弘前大学医学部附属病院の情報詳細

病院・クリニックの診療科目や外来患者数、施設基準といった詳細情報を掲載しています。ご興味のある施設がありましたらキャリアアドバイザーにご相談ください。

施設概要

施設名称 弘前大学医学部附属病院
施設種別 病院(500床以上)
住所 青森県弘前市本町53

施設詳細

診療科目 一般内科・総合内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、血液内科・腫瘍内科、神経内科、内分泌内科・糖尿病内科・代謝内科、腎臓内科、一般外科、消化器外科・肛門外科・肝胆膵外科、心臓血管外科、呼吸器外科・胸部外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、乳腺外科・内分泌外科・甲状腺外科、泌尿器科、婦人科・産婦人科、リハビリテーション科、小児科・新生児科・小児外科、精神科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、放射線科、麻酔科、救命救急、総合診療科、病理科・病理診断科・臨床検査科、その他
主な専門診療 漢方外来、ペインクリニック、糖尿病外来、乳腺外来、ペースメーカー外来、もの忘れ外来、ストーマ外来、膠原病・炎症性腸疾患、血液、肝・胆・膵、上部消化管(ピロリ菌)、心療内科、消化管、心臓、腎臓、高血圧、喘息、不整脈、呼吸器、植込型除細動器、内分泌、糖尿病、膵・胆、パーキンソン病、免疫疾患、リエゾン、発達、児童・思春期、てんかん、緩和ケア、神経、腎臓、アレルギー、血液、造血幹細胞移植、心臓、内分泌代謝、一ケ月健診、乳児、呼吸器、心臓、血管、下部消化管、乳腺・甲状腺、肝移植、肝移植ドナー、女性外科、脊椎、関節外科、リウマチ、側弯症、関節外、スポーツ、手外科、先天性股関節脱臼、腫瘍、水疱症、角化症、遺伝外来、レーザー、光線、前立腺外来、腎移植、斜視屈折、緑内障、ぶどう膜、血管、角膜、網膜、眼科リハビリ、頭頸部、神経耳科、難聴、中耳、アレルギー、補聴器、人工内耳、鼻内視鏡、睡眠時無呼吸、放射線治療、前立腺小線源治療、頭頸部IVR・CT下生検、肝、体幹部IVR、血管IVR、産科、不妊、健康維持外来(更年期障害、骨粗しょう症)、助産師外来、妊婦健診、不育、育児外来、内視鏡、産褥健診、術前コンサルト、デイサージャリー、口腔腫瘍、顎骨嚢胞、顎関節症、顎変形症
専門医認定 放射線治療
病床数 一般病床数:597床
外来患者数 平均外来患者数1481.9人(H.27.4~H.28.3月)
手術件数 頭蓋内腫瘤摘出術等96件、黄斑下手術等300件、鼓室形成手術等68件、肺悪性腫瘍手術等110件、経皮的カテーテル心筋焼灼術410件、靱帯断裂形成手術等106件、水頭症手術等60件、鼻副鼻腔悪性腫瘍手術等5件、尿道形成手術等130件、角膜移植術9件、肝切除術等93件、子宮附属器悪性腫瘍手術等49件、上顎骨形成術等12件、上顎骨悪性腫瘍手術等29件、バセドウ甲状腺全摘(亜全摘)術(両葉)6件、母指化手術等17件、食道切除再建術等17件、同種死体腎移植術等18件、胸鏡腔・腹腔鏡下手術311件、人工関節置換術54件、乳児外科対象手術9件、ペースメーカー移植術・交換術(電池交換含) 85件、冠動脈・大動脈バイパス移植術・体外循環を要する手術191件、経皮的冠動脈形成術等559件(H.27.1~12月)
施設基準 脳血管疾患等リハビリ有、運動器リハビリ有、集団リハビリ、地域周産期母子医療センター、エイズ拠点、災害拠点病院、臨床研修指定、地域がん診療連携拠点病院、DPC対象病院、その他施設基準認定:(特定機能)周産期母子医療センター、高度救命救急センター、臓器移植提供施設
医療機器 内視鏡、腹腔鏡、関節鏡、胸腔鏡、内視鏡下手術、腹腔鏡下手術、関節鏡下手術、胸腔鏡下手術、血管連続撮影装置、全身用X線CT、高速らせんCT(ヘリカルスキャンCT)、3D-CT、シングルフォトンエミッションCT(SPECT)、PET(ポジトロンCT)、NMR-CT(MRI)、PET/CT、骨塩量測定装置、RI診断装置、ガンマカメラ、乳房撮影装置(マンモグラフィー)、超音波診断装置、3Dエコー、カラードップラー、X線テレビ装置、デジタルラジオグラフィー、自動血液ガス分析装置、自動血球計数装置、自動生化学分析装置、ホルター心電計、呼吸機能検査、トレッドミル、眼底カメラ、人工呼吸器、除細動器、レーザー結石破砕装置、高圧酸素療法(治療)装置、人工心肺、リニアック、IABP駆動装置、PTCA(経皮的冠動脈形成術)、人工腎臓(透析)装置、CAPD(連続携行式腹膜透析)、マイクロサージャリー装置、運動負荷装置、ダ・ヴィンチ(遠隔操作型内視鏡下手術システム)、ホルター記録器、3次元イメージングガイド不整脈治療システム
医療サービス・設備 作業療法、理学療法、言語聴覚療法、ADL訓練、検査室、病理、ICU、NICU、LDR、放射線治療室、医療相談、受託検診、電子カルテ導入済み、総合患者支援センター

プレミアム非公開求人はこちら