出張扱い
学会参加費用補助 あり

詳しく見る

福利厚生

保険 健康保険、厚生年金、労災保険
休日 日曜日 、 祝祭日 、 土曜日(午後)
研究日 あり
年間休日 125日
有給休暇 初年度10日 ※入職より6か月後から発生
休暇 年末年始
託児所 あり ※2012年夏~ 生後6ヶ月~3,4歳まで。病児保育はなし。
定年 詳細はお問い合わせください

詳しく見る

施設情報

施設種別 一般病院
病床数 400~499床
救急指定 2次救急
学会認定状況 詳細はお問い合わせください
施設認定状況
診療科目
医師数
院長(管理者)の卒年・出身大学・専門科目
平均外来患者数
救急車受入件数
救急患者転送先
保有医療設備
電子カルテ
オーダリングシステム
関連大学・医局派遣状況
関連施設
手術・診療実績

お電話でお問い合わせ

0120–953-616

受付時間平日9:30~21:00